並べて斜めから

値下がりしているからこそ買おう!JBLのBluetoothスピーカーCHARGE3とFLIP4を比較!~音質はどのように違う?どっちを買うべき?~

投稿日:

Pocket

今、安くなっているJBLのCHARGE3とFLIP4の両方を買ってみました。

初めは、今まで使っていたAnkerのSoundCoreからの買い替えのつもりで、CHARGE3を買ったんです。

買い替えと言っても、値段の差がかなりあり、音質的にもランクアップのつもりです。

購入前に、YouTubeで比較動画をたくさん見たのですが、僕が買えそうな値段のスピーカーの中でも、中々良い音質だったと思います。

その後、どうしてもFLIP4も気になっちゃったんです。

キャンプに行く事が多い僕は、CHARGE3を持っていこうと思っていました。

しかし、実物を見ると、思いの外大きかったんです。

キャンプには車で行くので、持っていけない大きさではないのですが、もう少しコンパクトで持ち運びしやすい方が良いわじゃないかと思ってしまったんです。

CHARGE3もFLIP4も、現在の価格はかなり安くなっています。

どちらを買おうか迷っている方の参考になればと、今更ながら比較したいと思います。

とは言え、音に素人な僕の主観なので、間違っていることもあると思いますが、大目にみて下さいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

JBL CHARGE3とFLIP4の比較

サイズの比較

並べて正面から

はじめにも書きましたが、JBLのCHARGE3のサイズは、キャンプに持っていくのには少しだけ大きいように感じました。

カタログスペックのサイズでは、88.5×213×87mmとなっています。

一方、FLIP4のサイズは、68×175×70mmとなっていて、CHARGE3と比較すると一回りコンパクトになっています。

CHARGE3は、言うならティッシュの箱ぐらいの存在感があります。

それでいて重さが800gあるので、ずっしりと重みを感じます。

FLIP4は、重さが515gなので、サイズ的にも500mlのペットボトルぐらいの感じです。

並べて置いてみると、その大きさの違いがわかるかも知れません。

並べて上から

上から見てみると、その違いは更にハッキリとわかります。

横幅の長さや奥行きが、たった数センチ違うだけで、見た目に大分差がありますよね。

3つ並べて上から

ついでに、AnkerのSoundCoreも一緒に並べてみると、大・中・小という感じになりました。

Sound CoreとFLIP4なら、比較的近いサイズ感で使えそうです。

バッテリーの比較

横並び

FLIP4を買う前に、少し躊躇したのがバッテリーの持ち時間です。

今まで使っていたAnkerのSoundCoreは、約24時間バッテリーの持ち時間がありました。

しかし、FLIP4では、再生時間が12時間と、約半分となっています。

ボリュームや再生内容によって変わってくるとは言え、比較すると残念な気がしてしまったんです。

キャンプ場

もしも、キャンプに持っていったなら、1泊2日でも、ずっと音楽を聴きながらという訳にはいかないと思います。(実際には再生しっ放しと言うことは無いと思いますが)

CHARGE3の再生時間は、約20時間と1泊2日のキャンプでも十分なバッテリー容量なんです。

最近のキャンプ場では、音楽自体禁止されているところが多いと思います。

音楽を聴くことができるキャンプ場でも、周囲に迷惑がかかるので、大音量で音楽を流す人はまずいないと思います。

ボリュームを小さくしてバッテリーの持ち時間を伸ばしたとしても、FLIP4の12時間は、少し物足りないと思ってしまうのは僕だけでしょうか?

操作感の比較

ボタン類

JBLのCHARGE3とFLIP4を、デーブルの上などに置いて使う場合は、CHARGE3の方が操作しやすいです。

それは、CHARGE3の電源ボタンやボリュームの調整ボタンが本体上部に付いているからです。

置いてあるスピーカーに手を伸ばし、指一本で操作する事ができます。

しかしFLIP4では、ボリュームの調整のボタンが、本体の背面側にあります。

電源ボタンは、更に下の方にあるので、操作する時には、指1本でという訳にはいきません。

片手で本体を持ち上げるか支えるかしないと、ボタン操作がしにくいんです。

テント内FLIP4

でもFLIP4は、床置きとしての使い方以外にも、S字フックなどに吊り下げて使う事が出来るんです。

例えば、キャンプに行った時なら、ランタンを吊り下げるランタンハンガーに紐を掛けて使えます。

それでも指1本という訳にはいきませんが、電源ボタンがあるどこにあろうと関係ないですもんね。

どっちにしろ、片手で支えて操作するようにはなりますが、背面側にボタンがあって押しづらいという事は無くなります。

置く以外の使い方が出来るのが、FLIP4の良い所だと思います。

音質の比較

音質

Bluetoothスピーカーの購入において、1番重視するのが音質だと思います。

僕もそれが気になって、購入前には比較動画を色々と見たつもりでした。

FLIP4とCHARGE3の比較動画を見た時、自分でもCHARGE3の方が音に深みがあって良いなと思いました。

動画のコメント欄も同様で、CHARGE3の方が音が良いという意見が多かったように思えました。

その結果、購入したのがCHARGE3だったのですが、そのあと買ったFLIP4と聴き比べした時に、比較動画で感じた事とちょっと違ったんです。

FLIP4単体では、高中音域がしっかりとしているように聞こえます。

低音もちゃんと出ているのですが、中音域が特にクリアに聞こえる感じです。

CHARGE3は、低音の響きが凄いです。

全体的にバランスが取れていて、音が豊かに聞こえるように感じました。

しかし、この2つのBluetoothスピーカーを比較しようと思い、ボーカルがあるJ-POPの曲を聴いてみたら、FLIP4の方が音がクリアに聞こえて、CHARGE3よりも印象が良かったんです。

比較動画で感じた事と、逆だったんです。

CHARGE3の方が、全体的に音が曇っているようでした。

音に素人な僕がそう感じたので、耳が良い方が聴いたら、更にそう感じると思います。

FLIP4では、中音域がクリアに聞こえるというのが影響しているんだと思います。

J-POPを聴くと、歌詞が聴きやすく曲がより明るい感じに聞き取れました。

逆に言えば、中高音域か強調されている分低音域が主張しなくなり、全体的に楽器の音が軽く聞こえる感じです。

CHARGE3の曇っているように感じたのは、中音域の歌詞が強調されず、他の楽器の音が聞こえる事による事だと思います。

チャージ3

CHARGE3のレビューに、JAZZを聴くと臨場感があるというのを見つけました。

そこでボーカルがないピアノJAZZを聴いてみました。

FLIP4では、高音域のピアノの音がクリアに聴こえます。

そして何より曲が明るく感じました。

CHARGE3では、より低音が聴こえて、その場にいるような豊かな音に聴こえました。

ピアノ以外の楽器の音もしっかりと聴こえている感じです。

縦置き

言うなら、FLIP4ではフィルターをかけた音をスピーカーから出している感じ、CHARGE3はその場にいるような臨場感を感じられました。

だからと言って、フィルターをかけたようなFLIP4が劣っているというわけでもなく、両者好みが分かれる感じがします。

もしかしたら聴く音楽によって、音質の好みが分かれるんじゃないかと思います。

J-POPは、自然に歌詞が頭に入ってきますよね。

その為、そこが聞こえにくくなってしまうと、全体的にぼやけてしまうと思うんです。
なので、J-POPを聴く人や野外で楽しく聴く場合ならFLIP4、JAZZや映画など臨場感がある方が良いならCHARGE3だと思いました。

実際、最近は家で映画を観るときには、CHARGE3を使うようにしています。

セリフは多少聞こえにくくなるような気もしますが、より迫力を感じることができるからです。

JBL CHARGE3とFLIP4 比較表

機種FLIP4CHARGE3
サイズ68×175×70(mm)88.5×213×87(mm)
重量515g800g
ユニット40mm×250mm×2
充電時間約3.5時間約4.5時間
再生時間約12時間約20時間
Bluetoothバージョン4.2バージョン4.1
防水性能IPX7IPX7

まとめ

JBLのCHARGE3とFLIP4の比較をしましたが、どっちも一長一短があると思います。

それぞれ単体で購入すれば、どちらもかなりの高音質である事に間違いありません。

大きさや重さを考えたら、持ち運びする事が多いなら、FLIP4がおすすめです。

そして、J-POPを聴くことが多い方もFLIP4がおすすめです。

素人な僕でも、歌詞が聴き取りやすく、明るい曲ならより楽しく感じられました。

楽器の迫力や臨場感を味わいたいなら、CHARGE3だと思います。

音の深みや広がりは、CHARGE3の方がありました。

しかし、持ち運ぶ時は少し大きいなと感じてしまうと思います。

音の好みや使用状況にもよりますが、それぞれ良い所があります。

今ならどちらも値段が安くなって、買いやすいと思います。

低価格で買える今こそ、チャンスかも知れません。

JBL CHARGE3の詳細レビューはこちらから。

FLIP4についてもっと知りたい方はこちらの記事を参考に!


人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-TECH
-,

Copyright© sunset glow , 2019 AllRights Reserved.