colemanlantarn

キャンプのメインランタンはどれにする?ガスランタンもガソリンランタンもコールマンがおすすめ!!

投稿日:

Pocket

キャンプに出かける時に必要になってくるのがランタンです。

バーベキューや焚き火と共に、キャンプの醍醐味の一つではないでしょうか?

1番お手軽なのが、電池式のLEDランタンです。

これはこれで良いのですが、ちょっと雰囲気が出ないんです。

しかも真っ暗なキャンプ場では光量が足りない物が多く、明るさが足りなかったという失敗例も良く聞きます。

僕的には、せっかく自然に囲まれているのに、人工的な光というのが僕的にはイマイチなんですよね。

それならガスランタンやガソリンランタンなら、明るくて雰囲気づくりもバッチリだと思いませんか?

シューっと燃料が吹き出る音を聞きながら、夜空を見上げるのなんて最高なんです。

そしてランタンと言ったら、コールマンのランタンを使わずしては始まりません。

歴史あるコールマンのランタンは、機能、実力共に安心して使うことができるんです。

暗闇のキャンプサイトを照らすメインランタンをどうしようかとお悩みなら、コールマンのガスランタンかガソリンランタンがおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コールマン LPガスランタン

コールマンのLPガスランタンは、コールマンの純正のLPガスを使います。

燃料としてLPガス缶を持ち歩くのには、少し大きくてかさばりますが、パワーハウスLPツーバーナーなどコールマン製品に使い回しできるので意外に使い勝手が良いのかも知れません。

扱いは簡単で、ガソリンランタンのように手間がかかりません。

初心者の方でも入りやすいランタンです。

しかし長い時間使ったり、寒い場所での使用だと火力が安定しない事があります。

そこを十分理解した上で使用しましょう。

コールマン 2500 ノーススター(R)LPガスランタン

colemanlantarn1

出典:Amazon

コールマンの2500ノーススターは、明るさが約320キャンドルパワーもあるんです。

これはガソリンランタンにも負けていないほど明るく、メインランタンとしてサイトを照らしてくれると思います。

マントルはワイヤークリップ式なので、簡単に取り付ける事ができて、初心者の方でも安心です。

点火方法も簡単で、器具栓つまみを回してガスを出し、イグナイターボタンを押して点火します。

ホヤ内にガスが充満すると一瞬「ボッ!」っと引火して、ビビってしまうこともあります(笑)

初心者の方は、メインにこれ一台とテーブルを照らすLEDランタンがあれば大丈夫です。

僕も持っていますが、明るさは器具栓つまみを全開にしなくても明るいので問題なく使うことが出来ます。

ただ、コールマンのガス缶(OD缶)が大きいので、連泊する時など予備を用意しておくとかさばるのが難点です。

カラーバリエーションは、グリーンとレッド。

それと、コールマンとモンロがコラボしたインディゴレーベルバージョンもあります。

ランタンの使い方「2500 ノーススター®LPガスランタン」

スペック

  • 明るさ:約320CP/200W相当(レギュラーガス使用時)約1,543lm(ルーメン)
  • 燃焼時間:約4~8時間(470g缶使用時)
  • 本体サイズ:約φ14.5×26(h)cm
  • 重量:約 1.3kg

コールマン ランタン LPランタン ノーザンノバ

colemanlantarn7

出典:コールマン

約3000ルーメンと、2500ノーススターの約2倍という、メチャクチャ明るいガスランタンがあります。

使用時間は約2~4時間(470g缶使用時)と短いですが、夕飯時と限定して使えば、かなり役に立ちそうです。

折りたたみが出来る脚が付いているので、卓上用にも使うことができます。

ただ3000ルーメンも必要かと言われると微妙ですが・・・どれくらい明るいのか気になります。

明るさ的には、メインランタンとして十分過ぎる程ですが、使用時間の短さがネックですね。

スペック

  • 明るさ:約3,000lm(ルーメン)/スーパーガス使用時
  • 燃焼時間:約2~4時間(470g缶使用時)
  • 使用時サイズ:約40×35×45(h)cm
  • 収納時サイズ:約20×18×29(h)cm
  • 重量:約1.7kg

コールマン ガソリンランタン

コールマンのガソリンランタンは、ホワイトガソリンを使います。

ホワイトガソリンを持って行っても、使えば帰りは重量が軽くなります。

携行缶をまとめておけば、ガス缶よりはかさばらないと思います。

 

コールマン ワンマントル ランタン 286A

colemanlantarn2

出典:Amazon

コールマンのガソリンランタンで、1番お手頃価格なのが286Aです。

名前の通りマントルが一つの中型ランタンです。

明るさ200キャンドルパワーで、130W相当の明るさがあります。

ガスランタンの2500ノーススターよりも明るさは劣りますが、十分メインランタンとして活躍してくれると思います。

タンクの容量が590ccあり、約7.5〜15時間燃焼します。

一泊のキャンプなら十分の容量です。

ガソリンランタンならではのポンピング作業も楽しめます(笑)

寒い時期にキャンプをしたい方に、おすすめしたいランタンです。

(ガスはドロップダウンして火力が安定しなので)

使用方法「ワンマントルランタン」

スペック

  • 明るさ:約200CP/130W相当
  • 燃焼時間:約7.5~15時間
  • 本体サイズ:約φ16×31(h)cm
  • 重量:約1.4k
  • 燃料タンク容量:約590cc

コールマン パワーハウス(R)ツーマントルランタン 290A

colemanlantarn3

出典:Amazon

マントルが2つある大型のランタンです。

明るさは300キャンドルパワーあり、約190W相当の明るさがあります。

メインランタンとしてキャンプサイトを明るく照らしてくれると思います。

そしてポンピングや点火方法、オレンジ色の光、燃焼音など、これぞランタンという雰囲気がいっぱい味わうことが出来ます。

大きさは286Aよりも大きく、タンクの容量も940ccもあるんです。

しかしながら、燃焼時間は約7〜14時間とあまり変わりません。

ツーマントルのデザイン、ランタンという道具を使いこむ楽しみを味わいたい方におすすめです。

スペック

  • 明るさ:約300CP/190W相当
  • 燃焼時間:約7~14時間
  • 本体サイズ:約φ18×35(h)cm
  • 重量:約1.8kg
  • 燃料タンク容量:約940cc

ノーススター(R)チューブマントルランタン

colemanlantarn4

出典:Amazon

チューブ型のマントルを使用し、最大360キャンドルパワーの明るさを誇る大光量のランタンです。

ガスランタンの2500ノーススターも同様ですが、マントルの上下をワイヤークリップで留めるようになっています。

初心者の方でも簡単に設置でき、使いやすくなっています。

しかも点火方法も簡単になっていて、自動点火ボタンを押しながらバルブを開くと点火するようになっています。

自動点火装置には電池が必要になりますが、初心者の方には扱いやすくなっていると思います。

ただこの点火方式は好き嫌いが分かれるようで、玄人受けはしなさそうです。

コールマンのランタンの中では最も明るく、光量重視の方にはノーススター チューブマントルランタンがメインランタンとしておすすめです。

使用方法「ノーススターⓇチューブマントルランタン」

スペック

  • 明るさ:約360CP/230W相当
  • 燃焼時間:約7~14時間
  • 本体サイズ:約φ17.3×34.3(h)cm
  • 重量:約1.8kg
  • 燃料タンク容量:約940cc

シーズンズランタン

colemanlantarn5

出典:コールマン

コールマンジャパンが、毎年発売するカラフルなランタンです。

ベースは200Bで、毎年カラーとホヤのデザインなどが変更されています。

クラシックなデザインがオシャレでかわいい数量限定のランタンです。

毎年11月に抽選販売していて、コレクターも多いと聞きます。

運悪く外れてしまっても、その後店頭で見つかるかもしれません。

割高になりますが、オークションやAmazonで購入する手もあります。

ちなみに2018年のシーズンズランタンは、レモネード色の可愛らしいデザインになっています。

光量はノーススターと比べたら劣ってますが、ランタンの醸し出す雰囲気は抜群です。

オシャレなランタンが欲しい方におすすめです。

過去のシーズンズランタンが欲しい方は、割高ですがオークションなどをチェックすると、ちょこちょこと出品があります。

スペック

  • 明るさ:約190キャンドルパワー/約130W相当
  • 燃焼時間:約7時間~15時間
  • 本体サイズ:約17 x 17 x 31(h)cm
  • 重量:約1.4kg
  • 燃料タンク容量:約590cc

コールマン ランタン 200A

colemanlantarn6

出典:Amazon

コールマンのランタンと言ったら、赤色のランタンを思い浮かべる人もいるかと思います。

ヴィンテージランタン、オールドランタン、クラシックランタンなどと言われ、古くからキャンプやアウトドアで愛用されているランタンです。

現在は製造されていないので、購入する際はほとんど中古になってしまいます。

しかし、使い込まれたランタンには歴史が刻み込まれて味があるんです。

使い込まれているので1つ1つ癖があったり、キズがあったりしますが、そこが良いと思えるようになると玄人です。

初心者の方は、しっかりとメンテナンスされている200Aを店舗で購入することをおすすめします。

点火できないなど、トラブルがあった時に対応してもらえるからです。

どうしてもオークションで購入するなら、しっかりと点火できるかオーバーホールされているか等確認が必要です。

明るさは300キャンドルパワーあるので、メインランタンとして十分活躍してくれます。

まとめ

ランタンと言ったらコールマンのランタンを使わずして、キャンパーとは言えません(言いすぎですね(笑))

コールマンのガスランタンとガソリンランタンは、魅力的なものいっぱいです。

どちらも、とても明るくて雰囲気が抜群なんです。

いつものキャンプが、より一層楽しくなっちゃいます。

LEDランタンの青白い人工的な明るさは、確かに明るく足元を照らしてくれます。

しかし、せっかく自然に囲まれたキャンプ場に来たんですから、最高の雰囲気にしたくありませんか?

ガスランタンとガソリンランタンどちらが良いか・・・ハードルが低いのはガスランタンですよね。

ガスも明るくて使いやすいので、初心者には良いかもしれません。

でもいずれは、ガソリンランタンに移行してもらいたいです。

・・・なぜって??

だって、ガソリンランタンを使っている方がカッコいいじゃないですか。


人気ブログランキング

アイキャッチ画像 出典:コールマン

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-lighting
-, , ,

Top

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.