Anker(アンカー)のPowerPort 6 Liteでパソコン周りをスッキリしたい!~6ポートある急速充電器は使える~

投稿日:

Pocket

最近、物が増えてきてパソコン周りがとても汚いんです。

普段使っているディスクトップパソコンの横には、MacBook、iPad mini2、fireHDタブレット、PSVITA、PS4のコントローラー、アンカーのモバイルバッテリーが常時置いてあります。

そして、たまにiPhoneやミラーレス一眼、デジタルビデオカメラ、アンカーのスピーカーの充電などをするんです。

そこに置いてある電源の差込口は3つしかないので、抜き差しが大変なんです。

何より、コードが邪魔でデスクの上が汚ならしく見えちゃうんです。

そして、考えたのは2通り。

電源タップを増設するか、ポートが多い充電器を買うか・・・。

電源タップを置けば、コンセントが使えて使い勝手が良いのですが、大きいので場所を取ってしまいます。

コードもスッキリするとは思えないんです。

ポートが多い充電器なら、コンパクトで良さそうなんです。

そこで購入したのがモバイルバッテリーで有名なAnker(アンカー)です。

Ankerの『PowerPort 6 Lite』を買ってみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Anker PowerPort 6 Lite

僕がコンセント周りをキレイにしたいと思ったのはこの写真を見たからです。

出典:Amazon

この写真は、もともとはタブレットスタンドのページの物なんですが、充電にUSBの挿し口が5ポートあって凄く綺麗じゃないですか?

スタンドも良いですが、ケーブルがスッキリしていて良いんです。

そう、目指すはこんなに片付いたデスクなんです。

そこで選んだのが、Anker(アンカー)の『PowerPort 6 Lite』です。

アンカーの『PowerPort 6 Lite』は、USBの差込口が6ポートついた急速充電器です。

最近では、電化製品に付属してくるコードがUSBになっている事が多いですよね。

それを付属のアダプターに付けてコンセントに繋ぐというのが多いと思います。

このUSBをアンカーの『PowerPort 6 Lite』につなげば、いちいちコンセントからコードを抜き差ししなくて済むし、コンパクトに1ヶ所にまとまるからスッキリするんです。

アンカーの『PowerPort 6』 は普通の物とliteの2つがあります。

普通のアンカーの『PowerPort 6 』は60wでliteが30wになっています。

開封レビュー

PowerPort 1

外箱は気にする人はいないと思いますが、アンカーの他の製品と同じく白と水色を使ったシンプルな物になっています。

付属の電源コードには、まとめるようにマジックテープが付いているのが良いですよね。

ちなみに電源コードの長さが150cmあります。

パソコンデスクの一番奥にコンセントがある僕には少し長すぎちゃいました。

フルスピード充電

IMG_7828

アンカーの独自技術である『powerIQ』と『voltageBoos』の組み合わせによって、3つのポートでフルスピード充電ができます。(1ポート毎に2.4A)

聞き慣れない言葉ですが『voltageBoos』って、ケーブルの抵抗を感知して出力電圧を自動で調節してくれる機能です。

6つあるポートのうち、上の3つでフルスピード充電ができます。

本体にはポートが分かるように枠で括られています。

残りの3つのポートはpowerIQに非対応になっていて、急速充電はできないようです。

それでも急速充電が必要なものとそうでないものと使い分けすれば大丈夫です。

ダブレット系は寝る前に充電しておけば良いし、あまり困るようなことはありません。

6台同時充電

PowerPort 2

出典:Amazon

そして6台同時に充電できるのも嬉しいですよね。

6台同時に充電しなければいけないという場面が常にあるか分かりませんが、いざという時に安心できます。

しかしアマゾンのレビューを見てみると、だんだんと使用できるポート数が減ってくるというものも見受けられます。

ちょっと怖いですよね。

僕は、今現在4つのポートを使用していますが充電できています(ちょっと安心)

そして『PowerPort 6 Lite』本体は、全く熱を持っていないように感じます。

これが熱くなると心配ですが、今は大丈夫そうです。

PowerPort 6 Liteを設置してみたら・・・

PowerPort3

見てください、このありさまを・・・。

『PowerPort 6 Lite』を設置すれば、スッキリするとばかり思っていました。

いや、それでも以前よりスッキリしたんですよ・・・これでも・・・。

やっぱり、コードが邪魔なんです。

長すぎるコードがグシャグシャしちゃって見苦しいんです。

はじめに憧れた写真では、電子機器と充電器の間のコードが短いんです。

コードの長さを短くして、色も揃えたらもう少しキレイになるような気がします。

次はタブレットスタンドとコードを買えば・・・お金がかかる~。

まとめ

みなさんが、アンカーの『PowerPort 6 Lite』を購入する目的とはもしかして違うかもしれません。

僕は、パソコンの近くに置かれた電源タップの周りをキレイにスッキリさせたかったんです。

だってコードがあるだけで、散らかっているように見えて汚いし、実際にホコリも溜まっちゃうんです。

確かに予想以上にスッキリしました。

でも繋げたコードが長いと、やっぱり汚らしく見えちゃいます。

アンカーの『PowerPort 6 Lite』自体は全く問題なく、良い買い物をしました。

『powerIQ』と『voltageBoos』の組み合わせによる3つのポートのフルスピード充電は、発熱もなくかなり使えます。

アンカー製品は初期不良に当たってしまう場合もあるようです。

でもそれ以外は、かなり評価も良いし値段も安いのでおススメです。


人気ブログランキング

アイキャッチ画像 出典:Amazon

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-Related goods, TECH
-

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.