安いMP3プレイヤーを買ってみた!Amazonで購入できるおすすめ機種の紹介とレビュー!~完全ワイヤレスイヤホンとBluetooth接続できる?~

投稿日:

Pocket

通勤や通学の時に音楽を聴く時って、今ではほとんどiPhoneやスマートフォンで聴く事も管理する事も出来ちゃいますよね。

iPodなどのMP3プレイヤーが流行った時から時間が流れ、すっかりその存在を忘れていました。

しかし最近、小学生の長男がMP3プレイヤーを欲しいと言ってきたので、調べてみたんです。

小学生の高学年にもなると、自分の好きな曲を聴きたくなるんだなと、自分の時の事を思い浮かべて、その成長の早さを感じました。

僕が小学生の低学年だった頃は、テレビの音楽番組をカセットテープで録音したり、今では考えられない事をしていました。

その後、CDラジカセを買ってもらって、部屋で聴いたのを思い出します。

自分専用のプレイヤーを持つ事が、大人に近づいた気がしたものです。

そして今、長男がMP3プレイヤーを欲しいというので、買ってあげたくなったんです。

その時、頭の中で思い浮かべたのはiPodかウォークマン。

調べてみるとiPodは高いし機能がありすぎて、小学生にはまだ早い気がしました。

ウォークマンと言えばソニーなんですが、ソニーのウォークマンで1番安いSシリーズで1万円ちょっと。

ちょうど良い値段でしたが、評価が低いんです。

どうやら前モデルよりも劣化しているらしく、その不満がでているようでした。

その2つを省くと、あとは何も思い浮かばなかったので、とりあえずAmazonのランキングでチェックしてみました。

MP3プレイヤーのランキングでは、ほとんどが知らないメーカーの物ばかりが並んでいました。

でも大体3000〜4000円と低価格なんです。

評価もぱっと見、良さそうです。

その中から、おすすめ出来そうなMP3をチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Amazonランキング上位のおすすめMP3プレイヤー

Victure MP3プレイヤー

黒色のVicture MP3プレーヤー

出典:Amazon

Amazon’s Choiceに選ばれているMP3プレイヤーは、音もよく大容量で良いようです。

Bluetoothは付いていませんが、有線でしっかりとした音質で音楽を聴く事ができます。

そして容量が8GBあり、マイクロSDカードを使えば64GBまで増やせるのが特徴です。

64GBあれば、約3000曲の音楽ファイルを保存する事が出来るので、色々なシチュエーションで十分使う事ができますよね。

本体は1.8TFT画面があり、見やすそうです。

操作ボタンは、立体的になっていて、しっかりと操作感を感じる事が出来そうです。

バッテリーはフル充電で100時間再生する事ができます。

スポーツやアウトドア、お出かけの時でも安心して使う事が出来そうですね。

Victure MP3プレーヤースペック

  • サイズ:8.8 x 3.8 x 0.9 cm
  • スクリーン:1.8インチTFTスクリーン
  • 重量:42g
  • メモリー:8G
  • 外部記憶装置:Class 4 またはそれ以上の64GB Micro SD / TFカード
  • 充電時間:1-1.5時間
  • 音楽フォーマット:MP3/APE/FLAC/WAV/WMA

Victure Bluetooth対応MP3プレイヤー M3

Victure Bluetooth対応 mp3プレーヤーの正面と横

出典:Amazon

今度はBluetoothに対応したVictureのMP3プレイヤーですが、デザインが大分違っています。

VictureのM3は、スリムタイプではなく、ボテってしたデザインになっていますが、意外にコンパクトなんです。

縦の長さが5.8cm幅が3.7cmなので、かなり小さいですよね。

しかしその分厚みが1.6cmと少しあります。

Bluetoothに対応しているので、ワイヤレスイヤホンやスピーカーなどで音楽を聴く事ができ、使用する場面が多くなりそうです。

本体には8GBのメモリが搭載されていますが、これもマイクロSDカードを使う事で64GBまで拡張する事が出来ます。

バッテリーは、有線イヤホンで30時間再生することが出来るようですが、先出のBluetoothに対応していないVictureのMP3プレイヤーの100時間と比較してしまうと、少し物足りなく感じてしまいます。

しかしその分面白い機能が付いています。

歩数計機能で、歩数、距離、速度、時間を記録しておく事で、活動計として使うこともできます。

でも自動で記録するのは、歩数だけかもしれません。

このVictureのBluetooth対応MP3プレイヤーもAmazon's Choiceに選ばれています。

Victure Bluetooth対応 mp3プレーヤー スペック

  • サイズ:5.8×3.7×1.6cm
  • 画面サイズ:1.5インチ
  • 容量:8GB
  • バッテリ容量:460mAh
  • 充電時間:1.5時間
  • 再生時間:有線イヤホンで30時間、Bluetoothで8時間再生
  • 音楽フォーマット:MP3、APE、FLAC、WAV、WMA

AGPTEK Bluetooth対応 MP3プレイヤー A01T

iPodみたいなAGPTEK Bluetooth対応 mp3プレーヤー

出典:Amazon

AGPTEKのA01TもBluetooth対応のMP3プレイヤーです。

本体には8GBのメモリが搭載されていて、マイクロSDカードで128GBまで拡張できるようになっています。

128GBもあれば、音楽ファイルが36,000曲入れておく事ができます。

カラーで表示する1.8インチのディスプレイで見やすく、そして操作ボタンはタッチ式になっていて触ると光るようになっています。

見た目は昔のiPodのような感じですね。

このAGPTEKのA01Tにも歩数計や電子ブック、ビデオなどの機能が付いているので、値段の割にはかなり高性能なようです。

AGPTEK Bluetooth対応 mp3プレーヤー スペック

  • サイズ:W4×H9×D1cm
  • 容量:8GB
  • ディスプレイ:1.8 inch TFT 多彩スクリーン
  • 重量:85g
  • 充電池:内蔵型リチウムイオン
  • 充電池持続時間:約45時間    USB充電:約1.5時間
  • Bluetooth:Ver. 4.0

AGPTEKにMP3プレイヤーA01Tをレビュー

AGPTEKのA01Tの外箱を取った様子

ちょうどタイムセールになっていたAGPTEKのA01Tを購入してみました。

Amazonのレビュー評価は凄く高いワケではないのですが、値段に惹かれて思わず買ってしまいました。

箱を開けるとまるでApple製品のようになっていましたが、紙の質感が違うのでそこまで高級感は感じられませんでした。

AGPTEKのA01Tの付属品一覧

付属品は、USBケーブルとイヤホン、そしてリストバンドと説明書になっています。

リストバンドがあれば、ジョギング中でも音楽を聴く事ができます。

説明書は、そこそこの厚さがありましたが、日本語のページは最後の方に少しあるだけでした。

イヤホンは有線で、iPhoneに付属しているイヤホンのようにリモコンは付いていません。

AGPTEK A01Tのサイズ

古いipodと並べてみる

AGPTEKのA01Tのサイズは、4×1×9cmとなっています。

昔購入したiPodと並べて置いてみると、大きさはほぼ同じでした。

そこそこの厚さがある

しかし厚みは、1〜2mmあるようです。

重さも少しだけ重く感じました。

手のひらにちょうど収まるサイズなので、大人でも子供でも使いやすいと思います。

AGPTEKのMPプレイヤーを操作してみる

メニュー画面を表示させた状態

基本的には、上下の矢印と、巻き戻し、早送りボタンが方向になり、再生ボタンが決定という割り振りになっていますが、最近iPhoneなどを触り慣れているせいか、思わずディスプレイを触ってしまいます(笑)

メニューを操作していると、やはり少し操作しづらいような気がします。

日本語が少し変だったりするので、直感的に操作できなくストレスが微増します。

音楽ファイルをどうやって入れたら良いか分からず、説明書を見ても記載がありませんでした。

USBケーブルでパソコンに接続しても認識しないので、マイクロSDカードに音楽ファイルを入れて本体に挿入しました。

しかし、入れただけでは音楽ファイルを認識しないので、カードディレストリからプレイリストを更新するという作業をしなければなりません。

しかも、反映するまでワンテンポ遅かったり、電源を切ってまた使う時には毎回その作業が必要になります。

音楽を聴く事に関して、音自体は問題なく聴く事ができます。

ディスプレイに表示される日本語のフォントが少し変だったり、メニューの意味がわからなかったりする事はあるものの、MP3プレイヤーとしては十分使う事が出来そうです。

Bluetooth機器と繋げてみる

収納ケースに入った完全ワイヤレスイヤホン

今回購入したAGPTEKのMP3プレイヤーは、Bluetooth対応になっています。

そのBluetoothを試してみたく、同時に完全ワイヤレスイヤホンを買ってみました。

完全ワイヤレスイヤホンもAmazonで安く購入出来るBluetooth4.2に対応の物にしました。

AGPTEKのMP3プレイヤーA01Tは、Bluetooth4.0を搭載しています。

互換性的には問題なく接続できるハズです。

MP3プレイヤーもイヤホンも充電してから、接続してみました。

AGPTEKのメニューのBluetoothから、イヤホンをペアリングして使います。

接続は問題なく上手くいき、音飛びもほとんどしません。

リストバンドで本体を腕に付けてジョギングしても大丈夫でした。

ただ、サッカーのような激しい運動中は、たまに音飛びもしてしまうようです。

安いMP3プレイヤーには、Bluetoothが不安定とのレビューがありますが、今回購入したAGPTEKのA01Tは大丈夫なようです(個体差もあるかもしれません)

使用したBluetoothイヤホン

 

完全ワイヤレスイヤホンのケースからイヤホンが1つでている

今回購入したイヤホンは、PZXのBluetoothイヤホンです。

左右独立していて、充電式収納ケースが付属しています。

イヤホンを使い終わったら、収納ケースに戻せばイヤホンに充電されるようになっています。

イヤホンの重さは5.4gと軽く、耳にしっかりとフィットします。

操作はイヤホンの表面をタッチする事で、通話や再生、次の曲と一時停止、そして電源のオンオフをする事ができます。

購入時には、指のマークのシールが貼られていますが、剥がして使えます。

収納ケースに充電ケーブルがささっている様子

バッテリーは、1回の充電で2〜3時間音楽を聴く事ができます。

収納ケースは、イヤホンに6回充電する事が出来るので、イヤホンも収納ケースも満充電にしておけば、約24時間音楽を聴けます。

しかし、1回2〜3時間というのは、僕的には少し短い気もします。

音に素人な僕ですが、イヤホンの音は問題なく聴く事が出来ました。

というより、音質は良く感じました。

PZX Bluetoothイヤホン スペック

  • 充電ケースサイズ:9.2×4×3.1cm
  • 重さ:片方イヤホン4.5g
  • 使用範囲:半径10M
  • 容量:充電ケース450mah/ 片方イヤホン50mah
  • 音楽時間:2~3時間
  • 充電時間:約1時間
  • 待ち受け可能時間:30時間(片方イヤホンのみの待ち受け時間)

まとめ

最近MP3プレイヤーこら離れている方も多いと思いますが、ジョギングなどする時には、iPhoneやスマートフォンを持って行くより、MP3プレイヤーの方がコンパクトで軽くて良いかもしれません。

しかしながら、今回購入したMP3プレイヤーは、日本人だと少し微妙に感じてしまう事もありそうです。

メニューのフォントや分かりやすさって、意外に大事ですよね。

そうは言ってもMP3プレイヤーとしては、今のところ問題なく使えます。

安いMP3プレイヤーでも、そこそこの満足感を得ることができるかもしれません。

あとは、どれだけ長く使えるか試してみたいと思います。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-TECH
-

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.