tabletopgrill

みんなで楽しくバーベキュー!おすすめ卓上グリル5選!!~1人寂しく肉焼き係にならない為に~

投稿日:2017年9月27日 更新日:

Pocket

最近、キャンプに行ってもバーベキューグリルは小さくても良いと思うんです。

何故か僕らのキャンプでは、お肉の周りには1~2人しかいないんです。

みんなキャンプでソワソワしているわけではなく、大きいテーブルの周りでマッタリとしているんです。

だからバーベキューグリルの周りには、お肉の味見係・・・いや、お肉を焼く係りがいるだけ。

それなら一層の事、大きなテーブルの上にバーベキューグリルを置いてしまった方が良いような気がします。

しかも、そんなに大きい物ではなくてもマッタリするなら、コンパクトの物でも良いんじゃないかと。

そういう訳で今回は、少人数キャンプにおすすめコンパクトな卓上グリルを紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

卓上グリル

コールマン コンロ クールステージテーブルトップグリル レッド

やっぱりキャンプと言ったらコールマンなんですよ。

コールマンのクールステージテーブルトリップは、焼面の大きさが22.5×34.5cmで3~4人で使うのにはピッタリな大きさなんです。

見た目も赤色のメッシュでとてもスタイリッシュ。

それだけではなく、通気性も良く燃焼効率が良いんです。

しかも折りたためば9.5cmの厚さになるので、持ち運びも楽々です。

スノーピーク(snow peak) IGTシステム BBQ BOX 焼武者

スノーピークのIGT(アイアングリルテーブル)にセットできるBBQグリルです。

脚が脱着式なので、IGTで使用の他、卓上でも使用する事ができます。

サイズは、250×360×190mmあり、3~4人の使用に適しています。

このBBQグリルの優れている所は、火床の高さをレバー1つで変えられるという事です。

火力が弱くなって来たら火床の高さを上げて、火力の調整が出来るんです。

値段は少し高いけど、ちょっと魅力的です。

ユニフレーム ユニセラTG-III

ユニフレームのユニセラTG-IIIは、本体の素材にステンレスとセラッミクを使用している卓上バーベキューグリルです。

ステンレスとセラッミクを使用しているので、耐久性に優れ、炭の燃焼効率も良いんです。

その上、遠赤外線で食材もふっくらと焼きあがります。

サイズは約315×250mmで、4~5人の使用に適しています。

優れているのは、V字形状の燃焼システム。

少ない炭で力強く燃焼します。

ドッペルギャンガー オヒトリサマバーベキューグリル

ドッペルギャンガーのバーベキューグリルは名前に『オヒトリサマ』と入っていますが、2~3でも使えると思うんです。

焼面は250×160mmと今まで紹介した物よりも一回り小さいですが、少人数のマッタリキャンプには十分だと思います。

とにかくセッティングが簡単なのが良いですよね。

カバンのような本体を開いて、網とトレイをセットするだけなんです。

持ち運びも、カバンのように閉じればA4サイズの大きさになり、重さも約1.8kgととてもコンパクトになり楽々出来ます。

こればあれば、どこでもバーベキューが出来そうです。

ロゴス(LOGOS) ROSY 卓上ステングリル

ロゴスの卓上ステングリルは、なんと焼き鳥が焼けちゃうんです。

串焼き用の専用ラックをセットすれば、焼き鳥や串焼きを焼くことが出来ます。

いつもと違って、串をクルクルするイベントが増え、マンネリ化したバーベキューが一味変わって盛り上がること間違いなしです。

焼き網の大きさは約21×13cmと少し小さ目ですが、ちょっとしたバーベキューには大活躍しそうです。

収納時は脚を折りたたんでコンパクトにできますが、本体はそのまま。

約10cmの高さがありますが、車での持ち運びには気にならない大きさだと思います。

まとめ

僕がおすすめする卓上グリルは、どれも一流アウトドアブランドの物です。

だから、品質も良く安心して使うことが出来ます。

キャンプでバーベキューをする際に、みんなと離れてお肉を焼くのはちょっと寂しいです。

そんな時には、みんなで一緒にお肉が焼けるように卓上グリルを使ってみませんか?

小さいながら、みんなでワイワイとバーベキューが出来るので楽しく盛り上がります。

少人数やソロ、そしてバーベキュー以外にも色々料理をする方におすすめです。

こんなBBQグリルも良いかもしれません。

アイキャッチ画像 出典:ドッペルギャンガー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-kitchen

Top

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.