AirPodsでケーブルの煩わしさから解放!!~これからのイヤフォンは“左右独立”が主流!?~

投稿日:2017年1月10日 更新日:

Pocket

アップルAirPods一度は試すべき新製品だと思います。

あなたが今までイヤフォンに抱いていた概念を変えちやうかも知れません。。。

2016年12月ついにアップルから話題のワイヤレスイヤフォンAirPods発売されました

現時点でも出荷6週入手困難な人気商品

筆者は発売当日に購入することができたので実際に試してみた感想をご紹介したいと思います

スポンサーリンク

スポンサーリンク

AirPods

出典:Apple

AirPodsは、イヤフォン本体の左右が完全に独立したタイプです。

煩わしいケーブルは一切なく、本体を耳に付けるだけ。

接続はBluetoothを利用し、とてもシンプルなデザインになっています。

カラーはホワイトのみでバッテリーを搭載した専用のケースが付属します

iPhoneとのペアリング方法はケースの蓋を開けると瞬時に電源が入り自動で近くのiPhone(iOS10搭載)認識します。

画面に接続表示されあとはこれをタップするだけで設定完了

耳に装着すればワイヤレスで音楽や動画ゲームが楽しめます

ケーブルの煩わしさから解放

出典:Apple

なんといっても左右が独立したタイプなのでケーブルの煩わしさから解放されます

これまでのEarPodsと形状が変わっていないのにも関わらず耳から落ちることはありません

試しに装着したまま飛び跳ねたり首を振ったりしても外れることはありませんでした

バッテリー時間

気になるバッテリー時間はイヤフォン本体は1回の充電で最大5時間複数回充電できる専用のケースを使えば24時間以上聴き続けられます

これはアップルが新開発したW1チップによるものでAirPodsのほか2月発売予定のBeatsXイヤフォンにも搭載されています

これまでにない長時間バッテリーで充電切れを気にすることなく利用できるようになりました

またわずか15分で最大3時間再生できるクイックチャージ機能も備えています

なおバッテリー残量はiPhoneから簡単にチェック可能です

ケースの充電にはiPhoneやiPadに付属しているLightningケーブルを流用できるため1本のケーブルで複数の端末を充電できます

まとめ

音質面に関しては思っていたよりも低域に厚みがあり高域に透明感も感じました

トータルで使い勝手の良いワイヤレスイヤフォン初心者にこそ使ってほしい製品です

  • 重量/AirPods(左右各):4 g
  • 重量/充電ケース:38 g
  • サイズ/AirPods(左右各):16.5 × 18.0 × 40.5 mm
  • サイズ/充電ケース:44.3 × 21.3 × 53.5 mm
  • 接続/AirPods:Bluetooth
  • 接続/充電ケース:Lightningコネクタ
  • AirPodsセンサー/デュアルビームフォーミングマイクロフォン
  • AirPodsセンサー/デュアル光学センサー
  • AirPodsセンサー/動きを感知する加速度センサー
  • AirPodsセンサー/音声を感知する加速度センサー
  • 電源とバッテリー/AirPodsと充電ケースの併用:24時間以上の再生時間、最大11時間の連続通話時間
  • 電源とバッテリー/AirPods(1回の充電):最大5時間の再生時間、最大2時間の連続通話時間
  • 電源とバッテリー/充電ケースで15分充電:3時間の再生時間、または1時間以上の連続通話時間

Amazonでは価格が高くなっています。

注意してください。

Appleの公式から買った方が良さそうです。

アイキャッチ画像 出典:Apple

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-Related goods
-, ,

Top

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.