アイキャッチ

TECH

JBL CHARGE5をレビュー!JBLのFlIP5や前モデルのCHARGE4と機能や音質を比較してみた!気になる重低音はどんな感じ?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

数年前にJBLのCHARGE3を買って以来、いくつもBluetoothスピーカーを買ってきました。

CHARGE3は当初2万円以上したんですが、それを比較的安く購入する事が出来たので、その音質はどんなものか確認するつもりでした。

その後FLIP4と聞き比べをしてみたりしましたが、CHARGEシリーズには CHARGEシリーズで良いところ、FLIPシリーズにはFLIPシリーズで良いところがあるのが分かりました。

多分僕の用途では、音楽を気軽に楽しく聴きたいので、FLIPシリーズがあっているんだと思います。

でもCHARGEのズシンと響く重低音も魅力的です。

映画を観るとき、爆発音やヘリコプターの音など分かりやすい音以外にも、様々な所でイチイチ感動するような音を鳴らしてくれました。

そんなCHARGEシリーズも、CHARGE4を経てCHARGE5が発売されました。

発売前から予約をして、何気に楽しみにしていたのですが、細かな機能や性能に付いてはあまり確認していませんでした。

そこで今回はJBLのCHARGE5の機能や性能をチェックしつつ、お手頃価格になっているFLIP5や前モデルのCHARGE4と比較したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

JBLのCHARGE5をレビュー!

JBL CHARGE5の価格

全体

今回のJBL CHARGE5を楽しみにしていて、ビックカメラで予約していたんです。

ビックカメラでの価格は16280円(税込)と、以前よりは安くなっていると思いますが、それでも躊躇しちゃう金額。

しかしAmazonでみると、14800円(税込)と大分お安い感じなんです。

なんでこれをチェックしないでビックカメラで買ってしまったのかと、ちょっと後悔もあります(笑)

でも14,800円(税込)と考えると、FLIP5の約9700円(税込)と比べると、めちゃくちゃ価格差があるようには感じないのが不思議です。(2021.5.23現在)

そんな事で、FLIP5を買うならもうちょっと頑張ってCHARGE5を買っちゃおうかなとか、既にFLIP5を持っていてCHARGE5とステレオモードで使いたいななんて考えている人もいると思います。

ちなみに前モデルのCHARGE4は、Amazonでの価格は11.500円(税込)になっているので、新機種との価格差は3千円とあまり大きく開いていません。

これだったら、新しいCHARGE5を買いたくなっちゃいますよね。

CHARGE5のサイズ

サイズ

JBLのCHARGEシリーズは、アウトドアに持ち出せるFLIPシリーズに比べて大きなサイズになっています。

屋外に持ち出したり室内を移動する事を本来は想定していると思いますが、それを想定していないんじゃないかと思わせるデザインと大きさで、223×94×96.5(h)mmとなっています。

FLIP5は、500mlのペットボトルぐらいの太さで、サイズは181×74×69(h)mmです。

実際に並べておいてみると、サイズ感の違いはあからさまで、CHARGE5が大きくてズッシリとした感じが伝わってきます。

サイズが大きい分、もちろん重量もFLIP5よりもあり、CHARGE5は約960gと1kgに迫る感じですが、FLIP5は約540gと約6割程度の重さになっています。

比較するとかなり重たく見えますが、それでもたった1kgと考えたら軽いような気もしませんか?

CHARGE5が1kgなら、部屋の移動もキャンプなどの屋外にも気軽に持っていけそうな感じです。

しかし、これが持っていると意外に重たいんです。

持ち運び出来ないという事ではないのですが、FLIP5とどちらを屋外に持って行くかと聞かれたら、やっぱり軽量なFLIP5を選ぶと思います。

サイズCHARGE4と

ちなみに前モデルのCHARGE4は、サイズが 220×95×93(h)mmとわずかに小さく、重量は約965gと5gだけ重たくなっています。

商品名サイズ重量
FLIP5181×74×69(h)mm約540g
CHARGE4220×95×93(h)mm約965g
CHARGE5223×94×96.5(h)mm約960g

スピーカーユニット

パッシブラジエーター

JBLのCHARGE5は、52×70mm径のウーファー1基、20mm径のツイーター1基、パッシブラジエーター2基を搭載した2ウェイ・スピーカー構成を採用しています。

この構成は、上位機種の「XTREME3」に近く、本格的なスピーカー構成になっています。

という事は、前モデルのCHARGE4では、このような構成にはなっていないんです。

CHARGE4では、20×90mmの大口径のドライバーが1基で、2ウェイの構成にはなっていません。

FLIP5でも同様に、44×80mmの大きな楕円形のドライバー1基となっています。

CHARGE5はこのスピーカー構成により、ダイナミックで明瞭度の高い高音域と、質量と奥行きのある低音の再生を可能にしているんです。

バッテリー持続時間

背面端子

CHARGE5は、7,500mAh/27Whの大容量のバッテリーを搭載し、最大約20時間の再生を可能にしています。

これは前モデルのCHARGE4も同じで、バッテリー容量も最大約20時間の連続再生が可能な事も同じになっています。

また音楽の再生だけでなく、モバイルバッテリーとして使えるようになっているので、緊急時や何かあった時など役に立ちそうです。

ちなみに充電に使うUSB-Cの端子は、防水対応になっています。

端子部分FLIP5

FLIP5でもUSB-Cの端子が防水対応になっていて、今まで防水カバーに覆われていたのが剥き出しになっていました。

同じようにCHARGE5になって、USB-Cの端子には防水カバーがなくなっています。

この防水性能に加えて、CHARGE5では防塵にも対応したIP67を採用しているので、アウトドアに持ち出しても安心して使えるようになっています。

一方FLIP5は、4800mAh/17.28Whのバッテリーを搭載し、最大約12時間の連続再生が可能になっています。

バッテリー容量に大きな差があるので、CHARGE5の方がFLIP5よりも長時間使えます。

FLIP5は、IPX7の防水性能に対応しているので、キャンプやアウトドアに持ち出したくなりますよね。

端子CHARGE4

前モデルのCHARGE4では、端子は防水対応にはなっていませんが、FLIP5と同じくIPX7の防水性能に対応しています。

どのモデルもキャンプなどのアウトドアに持って行っても、安心して使うことができそうです。

外観

ロゴとインジケーター

外観でCHARGE4から特に変わったのが、JBLのロゴだと思います。

以前は控えめな赤色のスクエアの中にJBLと描かれたロゴでしたが、CHARGE5になってJBLをアピールするが如く大きなロゴに変わりました。

JBLのロゴのエッジ部分に、JBLのブランドカラーのオレンジを配色してあるです。

また素材にはメタル素材を使用しているので、洗練された上質感も演出しています。

でもこれは正直、賛否両論あると思います。

ロゴCHARGE4

JBLを前面に出し過ぎてダサいと感じる方もいると思うし、JBLが好きな方は大きな方が良いと感じる人もいると思います。

大きなJBLのロゴの下には、バッテリーインジケーターが配置されています。

インジケーターが前面にあることで、バッテリー残量を視認しやすくなったと思います。

FLIP5ではCHARGE5と同じようなバーの形状のインジケーターが背面の充電端子付近にあり、本体を動かさないと確認できないので、その点不便かなと思います。

インジゲーターCHARGE4

CHARGE4では前面の下部に5つのLED配置されていて、バッテリーは視認しやすいですが、CHARGE5と比較するとちょっとLEDが小さいかなと言う感じもあります。

視認性の良さなら、CHARGE5が一番分かりやすいと思います。

底

あと底面の滑り止めが、CHARGE5ではデザインが変わっています。

滑り止めが、斜線状に配置されていて、ちょっとモダンな感じに見えます。

これは、JBLのCLIP4やGO3にも採用されていたので、比較的新しいデザインだと思います。

FLIP5には、底面という概念があまりないのか、滑り止めのようなものは付いていません。

台CHARGE4

CHARGE4では、滑り止めという感じより、「台座」と言う感じになっています。

音質

上から

新しく2ウェイ・スピーカー構成になったCHARGE5の音質は、どう変わったのか気になりますよね。

特に、前モデルのCHARGE4からどのように変わっているのか、聴き比べてみました。

その第一印象が、CHARGE5は、重低音がえげつないという事。

めちゃくちゃ重低音が、体を揺さぶってくるんです。

CHARGE4も重低音は凄かったんですが、それを超える振動が襲ってきます。

もちろん、CHARGE4も切れが良い重低音がなってくれるので、十分満足できると思います。

ファブリック

そして中高音域は、少しCHRAGE5の方がクリアで明瞭に聴こえました。

これは2ウェイ・スピーカー構成になってツイーターを搭載しているからというのも要因だと思いますが、しっかり輪郭がわかり聞き取りやすい音が聞こえました。

音に密度があり奥行きも感じることができたので、流石だなという感じがします。

ただ、CHARGE5でが凄すぎる重低音が中高音域を飲み込んでしまっているようにも聴こえます。

たまに聴き取りにくい時があったりしたのが、ちょっと残念なところでもありました。

次にJBLのFLIP5を聴き比べてみると、今度は中高音域は少しFLIP5の方が聞き取りやすかったです。

CHRAGE5もツイーターを搭載でクリアで明瞭だと思ったのですが、FLIP5は中高音域が突出しているために聞き取りやすかったんだと思います。

しかし、クリアで輪郭もはっきりとしているんですが、FLIP5はCHARGE5に比べて音の密密度が少なく聴こえました。

JBL CHRAGE5の方が、密度は濃く色々な音が聴こえたように思えました。

CHARGE4のときと同じで、低音域や重低音ではJBL CHRAGE5がずば抜けて迫力があり、重低音に定評があるFLIP5よりも更に上にいっています。

低音域の音の濃さもCHRAGE5が、濃密な感じがしました。

でも、どっちが楽しいかと聞かれたら、FLIP5の方が音が楽しく聴こえます。

JBLらしいパワフルなサウンドにボーカルの声が映えて、気楽に音楽を楽しめそうです。

CHRAGE5はずっしり腰を下ろして、真剣に音楽を聴きたいときに使うのが良さそうです。

JBL FLIP5との比較動画

JBL CHARGE4との比較動画

JBL CHARGE5 スペック

  • サイズ:223×94×96.5(h)mm
  • 重量:約960g
  • Bluetooth バージョン 5.1
  • 防水・防塵機能:IP67
  • 定格出力:30W
  • 連続再生時間:最大20時間
  • 充電時間:約4時間(5V/3A)
  • 使用ユニット:52×70mm径ウーファー×1、20mm径ツイーター×1、パッシブラジエーター×2

まとめ

JBLのCHARGE5は、2ウェイ・スピーカー構成になって、より本格的なサウンドを楽しめるようになっていると思います。

迫力の重低音も更に強調され、体の芯まで響いてくる感じです。

前モデルのCHARGE4よりも、中高音域のクリアさや音の密度なども向上していると思います。

しかし、ちょっと強めな重低音が中高音域を飲み込んでいるようにも感じました。

またFLIP5とは音の作りがちょっと違っていて、使用用途によって使い分けることができるんじゃないかなと思いました。

気楽に音楽を楽しめるのはFLIP5、じっくり聴きたいのはCHARGE5だと思います。

ただ音質の良さで言えばCHARGE5です。

特に今回は僕的には重低音が本当に響いてきて、それが凄いと感じたんです。

この重低音は、もしかしたら好き嫌いが別れるかもしれません。

その為、購入を検討している方は、一度試し聴きをするのをおすすめします。

もともとそんなに重低音が好きではないという方は、他の機種が良いと思います。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-TECH
-, ,

Copyright© sunset glow , 2021 AllRights Reserved.