黒い加湿器

1回の給水で長く使える加湿器が便利!ズボラな僕にはタンクの容量が大きい方が合う!~朝から就寝時まで使えるからインフルエンザも乾燥対策も~

投稿日:

Pocket

インフルエンザが流行りだすこの時期、加湿器が欲しくなりますよね。

毎年新しいモデルが出ますが、今回は1回の給水で長く使える加湿器を調べてみました。

だって、加湿時間が短い加湿器って、気がついた時には水がなくなっている事ってないですか?

我が家で使っている加湿器は、コンパクトサイズなのですぐに水がなくなってしまいます。

デザインや大きさは良いのですが、小まめに給水する手間がかかってしまうんです。

気が付いてすぐに給水できれば良いのですが、朝に給水して夜に水がない事に気付いたなんて事もあるんです。

せっかくインフルエンザの予防のつもりで、加湿器を稼働させても意味が無いものになってしまう事も度々あるんです。

そんなズボラな僕でも、1回の給水で長く使える加湿器なら、大分助かると思うんです。

朝から夜まで1回の給水で使えるのなら、面倒くさいと感じる事もないですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1回の給水で長く使える加湿器

リブセトラ ハイブリッド加湿器

出典:楽天

ハイブリッド加湿器のリブセトラは、連続使用時間が最長約60時間もあるんです。

それはタンクの容量が、5.5リットルと大容量なので実現しているんです。

朝に給水すれば、日中はもちろんの事、夜寝ている時も気にせずに使える事が出来ます。

さらに、タイマー機能も付いているので、使いたい時に使えるというのが良いですよね。

そしてタンクには、上から注いで給水できるようになっています。

タンクを取り外して給水するタイプは、運んでいる間に水が垂れてしまったりしますよね。

上から給水できるタイプなら、ヤカンなどで運んできた水をそのまま注ぐだけなので、水が垂れにくく簡単に給水する事ができます。

タッチパネルの操作盤

操作パネル

出典:楽天

加湿量は、1・2・3の3段階で設定する事ができます。

加湿量によって使用時間は違ってくるとは思いますが、長時間使えるのは嬉しいですよね。

そして、湿度は10%単位で40〜70%の範囲で設定する事ができます。

これで、冬の乾燥もインフルエンザのウイルスも予防する事ができます。

その他タイマーやナイトモードなどの設定は、全てタッチパネル式の操作パネルで行う事ができます。

しかも、タッチパネルでできる操作は、付属のリモコンでも行う事ができます。

離れた場所からでも、移動せずに操作できるのは良いですよね。

リブセトラ スペック

  • 本体サイズ:幅19×奥行26.5x高さ31cm
  • 本体重量:2.9kg
  • 電源:AC100V 50/60Hz
  • 消費電力:110W(超音波:30W、加熱ヒーター:80W)
  • コード長:約1.4m
  • 最大加湿力:450ml/h
  • タンク容量:約5.5L(抗菌カートリッジ付)
  • タイマー設定:1~12時間(1時間単位)
  • 湿度設定機能:40%~70%(10%単位)
  • 対応畳数:木造和室:8畳、プレハブ洋室:13畳
  • 連続使用時間:最長約60時間

ハイブリッド加湿器 JUN

ハイブリッド加湿器JUN

出典:楽天

タワー型のハイブリッド加湿器のJUNは、連続使用時間が約30時間です。

この加湿器は、ハイブリッド式ですが、ヒーターを使わずに超音波だけでも加湿する事ができます。

超音波式加湿器で、運転を弱にして約30時間連続使用する事ができるんです。

ヒーターを使用してハイブリッド式加湿器としては、約23時間連続使用する事ができます。

超音波式加湿器として使えば、かなり長い時間使う事ができ、超音波式加湿器としてもトップクラスの連続使用時間があります。

タンクの容量は、約3.0リットルあります。

取っ手が付いた給水タンクは、持ち運びしやすくなっています。

タワー型

JUNタワー型

出典:楽天

ハイブリッド加湿器JUNは、タワー型となっています。

タワー型って何かなと思うかも知れませんが、ミストが噴霧される位置が高さ756mmと卓上の加湿器に比べかなり高い場所になっているんです。

高い位置からミストを噴霧すれば、より遠くまで飛ばす事ができ、部屋中を潤す事ができるんです。

そしてタワー型のハイタイプのトップカバーを外して、ロータイプとしても使う事ができます。

ロータイプだと、高さが331mになります。

ロータイプのトップカバーを付ければ、ミストの噴霧方向は、360度調整する事が出来るようになります。

高い位置でも低い位置でも、部屋に合わせて使い分ける事が出来るのが良いですよね。

ハイブリッド加湿器JUN スペック

  • サイズ:幅220㎜×奥行220㎜×高さ331/765㎜
  • 重量:約1680g
  • タンク容量:3.0L
  • コード長:約1.2m
  • 加湿能力・超音波式運転時:強:280ml/h・中:200ml/h・弱:100ml/h
  • 加湿能力・超音波+PTCヒーター過熱時:強300ml/h・中230ml/h・弱130ml/h
  • 連続加湿時間:11〜30時間(超音波式運転時)、10〜23時間(超音波+PTCヒーター過熱時)
  • 消費電力:強:22W・中:18W・弱:14W(超音波式運転時)、強:40W・中:35W・弱:30W(超音波+PTCヒーター過熱時)
  • 対応面積:木造和室:約5畳、洋室:約8畳
  • 電源:AC100V 50/60Hz

ハイブリッド加湿器 voda

vodaアップ

出典:楽天

ハイブリッド加湿器のvodaは、タンクの容量が6リットルあり、約24時間連続使用する事ができます。

24時間という事は、丸1日使う事が出来るという事なので、朝1度の給水で翌日の朝まで給水せずにいられるんです。

もしタンクにお水が無くなれば、少なくなってきた時点で警告音でお知らせしてくれ、そのあと自動で運転を停止してくれるんです。

加湿量

vodaの加湿量

出典:楽天

加湿量は、小・中・大の3段階。

そして自動加湿設定で、部屋の湿度をセンサーで感知して、加湿量を自動的に切り替えてくれる機能も搭載しています。

これならイチイチ、運転状況を確認しなくても大丈夫です。

しかしその場合は、連続使用時間が24時間から前後してしまうと思いますが、お知らせ機能があるので、給水のし忘れは防げそうです。

ハイブリッド加湿器 voda スペック

  • 本体:幅195㎜×奥行295㎜×高さ280㎜
  • 重量:約2400g
  • タンク容量:6L
  • 連続使用時間:約24時間
  • 電源:AC100V 50/60Hz
  • 消費電力:23W(超音波式運転時)・260W(ヒーター過熱時)
  • 対応面積:和室10畳、洋室17畳
  • コード長:約1.4m

気になる加湿器vodaのレビューをチェックしよう!

超音波式アロマ加湿器 shizuku

shizuku全景

出典:楽天

しずくの形をした超音波式アロマ加湿器「shizuku」は、4リットルの大容量タンクで約24時間連続使用する事ができます。

ミストの量は、ダイヤルを回して無段階に調節する事ができます。

最大加湿量は330ml/hとパワフルですが、これだと長時間使うことはできません。

ミストの量を抑える事により、長く使う事が出来るようになります。

アロマディフューザー

shizukuのLEDライト

出典:楽天

このshizukuは、加湿器として使えるだけではなく、アロマディフューザーとしても使う事が出来るんです。

アロマオイルを使う事により、部屋中に良い匂いが漂い、リラックス効果も期待する事ができます。

また、本体を7色の優しい光で灯す事ができます。

部屋を暗くして、アロマディフューザーと共にLEDライトを点ければ、さらにリラックスする事が出来ると思います。

アロマディフューザー機能が付いた加湿器もおすすめです。

超音波式アロマ加湿器 shizuku スペック

  • サイズ:約23cm(幅)x 23cm(奥行き x 33cm(高さ)
  • タンク容量:4L
  • 電源:AC100V 50/60Hz
  • 消費電力:最大23W 1時間で約0.5円
  • 適用床面積(目安):6~12畳程度
  • 連続動作時間:最長約24時間

超音波加湿器 WiLL

超音波加湿器 WiLL 就寝中

出典:楽天

連続使用時間が約19時間のWiLLは、タンク容量が1.5リットルと少ないながら長い時間使う事ができます。

もちろん19時間運転は弱モードになるのですが、6畳の洋室をしっかりと潤してくれるんです。

ミスト量は、弱モードで80ml/h、中モードで150ml/h、強モードで250ml/hとなっています。

強モードで250mlは、決してパワフルというわけではありませんが、長く使う事で室内の湿度を高く保ってくれると思います。

安心機能

超音波加湿器 WiLL安心機能

出典:楽天

長く使えるといっても、ずっと運転しっぱなしだったら安全性に不安がありますよね。

WiLLは、水が無くなると自動的に停止してくれるんです。

視覚的には、電源ボタンが点滅してお知らせしてくれるので安心です。

電源をオフにした後は、タンク内を約1分間送風して乾燥してくれるアフターラン機能が付いています。

ずっと使い続けると、雑菌の繁殖やニオイが気になってくると思います。

タンク内を乾燥させる事により、雑菌の繁殖もニオイの発生もしっかりと防止してくれるんです。

デザインもシンプルでオシャレ、超音波加湿器のWiLLも良さそうです。

超音波加湿器 WiLL スペック

  • サイズ:横幅176㎜×奥行き176㎜×高さ272㎜
  • 重量:1.3㎏
  • タンク容量:1.5L
  • 連続加湿時間:約19時間
  • 最大加湿量:強:約250㎖/h・中:約150㎖/h・弱:約80㎖/h
  • コード長:約1.5

超音波加湿器 brume

超音波加湿器 brume全景

出典:楽天

brumeは、タンクの容量が5リットルで、17時間連続使用する事ができます。

今まで紹介してきた加湿器では、弱モードでの連続使用時間になっていますが、brumeは強モードの運転で17時間使う事ができます。

強モードの加湿量は300ml/hと、かなりパワフルなのに長時間使えるのは嬉しいです。

ちなみに弱モードで100ml/h、中モードで200ml/hの加湿量になっています。

その上、運転音も静かなようです。

運転中の動作音は38db以下なので、深夜の郊外にある住宅街ぐらい静まりかえっているんです。

これなら、朝から運転を始めて、夜寝ている間も全く気にならずに使う事が出来そうです。

給水方法

上から給水

出典:楽天

タンクへの給水方法は、従来のようにタンクを取り外して給水する方法と、上から水を注ぐ簡単な給水方法の両方ともする事ができます。

取り外ししてシンクなどの水道で直接給水する事ができます。

しかし5リットルの容量があるタンクなので、持ち運びが少し大変になってしまうかも知れません。

上からの給水は、フタが取り外せるので大きく開く事ができます。

ヤカンなどにお水を入れて注いで給水できますが、これもタンクの容量が5リットルなので、何回かに分けてする必要がありそうです。

どちらにしても、5リットルの大容量のタンクは、長時間使えるというのは便利ですよね。

超音波加湿器 brume スペック

  • サイズ:横幅170㎜×奥行き170㎜×高さ345㎜
  • 重量:1.5㎏
  • タンク容量:5L
  • 連続加湿時間:約17時間
  • 最大加湿量:強:約300㎖/h・中:約200㎖/h・弱:約100㎖/h
  • タイマー設定:2/4/6/8/10/12時間
  • コード長:約1.8m

まとめ

ズボラな僕は、何度も何度も給水を繰り返すのが面倒くさいと思ってしまうし、よく給水する事も忘れてしまいます。

タンクの容量が大きいと、長時間使う事が可能になります。

その分、加湿器自体の大きさも、少し大きい物になってしまうと思います。

コンパクトサイズの加湿器を求めている方には、不向きだと思いますが、サイズを気にしないという方には、長時間使用出来る加湿器がおすすめです。

売れ筋の加湿器はこれだ!


人気ブログランキング

アイキャッチ画像 出典:楽天

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-季節家電
-

Copyright© sunset glow , 2019 AllRights Reserved.