Yogurt

調理家電

始めよう菌活!リーズナブルで高性能なアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーがおすすめ!!〜現在販売しているモデルの仕様と特徴を紹介〜

投稿日:2020年3月15日 更新日:

Pocket
LINEで送る

突然ですが、菌活という言葉を聞いたことがありますか?

菌活とは、食生活を見直して身体に良い働きをする菌を取り入れることを指す言葉です。

納豆や味噌などの発酵食品、ヨーグルトなど乳製品を取り入れ、腸内に棲みつく善玉菌を増やし腸内環境を整えることで、免疫システムの強化や消化吸収を助けることができると言われています。

菌活を始めるのははとっても簡単です。

毎日チーズやヨーグルトを食べたり、味噌汁や納豆を食べるだけでOKなので、どんな人でも手軽に始めることができるんです。

そんな菌活で高まる健康志向とブーム中登場したのが、ヨーグルトメーカーです。

面倒な温度調整や種菌の購入も必要ありません。

市販の牛乳に市販のヨーグルトを入れて機械にセットするだけで出来上がるというお手軽さが受けてブームとなりました。

中でも家電メーカー「アイリスオーヤマ」のヨーグルトメーカーは、リーズナブルなお値段であるにも関わらず高い性能を持ち、大ヒットしました。

しかしアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを検索すると、いくつも同じような機械が出てきて迷ってしまいます。

僕も、以前ヨーグルトメーカーのレビューをしましたが、その時どれを買っていいか悩みました。

今回は、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーについて詳しく掘り下げながら、現在のおすすめ機種も紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーとは

温度設定

出典:楽天

ヨーグルトメーカーの火付け役となったのはトープランのヨーグルトメーカーだと言われています。

材料をそろえ機械にセットしボタンひとつでヨーグルトが出来上がるというお手軽さや、自宅で手作りする毎日のヨーグルトのコストの安さが受け、今ではビタントニオやタイガーなどでも販売されています。

大容量のものやかなり本格的な機能を持ち、発酵食品や今人気の低温調理の機能まで備えるモデルまで様々なヨーグルトメーカーが登場し、選択肢やバリエーションもかなり増えました。

中でもアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは細かく温度や時間の調節ができることで大きな話題を集め、大ヒット商品になったんです。

爆発的ヒットとなったIYM-012とは

IYM-012

出典:アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーとして最も記憶に残る大ヒット商品といえばやはり「IYM‐012」です。

IYM-012とは、2016年10月末に発売後その注目度はどんどん高まり、一時は品薄になるほどの人気を集めました。

パックの牛乳に市販のヨーグルトを加え、そのまま機械にセットするとヨーグルトや飲むヨーグルトが出来上がるというお手軽さが大ヒットの秘密。

また、このIYM-012は25℃~65℃までの間で1℃刻みの温度調整が可能であることと、1時間~48時間までの間で1時間刻みの細かいタイマーセットが可能な点にも注目が集まりました。

当時一般的なヨーグルトメーカーでは温度設定が40℃程度しか出来なかったので、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは納豆や塩こうじなどの発酵食品や低温調理器の代わりとしても活用できるという使用範囲の広さも高い評価を受けています。

これだけの高いスペックを持ちながら値段は当時4,000円前後。

本体価格のコストパフォーマンスの良さもまた、このヨーグルトメーカーがヒットした大きな要因のひとつと言えると思います。

現在販売しているモデルとは 仕様と特徴など

現在販売されている機種

アイリスオーヤマの公式ショップアイリスプラザを見てみると、購入できるヨーグルトメーカーは以下の6機種でした。

  • IYM-013
  • KYM-013
  • IYM‐014
  • PYG‐15P
  • PYG‐10PN
  • PYG‐15A

アイリスオーヤマ IYM-013

IYM-013セット内容

出典:楽天

25~65℃まで1℃ごとで温度の調節が可能。

1~48時間まで1時間ごとのタイマー機能も搭載しています。

調理終了時に音で知らせてくれる新機能が搭載されました。

使用可能な牛乳パックは1,000mlまで。

便利な自動メニューは5種類ついています。

プラ製の900mL容器が2つとギリシャヨーグルト用水切りカップ、クリップ、計量スプーン、かき混ぜ棒が付属しています。

IYM-013 スペック

  • サイズ:幅約15.6×奥行約15.6×高さ約27.4cm
  • 重量:約630g
  • 設定温度:25~65℃(1℃刻み)
  • タイマー:1時間~48時間(1時間刻み)
  • 容量:1リットル
  • 付属容器:プラ製0.9L×2

以前購入したヨーグルトメーカーIYM−013をレビューしています!

アイリスオーヤマ KYM-013

KYM-013セット内容

出典:アイリスオーヤマ

IYM-013とKYM-013の違いについて、アイリスオーヤマは「性能や形状に相違はない」としています。

先頭にKのつくモデルは家電量販店向け、つかないモデルはホームセンターやネットでも購入できるモデルであり、アイリスオーヤマの処理の都合上分けてあるようです。

その他確認可能な2機種間の違いは以下の2点でした。

①付属する専用容器の数

900mLのプラ容器がKYM-013は1つ、IYM-013には2つ付属しています。

②KYM-013には本体カラーがホワイトとミントの2種類から選ぶことができます。

KYM-013 スペック

  • サイズ:幅約15.6×奥行約15.6×高さ約27.4cm
  • 重量:約630g
  • 設定温度:25~65℃(1℃刻み)
  • タイマー:1時間~48時間(1時間刻み)
  • 容量:1リットル
  • 付属容器:プラ製0.9L×2

アイリスオーヤマ IYM-014

IYM-014

出典:楽天

IYM-013に機能限定がついたモデルですが、自動メニューに飲むヨーグルトとカスピ海ヨーグルトがない以外は同じです。

IYM-014 スペック

  • サイズ:幅約15.6×奥行約15.6×高さ約27.4cm
  • 重量:630g
  • 設定温度:25~65℃
  • タイマー :1~48時間
  • 容量:1リットル
  • 付属容器:プラ製0.9L

アイリスオーヤマ PYG‐15P

PYG‐15P

出典:楽天

こちらは付属の専用容器を使って作るタイプのヨーグルトメーカー。

性能についても他とほとんど変わりなく、65℃まで1℃ごとで調節可能な温度調整機能も、便利なタイマー設定も搭載しています。

このモデルでは一度に1,500mlまで作ることができるのも魅力です。

また、牛乳パックに比べ専用容器の間口が広いので低温調理器としてもより使いやすいと感じるかも知れません。

150mlの専用容器が8つと1,500ml容器が1つ付属しており、どちらもセラミック製。

必要な分を必要なだけ作ることができます。

ただ、自動メニューはついていません。

PYG‐15P スペック

  • サイズ: 幅約24×奥行約26.8×高さ約16.6cm
  • 重量:約700g
  • 温度設定:25~65℃(1℃刻み)
  • タイマー設定:1~48時間(1時間刻み)
  • 容量:1.5リットル
  • 付属容器:陶器製1.5L×1、陶器製0.15L×8

アイリスオーヤマ PYG‐10PN

PYG‐10PN

出典:楽天

こちらも専用容器モデル。

一度に作れる量は最大1,000mlとアイリスオーヤマの専用容器のモデルにしてはやや少なめです。

500mlの専用容器が2つと150mlの専用容器が8つ付属しており、どちらもセラミック製です。

こちらのモデルにも自動メニューはありませんが、代わりに納豆作り専用のトレイが付属しています。

温度調整機能、タイマー機能共に他と同じく搭載しています。

PYG‐10PN スペック

  • サイズ:幅約30×奥行約17×高さ約15.3cm
  • 重量:約840g
  • 温度設定:25~65℃(1℃刻み)
  • タイマー設定:1~48時間(1時間刻み)
  • 容量:1リットル
  • 付属容器:陶器製1.5L、陶器製0.15L×8

アイリスオーヤマ PYG‐15A

PYG‐15A

出典:楽天

温度調整は27℃(36時間まで)と41℃(24時間まで)と60℃(48時間まで)の3段階から選ぶことができる、シンプルさが魅力のモデルです。

3段階しかないの?!と思ってしまいそうですが性能としては問題なく使うことができると思います。

付属している専用容器は1,500ml容器が1つと150mlの専用容器が8つです。

PYG‐15A スペック

  • サイズ:26.8×約24×約16.6cm
  • 重量:約2.7kg(容器含む)
  • 温度設定:27/41/60℃
  • タイマー設定:1~48時間
  • 容量:1.5リットル
  • 付属容器:陶器製1.5L、陶器製0.15L×8

結局どれがおすすめ?

牛乳パック対応のIYM-013、KYM-013の機能に差はありません。

その為、本体カラーや付属容器の数によって選ぶことになります。

IYM-014は013の自動メニューから2項目減っているだけの違いしかありません。

自動メニューから消えていても、菌の種類と設定温度と設定時間さえわかっていれば作ることができるので問題無いと思います。

細かな温度設定が可能な調理容器のモデルは低温調理器としてもおすすめ。

容器の間口が広いので調理するものの形状の選択肢が広がり、より使いやすく感じます。

全ての条件を満たすPYG‐15Pの容器は1,500mlもあるので特におすすめですよ。

■まとめ

今や各メーカーから販売されているヨーグルトメーカー。

パックそのままの牛乳に市販のヨーグルトを入れて設定して入れておくだけで沢山の手作りヨーグルトが出来上がるので、健康にもよいヨーグルトを気軽に手作りできるだけでなく、節約にも役立ちます。

中でもアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーには、細かな温度調整機能やタイマー設定という高い機能性と販売価格と機能性のコストパフォーマンスの良さがあり、人気を集めています。

細かな温度の調整ができるアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは低温調理にもおすすめ。

肉や魚にも安心して使用することができます。

僕は、飲むヨーグトをたっぷりと飲みたかったので、購入したIYM-013が大活躍しています。

好みだった、こってりした飲むヨーグルトは、好きなだけ飲めるんです(笑)

ヨーグルトメーカーがあれば、生活が変わります。

是非お1つ購入されてはいかがですか?

以前アイリスオーヤマのIYM-012 について書いていました。

アイリスオーヤマ以外にもおすすめのヨーグルトメーカーがあります。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-調理家電
-,

Copyright© sunset glow , 2020 AllRights Reserved.