風に強いカセットコンロを防災グッズのリストに入れよう!屋外の使用は風に左右されないアウトドア仕様がおすすめ!

投稿日:

Pocket

台風や地震などの災害に襲われた時に、準備しておきたい防災グッズを考えた時に、カセットコンロってリストに入っていますか?

もし停電被害にあってしまったら、オール電化にした家では、何もする事が出来ません。

もちろんIHも使えなくなってしまいますよね。

そんな時に、普段から使っているカセットコンロが家にあれば、何かと便利です。

しかし家庭用のカセットコンロは、屋外で使用すると風の影響を受けて、使いづらくなってしまいます。

もし、家屋の倒壊や避難先など、屋外で使う事を想定したなら、もう少し頼りになるカセットコンロがおすすめです。

カセットコンロの中には、キャンプやアウトドアで使う事を想定し、風除けの為の風防を備えたものや、火力が強い物もあります。

もちろん、普段通りに家庭でも使う事ができるし、いつものカセットガスで使う事が出来ます。

ご家庭で使っているカセットコンロを、防災用に屋外に強いタイプに交換しておきませんか?

いざという時に役立ちます。

防災グッズに屋外やアウトドアで使えるカセットコンロを備えておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

防災グッズとして使えるカセットコンロのおすすめ機種

イワタニ カセットフー 風まる CB-KZ-1-A

風まる CB-KZ-1-Aの本体と専用ケース

出典:Amazon

イワタニのカセットフー 風まる CB-KZ-1-Aは、普段から家庭で使っているカセットコンロと、見た目は同じように見えませんか?

しかしこのカセットコンロは、バーナーの周囲が少し高めになっていて、これが風防の役割をします。

さらに本体の縁にも風防を巡らした「ダブル風防ユニット」になっているんです。

これなら、災害時に屋外で使ったとしても、十分な火力を得る事ができます。

熱量は3,000kal/hと高く、キャンプ用のコンロにも負けていません。

屋外では、どうしても風の影響を受け、火力が弱く感じてしまう事があります。

このイワタニ カセットフー 風まるなら、ダブル風防ユニットと高火力で、避難先でも屋外でも安心して使う事ができます。

そして持ち運びができるように、専用のキャリングケースが付属しているのも防災グッズにおすすめのポイントです。

家庭で使っているカセットコンロは、専用のケースはありませんよね。

それを持ち運ぶ時には、箱に入れてか、そのまま持ち出す事になります。

取っ手付きのケースのカセットフー風まるなら、持ち運びもしやすく便利だと思います。

カセットガスで家庭でも使えるイワタニのカセットフー 風まる CB-KZ-1-Aは、おすすです。

イワタニ カセットフー 風まる CB-KZ-1-A スペック

  • サイズ:幅359×奥行278×高さ115mm
  • 重量:2.2kg
  • 最大発熱量:3.5kw(3,000kcal/h)
  • 材質:本体:SPCC(冷延鋼鈑)+粉体塗装
  • キャリングケースサイズ:400×339×129mm

イワタニ カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41

カセットフー BO(ボー) EX CB-AH-41本体とケース

出典:Amazon

イワタニ カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41は、高火力が魅力的なカセットコンです。

火力は3,500kcal/hもあるので、お湯を沸かす時も、素早く沸騰します。

バーナーの周囲と本体と周りに風防が付いている(ダブル風防)ので、屋外での使用に強くなっています。

そしてトッププレートに高性能プレコートフッ素鋼板を採用しているので、汚れの拭き取りも簡単にできて手入れしやすくなっています。

家庭での使用でも汚れてしまうのに、非常時に屋外で使用すれば、必ず汚れてしまいますよね。

そんな時、簡単に手入れができるのは助かりますよね。

イワタニのカセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41も、持ち運びに便利な専用キャリングケースが付属しています。

災害時やアウトドアなどの屋外で使用する時に、持ち運びしやすくていいですよね。

いざという時、サッとケースを持って運ぶ事が出来るのも、防災グッズとしておすすめできる理由の1つです。

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX CB-AH-41 スペック

  • サイズ:幅337×奥行302×高さ93mm
  • 本体重量:約1.9kg
  • 最大発熱量:4.1kw(3,500kcal/h)
  • 素材・材質:本体/アルミニウム
  • 素材・材質:トッププレート/プレコートフッ素鋼板

イワタニ カセットフー アウトドアこんろ タフまる CB-ODX-1

バーナーから火がでてるアウトドアこんろ タフまる CB-ODX-1

出典:Amazon

イワタニ カセットフー アウトドアこんろ タフまる CB-ODX-1は、アウトドアで使う事を考えてて作られたカセットコンロです。

その為、とても丈夫な作りをしているんです。

アウトドアで使用するダッチオーブン(鋳鉄製のお鍋)を載せて調理する事も出来るんです。

そんなタフまるの耐荷重は約20kg、ちょっ大きめだったり重たいお鍋を使う事ができます。

そしてアウトドアに特化したバーナーも魅力的なんです。

家庭用のカセットコンロのバーナーと違い、火口の穴がたくさんある多孔式バーナーを採用しています。

これにより炎の脚が短く、風に流されにくいバーナーになっています。

そしてダブル風防ユニットを搭載しているので、より一層風に強い作りになっているカセットコンロなんです。

最大発熱量は2.800kcal/hと、上記の2機種より低くなっていますが、それでも十分な火力はあると思います。

専用キャリングケースに入れて、屋外に持ち出しやすいのも良いですよね。

見た目もカッコ良くてオシャレ。

とにかく屋外に強く頑丈な作りのカセットコンロを防災グッズとして備えておきたい方におすすめです。

もちろんアウトドアに特化しているので、キャンプにも使えるのが良いですよね。

アウトドアこんろ タフまる CB-ODX-1 スペック

  • サイズ:幅341×奥行283×高さ129mm
  • 重量:約2.4kg
  • 最大発熱量:3.3kW (2,800kcal/h)
  • 材質・本体: 鋼板
  • 材質・トッププレート:ホーロー用鋼板
  • 耐荷重:20kg

p>

イワタニ カセットフー マーベラスⅡ CB-MVS-2

使用時のマーベラスII CB-MVS-2

出典:Amazon

見た目重視なら、イワタニのカセットフー マーベラスⅡがおすすめです。

キャンプをする人にとても人気があるカセットコンロで、とにかく見た目がオシャレなんです。

それでいてしっかりとした機能も備えています。

最大発熱量は3.000kcal/hあり、キャンプや屋外の使用でも、素早く調理する事が可能です。

バーナーは風に強い、多孔式のバーナーを採用しています。

282個の炎口から出る炎は、屋外でも安定した火力で使えるのが特徴です。

本体のバーナーの周囲は、少し高めになっていて風防の役割を果たします。

さらに本体のフタ部分も、背の高い風防として使う事ができます。

フタ部分は、開けた時に倒れてこないように支えが付いています。

その為、強風に煽られてフタが閉じてしまう事もないので、安心して使えますね。

フタ部分は、必要に応じて取り外すことができるので、風のない日は食卓でコンロを囲うこともできます。

そしてフタを閉じれば、取っ手が付いているのでそのまま持ち運ぶ事ができます。

収納ケースに入れる手間がない分、設置や片付けが早く出来ます。

また、フタ閉じた状態で縦に置く事ができます。

収納時は場所を取らずに済むのも良いですよね。

値段は少し高めですが、防災グッズとしてもキャンプ道具としても使うことの出来る、オシャレなカセットコンロもおすすめです。

イワタニ カセットフー マーベラスⅡ CB-MVS-2 スペック

  • サイズ・使用時:幅380×奥行329×高さ324mm
  • サイズ・収納時:幅380×奥行329×高さ110mm
  • 重量:約2.8kg
  • 最大発熱量:3.5kW (3,000kcal/h)
  • 材質・本体:鋼板 (粉体塗装)
  • 材質・トッププレート:鋼板 (耐熱塗装)

まとめ

防災グッズとしてカセットコンロは必須です。

どの家庭でもカセットコンロはあると思いますが、もし屋外の使用を念頭においておくなら、風に強く火力がある物がおすすめです。

少しでも風が強いと、家庭用のカセットコンロは炎が流れて使い物にならないかもしれません。

安定した火力で緊急時を乗り越えたいなら、アウトドアでも使えるカセットコンロの方が良さそうです。

比較的入手しやすいカセットガスを燃料にするカセットコンロは、災害時に重宝するはずです。

風に強いカセットコンロと共にカセットガスも備えておく事をおすすめします。

停電時にはポータブル電源があると便利です。

防災グッズとして1つは備えておきましょう。


人気ブログランキング

アイキャッチ画像 出典:Amazon

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-防災グッズ
-,

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.