ピュアライズのフィットネスバイクを斜め前方から

楽天でレビュー評価が高いエアロバイクをレビューします!~ダイエットには心拍計付きのフィットネスバイクがおすすめ!~

投稿日:

Pocket

いや〜運動不足なんです。

本当に困っちゃうくらいの運動不足で、体重がどんどん増えてきているんです。

実は以前も1度ダイエットした事があって、その時はエアロバイクを使ったんです。

効果は抜群で、10kg以上体重が落ちました。

それから数年、何もしないでいたらリバウンドしまくってしまったんです。

健康診断で肝臓の数値が悪かった原因が、急な肥満です・・・。

医者からは痩せろと言われましたが、元の体重からさらに10kg体重が増加してしまったんです。

食べる量は増えてませんよ・・・。

しかし、仕事の環境が変わって、歩かなくなったんです。

考えられるのは、運動不足しかありません。

そこで、以前のようにエアロバイクを漕いで、ダイエットしようと乗ってみたら・・・。

体重増加の影響か、サドルの付け根にヒビが入って今にも折れそうになってしまいました。

いやいや、これは経年劣化だから決して体重のせいでは無いと、自分に言い聞かせるのですが、流石にサドルの壊れたエアロバイクを使うワケにはいきません。

そこで、楽天で口コミの数が多く、そして比較的安いエアロバイクを買ってみました。

今回は、開封して組み立ての様子と使った感じをレビューします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PURE RISE(ピュアライズ)のエアロバイク

女性がエアロバイクを漕いでいる

出典:楽天

ピュアライズのエアロバイクは、口コミ件数が多く、比較的評価が高いものでした。

過去には楽天ランキングのフィットネスバイク部門で1位をと獲得した事もあるようです。

何がそんなに人気があったのか、少し見てみたいと思います。

グリップセンサーが付いたフィットネスバイク

グリップセンサーを握っている写真

出典:楽天

ピュアライズのエアロバイクと言っていますが、どうやら商品名はフィットネスバイクのようです。

エアロバイクとフィットネスバイクの違いって何でしょう・・・。

なんて事は置いておいて、このグリップセンサーは心拍数を測るセンサーです。

ハンドルの両側に付いて、そこを握ると心拍数を計測してくれるようです。

エアロバイクでダイエットをしようと思った時、有酸素運動をすれば効果がでますよね。

その有酸素運動時の心拍数が、ダイエットには大事なようです。

以前は心拍計が無いエアロバイクに乗っていて、それでも痩せたので僕的にはそれ程重要視していなかったのですが、実は効率が悪かったのかなと考えたら少し後悔するところもあるんです。

毎日毎日、エアロバイクを漕ぎ続けるのって意外にしんどいんですよね。

心拍計が付いたスマートウォッチを別途買えば良いかもしれませんが、エアロバイク自体に付いているのって、ちょっと憧れてたりする事もあり、今回はグリップセンサー付きを選びました。

ダイエットに適した心拍数

年齢最大心拍数(1分間)エクササイズ
20歳200140~160
30歳190133~152
40歳180126~144
50歳170119~136
60歳160112~128

ちなみに心拍数は(220-年齢)×0.7で、ダイエットに適した心拍数がわかります。

ピュアライズのフィットネスバイクに説明書が付いているのですが、そちらにも心拍数の目安が書かれています。

エクササイズ目的なら、30代なら133〜152、40代なら126〜144辺りです。

というかワケで、エアロバイクを漕いでいる最中の心拍数を計測するできる、グリップセンサーが付いてるのって良いですよね。

マルチホルダーがフィットネスバイク本体に付いている

スマートフォンを入れることが出来るファルダー

出典:楽天

以前使用していたエアロバイクには、スマートフォンを置くホルダーが付いていませんでした。

その為、スマートフォンはハーフパンツのポケットか、近くに棚などを用意して置くしかできませんでした。

調べてみると、最近のエアロバイクには、このホルダーがほとんどの機種で付いています。

ピュアライズのフィットネスバイクは、ポケットのようにスマートフォンをスポッと入れるタイプで、画面表示があまり見る事が出来ません。

楽天で販売されている他のエアロバイクでは、テーブルの上に置いた感じでスマートフォンの画面を見る事の出来るタイプや、そのままテーブルが付いていてノートパソコンを操作できるというタイプもありました。

それらと比較すると少し物足りないですが、何も用意しないで手が届く範囲にスマートフォンが置けるのは、とても有り難い事です。

負荷を8段階に調整できるエアロバイク

ダイヤル式の負荷調整

出典:楽天

以前使っていたエアロバイクでもありましたが、負荷を8段階で調節する事ができます。

負荷によっては、ダイエットに適していたり、トレーニングに適していたりと違うようです。

もちろん負荷を重たくすれば、筋力が付くハードなトレーニングがする事ができます。

ピュアライズのフィットネスバイクはサドルの幅が広い

横幅が広いサドル

出典:楽天

ピュアライズのフィットネスバイクは、サドルの幅が広いようです。

写真を見るだけで、横に広いのがわかりますね。

確かに以前使っていたエアロバイクでは、20分を超えたあたりからお尻が痛くなり始めました。

どこが痛いかと言えば、細くなっているサドル部分があたるお尻の割れ目辺りです。

だから、幅が広くなったサドルがどれだけ痛みを緩和してくれるかわかりませんが、全体的に幅が広くなっているので少し期待したいと思います。

静音性マグネット式のエアロバイク

マグネット式の本体のアップ

ピュアライズのフィットネスバイクは、摩擦音がしない静音性マグネット式です。

今ではほとんどのエアロバイクが、この静音性マグネット式だと思います。

以前使用していたエアロバイクも同じマグネット式でした。

確か初期の頃は音が静かでしたが、経年と共にシュッシュと摩擦音がするようになってしまっていました。

テレビを観ながら漕いでいると、音声が聞こえづらいので、テレビの音量を上げなければいけませんでした。

ピュアライズのエアロバイクでも、多分始めは静かだと思います。

経年と共に音がしてくるのかどうかは、長く使い続けてみないとわかりません。

ピュアライズのフィットネスバイクをレビュー

脚部取り付け

脚部を取り付ける様子

宅急便で届いたピュアライズのフィットネスバイクは、重さが15kgあります。

これは男性なら運べると思いますが、女性ではちょっと大変だと思います。

梱包されたフィットネスバイクは、本体とハンドル、脚部、サドル、ペダルが別々に収納されています。

まず開封後、取り付けるのは脚部です。

本体を寝かせたまま取り付ければ良いので、力も要らず簡単にできると思います。

サドル取り付け

サドルの裏側の取り付け

サドルにもサドルポストを仮止めされているワッシャーとナットで固定します。

サドル部分は、1番体重がかかる場所なので、特にキツくナットを締めてみました。

漕いでる時に、キーキーと音が鳴るのもイヤですもんね。

コネクタの接続

コネクタを接続する様子

ハンドル部分の取り付けは、メーターとの接続するコードに気をつけながら取り付けます。

始めにハンドルと本体の連結パーツにあるコネクタを接続します。

僕のときは、連結パーツ内の奥の方にコネクタが入り込んでいたので、しばらく探してしまいました(笑)

引っ張り出してコネクタを接続し、連結パーツを本体に取り付けます。

コードだけ気をつければ、この部分も簡単にできると思います。

ハンドル部分の取り付け

ハンドル部分を取り付けている様子

ハンドルとメーターの取り付けも、力は全く必要なく簡単に取り付けられるので安心です。

女性の方でも苦労することなく、取り付けられると思います。

ペダルの取り付け

ペダルをレンチで取り付けている様子

最後はペダルを取り付けるのですが、ペダルの、左右を間違えずに(シールが貼ってあります)付属のレンチで締めていきます。

この時、接続部分を触ってしまうと、指先に黒いオイルが少し付いてしまうので気を付けて下さい。

ペダルを、取り付ければ完成です。

時間は、20分もあればできると思います。

完成したフィットネスバイクは、畳1畳分の広さがあれば設置できると思います。

ピュアライズのフィットネスバイクを使ったレビュー

後方からサドル付近をアップ

早速、ピュアライズのフィットネスバイクを漕いでみました。

説明書によると連続使用時間は30分です。

その後冷却に1時間必要とらなるようです。

冷却を行わないと部品が破損してしまう事もあるようです。

僕的には40〜50分、海外ドラマ1本分の時間漕いでいたかったので、ちょっと残念です。

それでも、汗をかく準備をして、テレビも観る用意して漕ぎ始めました。

さすが静音性マグネット式のエアロバイクです。

摩擦音がが全く聞こえません。

以前使っていたエアロバイクでは、テレビの音量を少し大きめにしなければ声が聞こえませんでした。

まだ使い始めと言うこともありますが、音が静か過ぎてちょっと感動です。

グリップセンサーのアップ

ハンドルに付いている心拍数を計測するグリップセンサーは、両手で握っている状態で計測します。

常に握っていれば、常時心拍数を監視する事ができます。

自分の年齢に合った心拍数を確認しながら、ペダルを漕ぐスピードを調節する事ができるのが良いですよね。

しかし手にかいた汗がグリップセンサー付近を濡らしてしまいます。

汗を拭おうと手を離してしまうと、心拍数は0になり、測り直しになってしまいます。

付属のメーターは、SPD(スピード)、DIST(距離)、TIME(運動時間)、CAL(消費カロリー)、PUL(心拍数)と順番に表示されます。

握り直したタイミングによっては、1巡目で心拍数は計測中の低い値で表示されます。

すぐに心拍数を知りたいと思っても、しばらく待つ事になります。

しかし、長い間エアロバイクを漕いでいるので、時間には余裕があると思います。

焦って心拍数を確認したいということもないハズなので、その点は気にしなくても良いかも知れません。

常にグリップセンサーの高さを握っているのも疲れてしまうので、たまにはハンドル別の場所を握りたくなってしまうこともあります。

常時心拍数を計測する事は出来ませんが、それでも目安となるので重宝しそうです。

幅広のフィットネスバイクのサドル

横幅が増したサドルは、お尻が痛くならないと書かれていますが、こればかりは自分の体重の影響もあり少し痛くなりました。

以前使っていたエアロバイクの10分の1程度ですが、痛みがではじめました。

それは以前とは違い、おしりの接地面すべてに軽く痛みを感じたんです。

多分ペダルを漕ぐたびに体が揺れ、その為サドルと接しているところが擦れて痛くなったのだと思います。

それと同じくらいに、サドルからギッコ、ギッコと異音が聞こえ始めました。

そしてさらに25分辺り今度は本体から、ペダルを1周回すごとにカンッ!カンッ!と低い音がし始めました。

連続使用時間が30分なので、あと少しというところで鳴りだしたのが少し気になります。

2日目にまた30分乗りましたが、始めは異音はせず静かでした。

異音の出るタイミングは、初日とほぼ同じ時間乗り続けていたら発生しました。

しかし、エアロバイクを漕ぐ運動には影響しないので、ちょっとの時間だけ我慢すれば大丈夫です。

まとめ

楽天でレビューが多かったピュアライズのフィットネスバイクは、使ってみてとてもいい感じでした。

1万円ちょっとで購入できるエアロバイクとしては、心拍計が付いているので他の機種よりもお得感があります。

7000円代から10000円弱ぐらいにも、似たようなデザインのエアロバイクがありますが、そちらには心拍計が付いていません。

もしスマートウォッチウォッチを所有しているなら、心拍計なしのエアロバイクでも良いかも知れませんね。

今回エアロバイクを買い替えてレビューしましたが、全体的にみて満足できるものでした。

この価格でも、静音性、心拍計、サドルなど十分納得できるものです。

安いからといって、侮ってはいけませんね(笑)

ダイエットには、消費カロリーが多いエアロバイクがおすすめです。

中でも楽天でレビュー評価の良いピュアライズのフィットネスバイクが、僕的にはおすすめです。

運動不足、中年太り解消に、一緒にエアロバイクを漕ぎまくりませんか?


人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-goods
-, , ,

Top

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.