エム・アール企画の汎用セカンドラグマットをレビュー!ミニバンの2列目のシートレールを隠しちゃおう!~車内の汚れ防止にも~

投稿日:

Pocket

居住スペースが広いミニバンは、セカンドシートのアレンジができるようになっています。

トヨタのヴォクシーや日産のセレナ、ホンダのステップワゴンなど人気車は、色々なアレンジができるようになっているんです。

もちろん、自動車会社や7人乗り8人乗りなど乗車人数によって違いはあります。

子供がいる僕にとっては、とてもありがたい事なんです。

しかし、このシートを動かすためのシートレールって結構目立つんですよね。

大人なら、このシートレール部分ってなるべく踏まないようにすると思いますが、子供だとそうはいきません。

知らず知らずのうちに踏んでいるから、当たり前のように汚れてしまうし、砂や石ころが入り込んでしまう事もあります。

ではそれを防ぐ為にどのような対策があるのかと調べてみたら、みなさんフロアマットやラグマットを敷いているようです。

純正のフロアマットでは、シートレール部分が隠れないようなデザインをしているので、その上からシートレールを隠すマットを置いているようです。

確かにそれなら、シートレールが汚れる事もないし、砂や石ころが入り込む事もちろんありませんよね。

そこで僕も、比較的安く買えるセカンドラグマットを購入してみました。

これがなかなか良い感じだったのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ミニバンにはフロアマットマット or セカンドラグマット?

セカンドラグマット使用例

出典:Y!Shopping

車種専用のフロアマットというものが、社外品として売られています。

それなら、シートレールを隠しながらシートの周りもしっかりとカバーしてくれるので1番良いと思います。

しかし、シートを前後に動かす時には、逆にこのフロアマットが邪魔になってしまいます。

シートを固定できれば良いのですが、人を乗せたり荷物を載せたりする事が多い僕にはちょっと不向きなんです。

そして何より、フロアマットで有名なショップから、僕が乗ってるホンダ車の物の取り扱いが無くなっていたんです。

そこで選んだのがセカンドラグマットという長方形のマットです。

これならシートを動かす時にも軽くめくれるし、いざとなったら取り外しちゃえば良いですもんね。

セカンドラグマット選び

エム・アール企画の汎用セカンドラグマットのサイズがわかる写真

出典:Y!Shopping

セカンドラグマットと言っても、そのサイズは色々あります。

楽天やヤフーショッピングで1番見かけるサイズは、幅120cm縦40cmのものです。

これでも十分なのですが、ヴォクシーやセレナ、ステップワゴンなどのミニバンの2列目では少し小さいようなんです。

特に僕よさの乗っているステップワゴンでは、シートレールが少しはみ出てしまうような書き込みがありました。

そこで探したのが、エム・アール企画の汎用セカンドラグマットです。

サイズは、Mサイズだと120×40cm、Lサイズは130×50cmです。

このLサイズなら、シートレールを隠す事が出来そうなんです。

エム・アール企画の汎用セカンドラグマットをレビュー

エム・アール企画の汎用セカンドラグマットの紹介

出典:Y!Shopping

ちょうど僕が欲しいと思っていた時、在庫がなかったようで1日かけて探しました。

結局は予約商品を購入しましたが、今では普通に在庫があるようです。

時期などの関係があるかもしれませんが、余裕をもって購入しておくのが良いと思います。

エム・アール企画のセカンドラグマットのLサイズは、幅130cm縦50cmの大きさです。

幅は120cmの物でも130cmでも、車の幅よりは小さくなっています。

その為どちらを置いても、車の室内にピッタリという訳にはいきません。

縦が40cmだと、セカンドシートを1番後ろに下げた状態で使用すると、シートレールの先端部分が見えてしまいます。

その為、より縦の長さがある50cmというラグマットが重宝されているようです。

エム・アール企画の汎用セカンドラグマットの質感

毛足が短いセカンドラグマット

値段が安いのもありますが、持ってみた感じは、ズッシリと重いというのではなく、思っていたよりも軽く感じました。

純正のフロアマットは、持ってみると重たいですよね。

そのイメージが頭にあると、軽すぎてビックリしてしまうかもしれません。

毛の長さは、「こんなもんでしょう」というのが正直な感想です。

特に長くて高級感があるような感じではありませんが、それでも見た目にも十分耐えられる物だと思います。

セカンドラグマットの裏側のスパイクのアップ

裏側は、ゴム製のスパイクのような凸凹が付いています。

これが滑り止めとして機能するかどうかは、使ってみてからだと思います。

エム・アール企画の汎用セカンドラグマットLをステップワゴンに敷いてみた

レールの先端が隠れない

ステップワゴンの2列目にセカンドラグマットを敷いてみました。

運転席と2列目のフレームに当たらないように、敷いてみると、シートレールの先端部分が少し見えてしまいました。

フレームに当たって折れ曲がる写真

今度は、シートレールの先端部分が隠れるように前方に少しズラしてみました。

フロアマットが純正のものを使っていませんが、フロアマットの縁が見えないギリギリのところに置きました。

良い感じだと思いましたが、この置き方だとフレーム部分に、セカンドラグマットの角が当たってしまいます。

やはり、フレームに当たらないように少し下げて置いた方が見た目が良さそうです。

シートレールの先端部分が少し見えてしまいますが、シートレールへの砂や石ころの侵入は防ぐことができそうです。

エム・アール企画の汎用セカンドラグマットLの使用感をレビュー

フロアマットの上にセカンドラグマットを敷いた様子

使用しているフロアマットが、ステップ部分まで覆うタイプだったので、その上にセカンドラグマットを置くと目立ってしまいます。

純正のフロアマットなら、ちょうど良い感じになりそうです。

(しかもフロアマットにクセが付いていて、ちょっと見栄えが悪いです)

ホンダのステップワゴンRP3以外のミニバンでは、他のレビューを確認してください。

微調整してレールを隠したセカンドラグマット

(微調整してギリギリまで前にしたところ)

セカンドラグマットは見栄えが良いように微調整して良い感じの場所に置いてみても、子供が乗ってしまうと簡単にズレてしまいます。

裏の滑り留めも、今のところあまり効果を発揮していません。

しかし、セカンドラグマットはとても軽量なので、ズレたらすぐに元の位置に直すことができます。

その点は、このセカンドラグマットの良いところだと思います。

泥汚れや砂が溜まっても、すぐに外して車外で払う事ができるんです。

まとめ

セカンドシートのレールが汚れてしまうのって、ちょっと嫌ではありませんか?

フロアマットだけだと、レールがむき出しですぐに汚れてしまいます。

エム・アール企画の汎用セカンドラグマットなら、簡単レールを隠す事ができて、しかも値段が安いんです。

少し大きめのセカンドラグマットなら、広く隠す事が出来るので、車内の汚れ対策にも使う事ができます。

僕が乗ってるホンダのステップワゴンRP3では、少しはみ出てしまうところもありますが、ヴォクシーやヴェルファイア、セレナ等のミニバンでも違和感なく使えたというレビューがあります。

特に新車を購入した方は、汚れてしまう前に対策しておいた方が良いと思います。

エム・アール企画の汎用セカンドラグマットのLサイズがおすすめです。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-car
-,

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.