Lightning-SDカードカメラリーダー~一眼レフの写真をiphoneに取り込んじゃえ!~

投稿日:2017年1月29日 更新日:

Pocket

デジカメで撮影した写真や動画のデータを、iPhone・iPadに転送したい時ってどうしてますか?

多分みなさん、一度パソコンにデータを読み込んでからメールやLINE、Facebookなどを使って送るのが一般的だと思います。

それだとパソコンを持ち歩くか、帰宅してから作業することになるので時間がかかってしまいますよね。

InstagramやTwitterなどに投稿したいときすぐに転送できないと不便ですよね。

そこでおすすめなのが、アップル純正アクセサリー『Lightning-SDカードカメラリーダー』です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

デジカメの写真をその場でiPhoneに読み込みSNSに投稿出来ちゃう

SDR1

出典:Apple

『Lightning-SDカードカメラリーダー』本体にSDカードをセットしてiPhone・iPadに差し込むと写真アプリが自動で起動し、撮った写真が「モーメント」「コレクション」「年別」に自動で整理・保存されます。

難しい操作は不要で、ただ差し込むだけという簡単仕様なんです。

『Lightning-SDカードカメラリーダー』を使えば、デジカメで撮った写真や動画を、パソコンを使うことなく外出先でiPhoneから友人や家族へ素早く簡単に送ることが可能になるんです。

なお、12.9インチiPadProでは最大でUSB3.0の速度に対応しているので、たくさん撮った大量のデータも素早く読み込むことができます。

今では便利になった、ワイヤレス環境では大量の画像データをiPhone等に取り込むのに、どうしても時間がかかり過ぎてしまいます。

Lightningケーブルで接続することにより、読み込みスピードも安心感を得ることができます。

さらに、RAWの写真フォーマットにも対応しているため、読み込んだあとにiPhone・iPad上から画像補正もできます。

大画面のiPadなら本格的な補正も可能です。

一眼レフなどの写真を読み込みたい時などに役に立ちそうです。

綺麗に撮影できた写真を、いち早くSNSに投稿出来ちゃいます!

ビデオフォーマットもサポート

そして、動画ならH.264やMPEG-4などSDとHDのビデオフォーマットをサポートしています。

Lightning-SDカードカメラリーダーはデジカメで撮影した綺麗な写真・動画をその場で共有したいという人には特におすすめです。

旅行など、iPhoneよりも高画質で撮れるデジカメを使う場面で役立つこと間違い無し!

たまにはiPhoneではなく、デジカメを使って身の回りにある風景などを撮ってみてはいかがでしょうか。

新しい発見があるかもしれません。

iPhone5以降の幅広い端末で利用できるので、ぜひ1つ持っておきたいアイテムです。

 

アイキャッチ画像 出典:Apple

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-Related goods
-, , , , , , , ,

Top

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.