発売直前!!話題の次世代ゲーム機、任天堂Switchの気になる魅力!~あなたは買うの?~

投稿日:2017年2月2日 更新日:

Pocket

Wii Uが、日本国内での生産をすべて終了しました。

Wii Uでいっぱい楽しんだ人、全く触らなかった人、それぞれ思う所はあると思いますが、ついに世代交代の時がやってきました。

任天堂から、遂に期待の新作ゲーム機登場です!

話題の次世代ゲーム機【任天堂switch】の溢れる魅力について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

任天堂 Switch コンセプト映像

任天堂switchの魅力

Switch1

出典:Nintendo

任天堂switchは携帯ゲーム機と据置型ゲーム機の2つの性質を併せ持った次世代型のゲーム機なんです!

●【TVモード】TVに繋いで大画面でプレイできる

●【テーブルモード】場所を選ばずTVの無い場所でも複数でのプレイができる

●【携帯モード】ポータルゲーム機の様に持ち歩いて、いつでも遊べる

といった3つの遊び方を楽しむ事ができます。

TVモード

Switch2

出典:Nintendo

大画面テレビにつないで、子どもから大人までみんなで一緒に楽しめるので、友だち同士の集まりやホームパーティなどワイワイ盛り上がるのに最適です

テーブルモード

Switch3

出典:Nintendo

本体裏側のスタンドを立てれば、テレビのない場所でも1つの画面をシェアして、プレイできます。

付属の左右一対のコントローラー 「Joy-Con(ジョイコン)」で、すぐにプレイ開始。

対戦や協力プレイで盛り上がることが出来ます。

携帯モード

Switch4

出典:Nintendo

携帯ゲーム機のように両手で持った大画面は、テレビと同じゲームが楽しめます。

携帯ゲームの常識を超えた体験をすることが、いつでもどこでもできます。

据置型のようなハイエンドなゲームでも持ち運んで遊ぶ事が出来てしまうんです。

 

任天堂switchは大きく見ると、ドックと、持ち運び可能な本体の二つに分けられます。

ドックに本体を差込むことで、TVに繋いでゲームをプレイする事が可能になります。

また、ドックに挿し込むことで、本体の充電と言う要素も兼ね備えています。

本体には、衝立も内蔵しているので、これを広げるとTVの無い場所でも、手軽にデスク上などで複数でプレイを楽しむ事が出来ますね。

ちなみに、NEW3DSで登場したアミーボの機能も使用可能です。

Nintendo Switch プレイスタイル紹介映像

任天堂switchのコントローラー~JOYCON〈ジョイコン〉~の機能

Switch5

出典:Nintendo

注目したいのが【コントローラー】です!。

スイッチ専用のコントローラーを『JOYCON〈ジョイコン〉』といいます。

充電時間は3時間30分。

バッテリー持続時間は20時間です。使用方法によって前後はある様ですが、なかなか持ちが良さそうですね。

重さは左49g、右52.1gとなっています。

左右でボタンの差があるので、重さに差が出る様です。

どちらにしてもとても軽いので、使っていて手が疲れる事も無さそうですね。

Switch8

出典:Nintendo

そして、このコントローラーはなんと、液晶画面の本体から取り外す事ができるのです!画期的ですよね。

ドックに挿して使用する時には、ジョイグリップと言う付属品に装着することで、通常のコントローラーとして使用する事が可能なんです。

液晶画面の左右どちらにも付いているので、2つのコントローラーが付属している事になりますね。

●本体のサイドにジョイントしてポータブル機の様に使用

●付属のグリップに取り付けて通常のコントローラーの様に使用

●テーブルモードにして、ジョイコンだけを手に持って使用

●ジョイコンを横向きにして、1人に1つ持って、対戦プレイに使用

といった様に様々な使い方で楽しめるんです。

コントローラーにはアナログスティック、4つのメインボタン、LRボタンが付いています。

ちなみに、見た感じはwiiのコントローラーを小さくした様な形状ですね。

HD振動

HD振動搭載で従来よりもより繊細な振動を起こす事が可能なので、ゲーム内の動作による振動の変化で臨場感が一層深まります。

グラスにみたてた「Joy-Con」を動かすと、グラスの中の氷がカラン、カランとぶつかりあっています。1つ、2つ・・・その数さえもわかるほどにリアルな触感。それは、まるで実際にグラスを握っているかのような感覚。

HD振動はゲーム次第では、とても盛り上がりそうな気がします。

そして、ジャイロや加速度センサーで、動いた速度やコントローラーを動かした方向を検知して、物理的な動きをゲーム上で反映してくれます。

モーションIRカメラ

 

そして、注目したいのがモーションIRカメラです。

コントローラーの先端部に搭載されていて、かざした物の距離や手のひらの簡単な動き程度なら判別が可能。

この機能によってソフトの幅がとても広がりますね。

カラーバリエーション

Switch7

出典:Nintendo

カラーはグレー、ネオンブルー 、ネオンレッドの3色がありますが、「グレー2つと本体」「ネオンブルー&ネオンレッドと本体」といった形での販売になります。

欲しいコントローラーの色で購入時に選ぶ形になりますね。

発売後はおそらくカラーバリエーションも、もう少し豊富になるのでは無いかと予想しています。

First Look at Nintendo Switch

販売情報

どうでしょうか?次世代型ゲーム機【任天堂switch】詰め込まれた最新技術にワクワクが止まりません、発売が今から楽しみですね。

発売日は2017年3月3日、本体価格は29980円(税別)です。税込みの価格だと32378円ですね。

前作のwiiUのベーシックセットが25000円だったので、ほんの少し高めの設定ですね。

webや店頭での予約はもう、ほとんど終了してしまっている様です。

楽天やアマゾンでは割高ではありますが、予約を受け付けているところもある様です。

 

アイキャッチ画像 出典:Nintendo

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-Switch
-, , , , , , , , ,

Top

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.