あおり運転画像

あおり運転対策にドライブレコーダーを今すぐ取り付けよう!車間距離を詰めてきた証拠も幅寄せの証拠もオススメの前後カメラでバッチリ!

投稿日:

Pocket

最近落ち着いていたと思っていた「あおり運転」のニュースがまたありましたね。

北海道のニュースでしたが、軽自動車にピッタリと車間距離を詰めてあおっていました。

しかもその後、幅寄せしてきてかなり危険な事をしていたのに、反省も何もなく怒鳴りつけているのには憤りを感じました。

今回のニュースでは、暴行罪が適応されるようですが、容疑者はあおり運転を認めていないと言っていました。

しかし、ドライブレコーダーに証拠が全て収められているんです。

これをみたら、言い逃れはできませんよね。

ニュースでその映像を見た方は、ドライブレコーダーの映像を見てどれだけ危険だったか分かると思います。

そのドライブレコーダーの映像には、後ろから車間距離を詰めてピッタリとくっつく車がしっかり録画されています。

車線を超えて幅寄せしてきた車の映像も、前方のドライブレコーダーでしっかりと記録されていて、全容が明らかになっていたというのが、今回の逮捕に繋がったと思います。

そう思うと、あおり運転に対応するのには、ドライブレコーダーは前方だけではなく後方も記録できる物でないと、いざという時に証拠が不十分になってしまいます。

少し前までは、ドライブレコーダーで前後両方向に対応している物って、種類が少なかったんです。

しかし今では種類も増え、高額なものから安い物まで選択肢が増えました。

今がドライブレコーダーを設置するチャンスです。

今回は、あおり運転対策に前後カメラのドライブレコーダーを紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あおり運転対策に前後カメラがあるドライブレコーダーがおすすめ

コムテック ドライブレコーダー ZDR-015 前後2カメラ

コムテック ドライブレコーダー ZDR-015

出典:Amazon

Amazonでも楽天市場でも売れているドライブレコーダーと言えば、コムテックのZDR-015だと思います。

走行中、前後両方のカメラともフルHDの200万画素で記録する事ができ、そのどちらの画質もクッキリとしているので助かります。

よくあるのは、前方のカメラの画質が良くて後方はオマケ程度の物です。

これだと「あおり運転」にあった際にその車のナンバープレートが読み取れなかったりします。

コムテックのZDR-015なら、高画質で鮮明な映像を残しておく事が出来るので、あおり運転や予期せぬ事故にあった時に役立ちます。

しかもHDR/WDR機能を搭載しているので、トンネルを出た時に起こる白とびや、暗くなった時の黒つぶれなどにも強く、クッキリとした映像を記録してくれるんです。

そしてGPSが付いているので、自車の走行速度や位置情報を録画データと共に記録できるのも、解析する時に助かりますよね。

その他、先行車が発信した時にお知らせしてくれる機能や、先行車が接近した時に知らせてくれる機能、車線の逸脱や青信号を知らせてくれる機能など、安全運転支援機能も付いているので、ただ単に映像を残すだけのドライブレコーダー以上に役に立つんです。

別売りオプションを購入すれば、駐車監視機能も使う事ができます。

あおり運転対策だけではなく日常的に使う事ができる、優れたドライブレコーダーです。

コムテック ドライブレコーダー ZDR-015 スペック

  • フロントカメラ・撮像素子:1/2.7型 CMOSセンサー
  • フロントカメラ・有効画素数:最大200万画素
  • フロントカメラ・レンズ画角:水平115° 垂直58°(対角145°)
  • フロントカメラ・F値:2.0
  • リアカメラ・撮像素子:1/2.7型 CMOSセンサー
  • リアカメラ・有効画素数:最大200万画素 
  • リアカメラ・レンズ画角:水平112° 垂直84°(対角140°)
  • リアカメラ・F値:2.4 
  • GPS:あり
  • 本体サイズ:55(W)×25(H)×28(D)/mm
  • 重量:33g
  • 電源電圧:DC12V

APEMAN C860ドライブレコーダー 前後カメラ

APEMAN ドライブレコーダー

出典:Amazon

APEMANのC860は、前後ともフルHDの1080p/30fpsで撮影することができます。

リアカメラを使わない時には、前方カメラの画質が上がり1440pになるようです。

後方カメラのナンバーもしっかりと読み取れるようで、Amazonのレビューには4〜5m以内なら読み取れるとありました。

あおり運転してくる車が、どれほど近付いてくるのかわかりませんが、先の北海道のあおり運転では、3.2mまで接近してきたというので、APEMANのC860ならナンバーを読みとることができます。

そしてWDR機能とSONYのIR赤外線センサーで夜間の明るさも上がり、白とびや黒つぶれにも強くなっています。

前後カメラとも150°の広角で記録することができるので、より多く情報を記録します。

さらに駐車監視機能も付いているので、衝撃を感知すれば自動録画することができます。

これなら24時間、車を守ることができますよね。

GPSは付いていませんが、なかなか良さそうなドライブレコーダーだと思います。

APEMAN ドライブレコーダー スペック

  • 液晶画面サイズ:2.7インチ並び項目
  • レンズ:広角150°高解像度広角レンズ
  • ビデオ解像度:1440P@30FPS/1296P@30FPS/1080P@60FPS/1080P@30FPS(前後カメラ)
  • ファイル形式:MOV/JPG
  • バッテリー容量:420mAh

MUSON(ムソン)ドライブレコーダー 前後カメラ NOTE4

MUSON(ムソン) ドライブレコーダー

出典:Amazon

アクションカメラでも有名なムソンのドライブレコーダーは、170°の超広角が魅力的です。

これだけ広角なら、前方側面の状況まで記録できるので、何かあった時にも安心です。

しかし170°の超広角は、前方カメラだけで後方カメラでは120°となってしまうのが残念です。

前方カメラは、フルHDの1920×1080p/30fpsでしっかりクッキリ記録する事ができます。

後方カメラは640×480と画質的には不安はありますが、あおり運転の状況を確認するのには使えると思います。

この機種もWDR機能を搭載しているので、白とびや黒つぶれや逆光に強くなっています。

駐車監視機能も付いているので、24時間見守る事ができます。

後方カメラの取り付け用に5.5mのケーブルが付属しているので、乗用車なら困る事は無いと思います。

リアカメラの画質は良いとは言い切れませんが、値段が安いので取り敢えずドライブレコーダーを設置してみたいと思う方におすすめです。

MUSON(ムソン) ドライブレコーダー スペック

  • レンズの角度:170度
  • スクリーンサイズ:4.0インチ
  • 画素:1200万
  • バッテリー : 300MAH リチウムバッテリー
  • 記録媒体:microSDカード8〜32GBまで対応
  • 主な機能:ループ録画、Gセンサー、WDR、動体検知、駐車監視など

Anero ドライブレコーダー 前後カメラ

Aneroのドライブレコーダー

出典:Amazon

Aneroのドライブレコーダーも後方カメラに不安はありますが、16GBのマイクロSDが付いているのに値段が安いんです。

前方カメラは、170°の超広角レンズでフルHD1920×1080/30fpsで記録することができます。

後方カメラも170°の超広角レンズですが、画質はVGA640×480なので少し不安は残ります。

ナンバープレートの読み取りは期待しない方が良さそうです。

HDR/WDR機能を搭載していて、白とび黒つぶれにも強くなっています。

駐車監視機能も付いているので、駐車場で事故があっても記録してくれるので助かります。

タイトルには、16Gカード付属とありますが、写真には32GBカード付属と違う事が書かれています。

レビューを読んでも、16GBと32GBのそれぞれ届いた方がいるようなので、実際はどちらが届くのか分かりません(笑)

それでも自分で購入する手間が省けるのは良いですよね。

値段が安いので、画面の隅の文字が切れて読めなかったり、吸盤の粘着が弱かったり、初期不良に当たったりというレビューがあるので、割り切って購入する必要がありそうです。

Anero ドライブレコーダー スペック

  • モニターサイズ:4インチ
  • 画素:1080P
  • レンズ:SONYの6層ガラスレンズ、約170°広角、F2.2
  • 解像度・フロント:1920×1080P/30fps
  • 解像度・リア:640×480
  • 記録メディア:Class10以上のmicroSDHCカード、 32GBまで
  • 主な機能:上書き録画、G-センサー、常時録画、駐車監視、衝撃録画、WDRなど

 

YOKOO バックミラー型ドライブレコーダー 前後カメラ

YOKOO バックミラー型ドライブレコーダー

出典:Amazon

YOKOOのドライブレコーダーは、本体の前方カメラがバックミラーと一体になっています。

その為、ドライブレコーダーをフロントガラスに取り付けて邪魔になるような事もありません。

前方カメラはフルHDの1920×1080/30fpsで170°の超広角レンズになっています。

後方カメラは120°の広角で、あおり運転もしっかりと記録します。

WDR機能を搭載しているので、明暗差が激しいトンネルの出入り口などでも、鮮明な画像を記録できます。

GPS機能が付いていますが、別途アンテナを購入する必要があるようです。

アンテナを購入し、スピードや位置情報を映像と共に記録しておく方が、何かあった時に役立つかも知れません。

バック連動配線をすれば、バックギアに入れた時に、バックミラーに映像が映し出されます。

取り付け方は簡単で、既存のバックミラーにバンドで取り付けるだけです。

あとは目立たないように配線するだけでドライブレコーダーとして簡単に使う事ができます。

YOKOO バックミラー型ドライブレコーダー スペック

  • 液晶モニター:5.0インチ IPSパネル
  • レンズ:170度広角
  • カメラ素子:1200万画素
  • 解像度:FHD 1920x1080P/30fps
  • 記録形式:動画MOV H.264 圧縮形式/写真 JPG
  • 記録メディア:Class10以上の8~128GBのMicro SD カード(16G Micro SDカード付属 )
  • 本体サイズ:28.5×10×5cm
  • 本体重量:320g

後方室内カメラの機種

Crosstour ドライブレコーダー 前後カメラ JP-CR750

Crosstour ドライブレコーダー 前後カメラ JP-CR750

出典:Amazon

GPSを内蔵しているCrosstourのドライブレコーダー JP-CR750は、前方カメラはフルHD1920×1080/30fpsで、後方カメラは1280×720/60fpsで記録することができます。

やはり前方よりも、後方カメラの画質が劣ってしまうのが残念です。

カメラは一体型で前方と室内を撮影するような感じになっています。

その為、後方の車のナンバープレート等の確認は難しいですが、あおり運転してくる車の動きと車種が確認する事ができます。

前方カメラは170°の超広角レンズを使用しているので、より多くの情報を記録できます。

GPSによるルートや、スピードなども記録できるのが良いですよね。

もちろん駐車監視機能も付いているので、常に車を守るのには良いと思います。

ただやはりあおり運転対策にオススメかと言われたら、後方への対応が若干弱い気もします。

取り付けは、後方カメラの取り付けが無い分簡単なので、取り敢えずという方には良さそうです。

Crosstour ドライブレコーダー 前後カメラ JP-CR750 スペック

  • モニター:2.4インチ LCD 画面
  • レンズ:前170度A+高解析超広角レンズ/後130度広角レン
  • 写真画素:VGA/1.3M/2MHD/3M/5M/8M/10M/12M
  • 撮影画素:前1080P/後720P
  • レンズ絞り:前F=1.8/後 F=2.6
  • 録画解像度・デュアルチャンネル:前1080P 1440x1080 /720P 1280x720 後:720P
  • 録画解像度・シングルフロントチャンネル:1080 FHD 1920x1080/720P 1280x720/WVGA 848x480/ VGA 640x480

VANTRUE N2 Pro 前後カメラ ドライブレコーダー

VANTRUE N2 Pro 前後カメラ

出典:Amazon

VANTRUEのN2 Proも前方カメラと室内カメラの組み合わせのドライブレコーダーです。

前方カメラと後方カメラが一体型になっているので、フロントガラスの位置から室内を通して後方を記録します。

その為、あおり運転に対するカメラとしては、少し不安があります。

しかし前後両方のカメラとも1080pのフルHDをサポートしています。

前方カメラは170°の超広角、後方カメラは140°の広角で、死角が少なく全体的に記録できます。

もちろんHDR機能も付いて、鮮明な画質で録画するので助かります。

GPS機能が付いているので、ルートやスピード等もしっかりと記録でき、データして活用する事ができます。

別売りの直結電源ケーブルと接続すれば、駐車監視機能も使う事ができます。

後方を記録する際、自分もカメラに入ってしまうのがなんとも言えませんが、後方からのあおり運転から側面への幅寄せなども一連の流れが記録できるのが魅力です。

VANTRUE N2 Pro 前後カメラ ドライブレコーダー スペック

  • 液晶サイズ:1.5 インチ TFT LCD (4:3)
  • ロントレンズ : 広角170度大口径F/1.8 光学6G多層ガラスレンズ
  • リアレンズ : 広角140度大口径F/2.0レンズ
  • 前後録画モード:FHD 1920×1080 (30fps)
  • 前録モード:2560×1440P (30fps)、2304×1296 (30fps)、1920×1080 (60fps)、 1920×1080 (30fps)
  • 外部:SDHC (Class10 以上の16GB-256GB(FAT32)のmicroSD メモリーカード)
  • 電池:250mAh 3.7Vリチウムイオン電池

まとめ

少し前よりも、前後カメラのドライブレコーダーが増えています。

高速道路や一般道でも、あおり運転のニュースが多いので関心のある方も増えていると思います。

前方カメラだけの機種でも良いとは思いますが、やはりあおり運転対策に後方カメラが付属しているタイプがオススメです。

後方をしっかりと記録できれば、あおり運転にあった時に証拠として残す事ができます。

実際にあおり運転にあってしまうと、どうして良いか考えてしまいますよね。

怒りに任せて対応しては、自分が損をする事もあるかも知れません。

ドライブレコーダーで録画しているという事実があれば、冷静に対応する事が出来ると思います。

あおり運転対策に前後カメラがあるドライブレコーダーがオススメです。

ドライブレコーダーは、やっぱり後方も必要ですよね。

フロントだけの良いドライブレコーダーもあります。


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-car
-,

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.