大人気モバイルプロジェクターANKERの「Nebula CapsuleⅡ」9つの魅力!!これがあればキャンプなどのアウトドアでもおうちでも楽しめる!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

壁やスクリーンに映像を投影することができるプロジェクターがあれば、自宅がプライベートシアターに大変身!

男性なら、小さい頃方憧れを抱いていた人も多いハズ。

オシャレなカフェやバー、インテリア雑誌などでもよく目にしますよね。

大画面でゲームを楽しむことはもちろん、ビジネスでも便利で、プレゼンなどに活用している人もいると思います。

しかし、プロジェクターって結構かさばるサイズ感で重量もそこそこあり、持ち運びにはあまり向いていませんよね。

キャンプやアウトドアに持ち出そうとしても、そう簡単にはできませんでした。

なにしろ、電源をどこから取ったら良いのかという問題もあります。

しかし、その問題を解決してくれるプロジェクターがあるんです。

それは、小型で軽量、しかもバッテリー搭載のモバイルプロジェクターです。

数年前からモバイルプロジェクターはあったのですが、ここ最近ANKERからが登場した機種は、キャンパーさんを始めいろいろな方に人気を集めています。

その、最近話題のANKERのモバイルプロジェクターが、「Nebula CapsuleⅡ」なんです。

今回は、ANKERのモバイルプロジェクター「Nebula CapsuleⅡ」の9つの魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

モバイルプロジェクターとは

モバイルプロジェクター

出典:楽天

そもそもモバイルプロジェクターとは何?って思いますよね。

モバイルプロジェクターとは、持ち運びしやすいいコンパクトサイズで、軽量のプロジェクターのことを言います。

バッテリー駆動するモデルが登場してからは、外出先でも使いやすくなり、キャンプやアウトドアでの屋外上映会も気軽に楽しめるようになりました。

他にもiPhoneなどのスマートフォンと接続可能な機種もあったり、androidOSを搭載して動画アプリを楽しめるようなものもあるんです。

この使いまわしの良さや、従来のプロジェクターにも負けない性能の良さで、モバイルプロジェクターは人気を集め、家電として急成長をとげているんです。

ANKER Nebula CapsuleⅡとは

缶と並べて比較

出典:楽天

Nebula CapsuleⅡは、ANKERより販売されているモバイルプロジェクターです。

サイズは、高さ150㎜直径80㎜、500ml缶より小さなコンパクトサイズなんです。

そして重さは約740gと、1kgに満たなく凄く軽量です。

MONOQLO編集部がテストした約5,000製品の中で「最も感動した完璧プロジェクター」としてMONOQLOベストバイオブザイヤー2019を受賞したことでも話題を集めました。

ANKER Nebula CapsuleⅡのここがスゴイ!9つの魅力

①前機種の2倍の明るさ

据え置きタイプの一般的なプロジェクターは2,000ルーメン以上の明るさのものが多くある中、モバイルプロジェクターはどうしても暗くなってしまう傾向にあります。

明るすぎるとバッテリーの消費が早くなってしまうからです。

しかし暗い部屋で投影するのであれば100ルーメンあれば大丈夫であろうと言われています。

「Nebula CapsuleⅡ」、「Ⅱ」と名前についている通り、前機種が存在します。

前機種であるNebula Capsuleの明るさは、100ANSIルーメン。

今回紹介するNebula CapsuleⅡの明るさは200ANSIルーメンあり、前機種の2倍に進化しています。(ルーメンは明るさの単位、ANSIルーメンとは明るさの平均を出したものになります。)

投影場所が暗い場所であれば200ルーメンもあれば十分で、バッテリーの持ちについても問題なく使えると思います。

②より鮮明な画質

画質

出典:楽天

モバイルプロジェクターの画素数は640×480、854×480などのSD画質が多い中、このNebula CapsuleⅡは1280x720画素のHD画質。

前機種であるNebula Capsuleの1.5倍の解像度となります。

アスペクト比は16:9で映画やテレビを鑑賞するにもちょうどよく、映像もぼんやりせずにくっきりとみることができます。

このHD画質になったことも魅力の1つなんです。

MONOQLOレビューによると、検証を担当した編集部員も毎晩天井に投影して愛用中とのことです。

③androidTV9.0対応

アンドロイド

出典:楽天

androidTVとはGoogleが提供しているテレビ向けのプラットフォームです。

スマホやタブレットで使用しているandroidOSをテレビでも使えるようにしたもので、Google検索、音声検索が可能です。

テレビ向けのデジタルコンテンツを自分専用に並び替えたりなど管理したり、アプリも充実しています。

Nebula CapsuleⅡはシリーズ初、世界初のandroidTV9.0対応機種です。

GooglePlayストアが使えるため、NetflixやYouTube、Amazonprimevideoなどの自分好みのアプリケーションをダウンロードしカスタマイズしていくこともできます。

④豊富な接続方法

HDMI、USB他、Wi-Fi、Bluetoothでのワイヤレス接続にも対応しています。

⑤Chromecastに対応

Nebula CapsuleⅡはメディアストリミング用デバイスChromecastに対応しています。

ワイヤレス接続でandroidやiOS機器、MacやWindowsの端末からお気に入りのアプリケーションをキャストしましょう。

⑥長時間再生と短い充電時間

充電

出典:楽天

動画再生時間はローカルコンテンツ再生時に約3時間、Wi-Fi利用時は約2.5時間。

一般的な映画なら、十分楽しめる再生時間だと思います。

それでもやや物足りなさや不安を感じるようであれば、モバイルバッテリーを使用しての充電も可能なので、一緒に準備しておくと良いかも知れません。

また、音楽であれば約10時間の連続再生が可能です。

同梱のPowerDelivery対応USB充電器を利用することで、充電時間は約2.5時間で完了となります。

⑦全方向性のスピーカー内蔵

スピーカー

出典:楽天

Nebula CapsuleⅡは、全方向性のスピーカーを内蔵しています。

Scan-Speak社のドライバー搭載で8Wの出力なので、スピーカーとしても十分な性能があります。

据え置きのプロジェクターでは、内蔵スピーカーの質があまり良くないものが多数存在します。

僕も家では、据え置きの機種を使っているのですが、スピーカーはBluetoothでJBL CHARGE3に接続しています。

本体に内蔵されているスピーカーが、そのまま使えるというのは、僕にとっては最大の魅力の1つなんです。

⑧独自のオートフォーカス機能

オートフォーカス

出典:楽天

Nebula CapsuleⅡには、プロジェクターの位置を変えると壁との距離を検知しフォーカスしなおすという独自のオートフォーカス機能があります。

投影位置をずらしたり、変更しやすいモバイルプロジェクターであるからこそ、細かい微調整が必要なフォーカスを自動で行ってくれるこの機能はとても便利です。

そもそも、プロジェクターの位置を少しでも変更すると、フォーカスを調整する必要があります。

このオートフォーカスを知った時には、メチャクチャ感動しました。

こんな機能があるモバイルプロジェクターがあると知ってしまうと、オートフォーカスがない機種は選択肢から省きたくなるほど魅力的な機能だと思います。

⑨モバイルプロジェクターなら天井に投影して寝ながら楽しめる!

ANKERのNebula CapsuleⅡのメリットや口コミについて調べると多くみられるのが、天井に投影して寝ながら楽しめるということです。

正規の使い方では無いと思いますが、寝ながら使っているという口コミを読むと、これも魅力の1つだと思います。

付属の緩衝箱を上下にはめ込み、本体を横にすると天井投影にも対応することができるようです。

本体そのままだと、円筒型をしているので、寝かせて使うと安定性があまりよくないようなんです。

それでも、工夫しだいで天井に投影できるのは魅力的ですよね。

三脚にも対応しているので、もっといろいろな場所で安定して設置したい場合には購入を検討してみても良いと思います。

Nebula CapsuleⅡはどんな人におすすめ?

映画などの映像配信コンテンツを楽しみたいのであれば、Nebula CapsuleⅡはかなりおすすめです。

アプリをダウンロードして契約すれば、見たいときに見たい作品をプロジェクターで楽しむことができるからです。

テレビをなくしてプロジェクターで過ごしたい人にもおすすめです。

部屋を暗くしてみる場合はNebula CapsuleⅡで問題ありません。

寝室で寝ころびながら見れることを最大のメリットとする口コミも多くみられました。

ただし、リビングのシーリングライトの下や日中ではプロジェクターの明るさが足りないので、注意してください。

僕的には、キャンプなどのアウトドアでの使用や車の中などの使用がおすすめです。

小型で軽量でバッテリー内蔵で持ちもよく、スピーカー代わりにもなります。

なにしろ、電源をどこから取るのか気にしなくてい良いのが良いですよね。

Anker Nebula Capsule II ANKER公式動画

まとめ

500ml缶より小さなサイズ、重さはわずか約740gとコンパクトで持ち運びしやすいモバイルプロジェクターANKERの「Nebula CapsuleⅡ」。

暗所であれば十分な明るさと画質の良さ、そしてバッテリーの持ちも優秀です。

Wi-Fi使用時の動画であれば約2.5時間、音楽であれば10時間も連続再生が可能なので、キャンプやアウトドアでも活躍できること間違いなし。

HDMIやUSBだけでなく、BluetoothやWi-Fiなどのワイヤレス接続にも対応しており、モバイルプロジェクターに欲しい機能はほとんどクリアしています。

そしてNebula CapsuleⅡの最大の特徴は、シリーズ、そして世界初のandroidTV対応機種であるということです。

GooglePlayストアが使えるので、自分好みのアプリケーションでどんどんカスタマイズしながら使用できるのは嬉しいですよね。

映像コンテンツを楽しみたい場合には、ANKERのNebula CapsuleⅡはとてもおすすめのモバイルプロジェクターです。

その他、プロジェクター関連に記事はこちら。

この機種は現在、販売会社があるのか不明になっているようです。

Amazonではまだ販売されているので、注意が必要です。

ANKERのその他の商品はこちら。


人気ブログランキング

アイキャッチ画像  出典:楽天

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-TECH
-, ,

Copyright© sunset glow , 2020 AllRights Reserved.