やっぱりガンプラを作りたい!MGの高機動型ザク "サイコ・ザク"Ver.Kaがゴテゴテで男心をくすぐる!!

投稿日:2017年8月8日 更新日:

Pocket

僕の夢は、子供と一緒にガンプラを作る事・・・。

自分に息子が産まれてから、そんな夢を持ったこともあります。

しかしながら、我が子は何故か不器用・・・そして集中力もあんまりないんです。

ガンプラ作りの前段として「機動戦士ガンダム」というアニメを好きになってもらおうと、ファーストガンダムのアニメを見せたのですが・・・食いつきはあまりよくありませんでした。

それでも何とか「機動戦士ガンダムUC」のアニメだけは、ちょっとだけ好きになったようです。

しかし「機動戦士ガンダムUC」のモビルスーツは好きなようですが、他に全く興味がないんです。

まだ子供には難しいようです・・・。

暫くは、自分一人で何かガンプラを作りたいなと思う今日この頃です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MG 機動戦士ガンダム サンダーボルト 高機動型ザク "サイコ・ザク"Ver.Ka

機動戦士ガンダムサンダーボルト

出典:Amazon

機動戦士ガンダムサンダーボルトは、初代ガンダムのストーリーを引き継いだ続編です。

多数のガンダム作品がありますので、どれが時代に沿ったものなのか、どれとどれがストーリーとして繋がるのか、ファンでも難しくなってきました。

ましてや、子供が理解するのは、かなり大変な事だと思います。

この「機動戦士ガンダムサンダーボルト」という作品は、初代ガンダムのほんの少し後という設定なので、初代ガンダムファンには必見です。

このサンダーボルトという作品、まず驚くのが戦いを繰り広げるモビルスーツといわれるロボットのデザインに驚きます。

初代ガンダムのすぐ後の設定ですが、時代的にはもっと先の話(未来の話)の中に出てくるモビルスーツよりも強そうな気がします。

装備

出典:Amazon

モビルスーツは人型が基本ですので、装備はライフルに盾、ビームサーベルが一派的なのですが、この作品にでてくるモビルスーツは少し違います。

装備の種類は同じなのですが、盾が4つあったりとか斬新なものが多いです。

その分、各モビルスーツには見た目的に大きなインパクトを与えてくれます。

今回の商品となっているサイコザクも見た目のインパクトは絶大です。

ザクという機体は歴代ガンダムの中で一番バリエーションの豊富な機体です。

頭だけ豆腐になったりもしましたので、ご存知ある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

緑の機体、1つ目、初代ガンダムから各作品に登場していますので、その作品のザクを見ることによって、その時代のモビルスーツの特徴なども把握することができます。

たくさんの作品に出る理由は他にもあり、良いやられキャラともなっています。

ガンダムからの攻撃のほぼ1発で破壊されてしまいます。

しかし、色が赤くなると途端に強くなります。

同じザクとは思えないほどの強さとなり、逆にガンダムの力を凌駕してしまうこともあります。

ブースター

出典:Amazon

このサイコザクの特徴は、見た目のインパクトを強調する大型のロケットブースターを装備しています。

このブースターは背中にくっつく仕組みなのですが、大きさがモビルスーツ本体以上で圧倒的な存在感を出しています。

イメージしやすいように言いますと、モビルスーツはせいぜい20cm程度。

ブースターはペットボトル以上の大きさです。

高機動型という名のとおり、そのほかにも各所にブースターが配置されており、シンプルというよりゴテゴテという見た目になります。

ゴテゴテ(装備が多い)と言うことは、作り手側はたくさんの部品を作る必要があります。

やり応えありそうな作品です。

まとめ

このサイズのプラモデルは作っているとき、特に今回の作品のように部品が多いと、途中で投げ出したくもなるのですが、見事完成したときの充実感はなんともいえません。

しかも、カトキハジメ氏完全監修の「Ver.Ka」は、本当にデザインがカッコいい!

その上、各ギミックやディテールの細かさ・・・最高です。

そして完成したガンプラの圧倒的な存在感。

いやー作りたくなってウズウズしてきちゃいました(笑)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-Boy, Other Toys
-, ,

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.