比較

SONYのBluetoothスピーカー「SRS-XB22」と今ならコスパ抜群のJBL「FLIP4」を比較!~「FLIP5」がなかなか発売されなから安い方で聴き比べ?!~

投稿日:

Pocket

1万円前後で購入出来るSONYのアクティブスピーカー「SRS-XB22」と、ライバル機種になるであろうJBLの「FLIP5」を比較しようと思っていましたが、なかなか「FLIP5」が発売になりません。

何だかんだしているうちに、「FLIP4」の値段はジリジリと下がって、お求めやすくなっています。

なかなかJBLから新機種が発売されない今となっては、少し安い「FLIP4」か、今年発売されたばかりの「SRS-XB22」か迷う方もいらっしゃると思います。

「FLIP5」が発売されたら、当初価格は1万円を超えるハズです。

それだと、ちょっと高いような気がしますよね。

そうなると、狙いどころはやっぱり格安の「FLIP4」だと思います。

新しいSONYの「SRS-XB22」か、お得感があるJBLの「FLIP4」か・・・。

そんな悩める方の参考になればと、今更感はありますが、SONYの「SRS-XB22」とJBLの「FLIP4」を比較したいと思います。

言葉で伝わらない所は、動画を作成したので参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SONY SRS-XB22とJBLのFLIP4を比較

サイズ

サイズ

購入する前までは、どちらの機種もほとんど同じサイズだと、勝手に思っていました。

しかし、この2機種を並べて置いてみると、ややSONYのSRS-XB22の方が幅が広くなっています。

カタログスペックでは、SRS-XB22のサイズが、約201×68×72(h)mmとなっています。

一方FLIP4は、約175×68×70(h)mmです。

幅が2.5cm、高さが約2mmほどSRS-XB22の方が大きくなっています。

幅は、カタログ通りに少し大きさに差が出でいますが、高さは実際には2mm以上の差があるように見えます。

それは多分、SRS-XB22の底面には脚が4本付いているからだと思います。

その他は、ほとんど同じようなサイズ感に感じます。

例えば、どちらか1つを持っているのなら、サイズの差はあまり感じないと思います。

重量では、SRS-XB22が約540g、FLIP4が515gとなっているので、ほぼ同じくらいとなっています。

サイズ感で比較すると、SONYのSRS-XB22の方が少し大きいですが、差はあまり感じないと思います。

使用ユニット

フルレンジスピーカーユニット2基

出典:SONY

SRS-XB22は、φ約42mmのフルレルジスピーカーユニットを2基搭載しています。

これにより高い音圧と力強い低音を実現しているようです。

そしてフルレルジスピーカーユニットが収められた前面グリルが、従来の機種より約12%開口率がアップしています。

より音の広がりや臨場感を得られるようになっています。

FLIP4では、φ40mmのフルレルジドライバーを2基搭載しています。

SRS-XB22よりは少し小さいですが、それでも音の広がりや臨場感を感じるのができると思います。

パッシブラジエーター

パッシブラジエーター

どちらの機種も、迫力のある低音を実現する為に、パッシブラジエーターを搭載しています。

SRS-XB22では、前面と背面の2カ所に配置してあります。

視覚的には、スピーカーユニットもパッシブラジエーターも見る事が出来ません。

FLIP4では、本体左右にあるパッシブラジエーターが、低音と共に振動するので、見ているだけで楽しくなります。

効果的に視覚に訴えているFLIP4の方が、使っていて楽しく感じるかも知れません。

バッテリー

充電

アクティブスピーカーにとって、バッテリーの持続時間って大切ですよね。

家では、充電しながら使えても、屋外に持ち出したら、それも難しい時があります。

例えばキャンプにBluetoothスピーカーを持って行くなら、その間ずっとバッテリーが持続して欲しいですよね。

それで考えると、どちらの機種も最長で12時間再生出来ると書かれています。

しかし、ここに少しワナがあるんです。

FLIP4は、約3.5時間の充電で約12時間以上のワイヤレス再生ができるようになっています。

音量や再生内容によって、多少の長短はあるかも知れませんが、だいたい12時間だと思って良いと思います。

しかし、SRS-XB22では、スタンダードモードの時に最長で約12時間と書かれています。

この「Standard」モードというのが引っ掛けでなんです。

SRS-XB22には、「Standard」モード、「EXTRA BASS」モード、「Live」モードの3つのモードを切り替えて使うことができます。

工場出荷時には、「EXTRA BASS」モードに設定されています。

本体の操作で、「Live」モードとはボタン1つで切り替え出来ますが、「Standard」モードへの切り替えは、ボタン2つを同時押しする必要があるんです。

それだけで考えると、基本的にこの機種は「EXTRA BASS」モードをウリにしていると思うんです。

「EXTRA BASS」モードなら、重低音の迫力が楽しめるので、重低音を抑えてしまう「Standard」モードでは音が軽く聴こえてあまり使うことが無いと思うんです(重低音が苦手な人はスタンダードモードを主に使うかもしれませんが・・・)

そうなると、メインで使う「EXTRA BASS」モードでは、最長12時間という訳にはいかないと思います。

「EXTRA BASS」モード(音量は約半分)の時間再生は約10時間再生できると記載されているので、SRS-XB22で実際に使うであろうモードでは、JBLのFLIP4と比較すると短くなります。

とは言え、1泊2日のキャンプなら、昼から夜まではバッテリーが持続します。

真夜中は、流石に迷惑になるので使う人はいないと思うので、キャンプでは十分使えそうですよね。

防水

防水機能

出典:Amazon

屋外に持ち出すことや、お風呂場で使用したいとお考えなら、防水機能は重視したいところです。

このどちらの機種も、防水機能はしっかりとしています。

SRS-XB22は、IP67に対応しています。

防水でIPX7相当、防塵でIP6X相当に対応しています。

FLIP4でも防水は、IPX7に対応しています。

IPX7は、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義されています。

これなら、どちらの機種も水場で安心して使えますよね。

ただ、SRS-XB22もFLIP4も表面素材にファブリックのメッシュ生地を使用しています。

濡らした後に乾燥させないと、カビやニオイが発生してしまいそうですよね。

海外のYouTubeでは、プールに浮かべている物もありました。

防水とは書かれていますが、いざ使うと心配になってしまいますが、僕はこのような動画をみてからは、安心して使えるようになりました(笑)

その他

この他、細かな機能は機種ごとに違いがあります。

SRS-XB22では、モード切り替えの他、本体を叩くことによって打楽器のように使えるパーティーブースター機能、前面のライトが音楽に合わせて点滅したりする機能が付いています。

FLIP4では、そのような派手な機能はありませんが、同機種を2台接続してステレオ再生したり、同時に100台を接続したりできます。(同じような機能はSRS-XB22にもあります)

聴き比べ

聞き比べ

耳が良い人は、どちらの機種もダメだというかも知れません。

特にFLIP4のレビューには、サーっと音が鳴り続けている、おすすめできないなど書かれています。

しかし、素人の僕にとっては、どちらも良い音に聴こえます。

サーっという音も確認出来ないし、不満な所は見当たりませんでした。

このSONYのSRS-XB22とFLIP4のどちらも、中高音域の音がハッキリと聴こえ、広がりを感じます。

SRS-XB22は、「EXTRA BASS」 モードで聴き比べしましたが、すごくバランスが取れているように思います。

比較すると、どちらかといえばFLIP4の方が高音がクリアに聴こえました。

特に女性ボーカルの声が、ハッキリと聴こえる感じです。

SRS-XB22は、FLIP4よりも中域に厚みを持たせているように感じました。

全体的にまとまってはいるものの、楽しさはないような気がします。

FLIP4は、屋外でのパーティーなどに向いていそうな感じです。

好みはあるかも知れませんが、まとまりやバランスはSRS-XB22の方があると思います。

ななめ

重低音は、どちらも迫力がありました。

スピーカーの正面で聴くと、パッシブラジエーターが側面にあるFLIP4よりも、ほんの僅かSRS-XB22の方が効いているように思えました。

しかし、素人の僕には、どちらもほとんど差は感じませんでした。

全体的は、FLIP4が高音よりなので、ボーカル曲向け、SRS-XB22はバランスが良いのでオールマイティに使えるんじゃないかと、勝手に思っています。

素人なので、あまりとやかく言えませんが、それぞれ別々に購入したなら、僕はどちらも満足していたと思います。

さらに言えば、SRS-XB22はアプリでイコライザーを調節する事ができます。

より、好みの音に近づける事も出来るのが良いですよね。

聴き比べ出来るように動画を作ってみました。

楽器、男性ボーカル、女性ボーカルで、2機種で再生しました。

僕は、上記のように感じましたが、耳の良い人にはまた違って聴こえるかも知れません。

SONY SRS-XB22 vs JBL FLIP4 比較動画

まとめ

SONYのSRS-XB22とJBLのFLIP4を比較しました。

FLIP4は、販売から少し時間が経っていて、多分次のFLIP5が、しばらくしたら発売されると思います。

値段的には、現在FLIP4は7000円を下回っています。

新しい機種は1万円以上の価格になると思うので、お得感はFLIP4がまだまだありそうです。

SONYのSRS-XB22も、今年の4月頃に発売されましたが、少し安くなりました。

それでも今回比較した2機種では、価格差は少しあります。

僕的には、どちらも満足出来る音質なので、後は機能なども考慮して選ぶのが良いと思います。

1度、作成した動画を観ていただいた上で、どちらを選ぶか判断していただけたら嬉しいです。

SONYのSRS-XB22をもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

JBLのFLIP4のレビューはこちらです。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-TECH
-, ,

Copyright© sunset glow , 2019 AllRights Reserved.