アイキャッチ画像コンパクトな薪ストーブ

bonfire・stove

軽量コンパクトな薪ストーブはソロキャンプにおすすめ!秋冬キャンプで大活躍のソロキャンプ用の薪ストーブの選び方のポイントやメリット・デメリット

投稿日:

Pocket
LINEで送る

気温が低くて寒い秋冬のキャンプに、あるととっても心強い薪ストーブ。

どのアウトドア用ストーブより暖かくパワフルで、しかも調理にも使える優れもの。

焚き火でしか楽しめない炎の揺らぎをテントの中でも楽しめてしまうので、多くのキャンパーが愛用しているアイテムです。

コレを使っていると、ベテランキャンパーっぽくてカッコいいし、何よりオシャレですよね。

でも薪ストーブってかさばってしまったり面倒くさいイメージがあって、ソロキャンプには向いていないように考えてしまう人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな憧れの薪ストーブについて詳しく掘り下げながら、ソロキャンプ用の薪ストーブの選び方のポイントやメリット・デメリットなどを交えながら紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Contents

アウトドア(キャンプ)用薪ストーブとは

薪ストーブとは

出典:楽天

薪など木材を燃やし、その熱を使って空間を温める暖房器具のことを薪ストーブと言います。

キャンプなどのアウトドアで使用される薪ストーブは小型でコンパクトなものが主流で、テント内で使用するものは煙突がついており、それを窓や幕の下などから外に出して煙を排出します。

しかし基本的に、多くのテントメーカーでは薪ストーブなどの火を使った暖房器具の使用は推奨していません。

外に出す煙突とテントの布が接触していると変形したり燃えたりして、最悪の場合火災となりますし、煙突から出る火の粉もテント火災の原因となります。

換気を行わずにいると一酸化炭素中毒になる可能性もあります。

薪ストーブをテント内で使用する場合はあくまでも自己責任ということになります。

それでも導入する場合は、テントメーカーが推奨する対応した薪ストーブを使う、就寝時は消す、こまめな換気を行う、一酸化炭素の警報機を使用するなど対策を行ってください。

ソロキャンプにはむいていない?

ソロには

キャンプで使う薪ストーブは、煙突脚を含まず50×40×40㎝くらいのサイズが一般的。

燃料の薪を持ち運ぶ必要もあるので、運搬時に車内のスペースを占領してしまいます。

そんなことから、ソロキャンプにはあまり向いていないのでは・・・?なんて不安に思う人もいるかもしれません。

しかし最近の薪ストーブには小型で軽量なものや、ストーブの内部に煙突などのパーツを収納してコンパクトに持ち歩けるなど、様々な商品が出ています。

コンパクトであれば当然準備や使用後のお手入れも楽になると思います。

薪ストーブの選び方 5つのポイント

5つのポイント

出典:楽天

①素材で選ぶ

キャンプ用薪ストーブには、安くて頑丈で熱伝導率が高く更には遠赤外線で抜群の暖かさを持つ鉄製と、丈夫でさびにくくて腐食しにくいステンレス製があります。

②持ち運びやすさで選ぶ

いくらデザインが良くても、設置しにくかったり分解できなかったり、または重すぎたりするとソロキャンプで使用するには億劫になってしまいますよね。

1人で無理なく持ち運べる重さは12㎏前後までと覚えておくと良いと思います。

③必要な収納スペースで選ぶ

キャンプへ持ち運ぶ、または自宅での保管時、あまりに多くのスペースを占領するのもあまりおすすめできません。

パーツを分解してストーブ内に収められたり、専用のケースが付属していると便利です。

④煙突の有無・煙突の位置で選ぶ

テント内で使用したい場合、煙突は必須です。

また、テントのどこから煙突を出すかでもストーブの選び方は変わります。

薪ストーブの煙突がついている位置は、上部と横の2種類あります。

テントの煙突を出す位置により、使いやすいものを選ぶ必要があります。

⑤入れられる薪のサイズで選ぶ

市販されている薪のサイズは一般的に40㎝前後くらい。

あまりに小さな薪ストーブを購入してしまうと、購入した薪をそのまま炉にいれることができません。

できるだけ手間をかけたくない人は炉に入れられる薪のサイズもチェックしておきましょう。

薪ストーブのメリット

メリット

出典:楽天

①癒し効果抜群

焚き火を眺めていると、ホッとしてリラックスした気分になりませんか?

ゆらゆらと揺らめく炎を見ていると、心が落ち着きますよね。

薪ストーブの炎もまた、癒し効果抜群です。

寒い冬でも暖かくリラックスして過ごすことができるんです。

②抜群の暖かさ

薪ストーブは炉内で燃やされた薪の熱でストーブが温まることで、その周囲の空間を温める仕組みの暖房器具です。

ガスストーブや石油ストーブ、焚き火よりも、暖かさを感じることができると思います。

また、炉内の空気のコントロールもしやすいと言われています。

③調理にも使える

使用中の薪ストーブの上部は200度を超すことも。

その熱を利用して、調理を行ったり、水を入れたケトルを載せておけばいつでも温かいお湯を準備しておけます。

寒い時期のキャンプだからこそ、お湯は貴重なもの。

温かいお茶やコーヒーを飲んだり、洗いものに使用するのもおすすめです。

就寝時の湯たんぽもすぐに準備できます。

④汚れにくくニオイがひかえめ

焚き火って楽しいけれど、身体についた煙のニオイや煤や灰が気になりますよね。

薪ストーブの煙は離れたところに排気されるので汚れにくくニオイも控えめです。

薪ストーブのデメリット・注意点

デメリット

①火事や事故に注意

前述した通り、多くのテントは熱を放つ薪ストーブの使用を推奨していません。

テントは内部の暖かい空気を逃がさないような構造になっているので、換気せず薪ストーブなどを使い続けていると一酸化炭素中毒の危険があります。

一酸化炭素の濃度が上がった時にお知らせしてくれる警報機を使ったり、こまめな換気を行うなどをし、就寝時には薪ストーブを消すようにしましょう。

耐熱・耐火加工でないテントの場合、薪ストーブを使用していると変形したり、最悪火災になってしまうこともあります。

薪ストーブそのものの周囲には物を設置しない、煙突周辺の設置にも気を配りましょう。

ガス缶などが近くにあると爆発してしまう恐れもあります。

テント内での薪ストーブの使用はあくまでも自己責任です。

楽しいキャンプになるように、正しく安全に使用してください。

②消したら寒い

①にもある通り、薪ストーブを付けている間はとても暖かくすることができますが、消したら寒いです。

安全を考え就寝時には基本的に消すことになるので、暖かい防寒着や冬の寝袋、就寝時には湯たんぽを使用したりなど、薪ストーブ以外の防寒対策も忘れずに。

③ランニングコストと初期投資

薪ストーブに、丈夫なステンレス製やデザイン性の高いものを選ぶとどうしても本体価格が高くなります。

初期投資を抑えたい場合はちょっと気になってしまうポイントかもしれません。

しかし最近の人気に後押しされ、リーズナブルでお手頃価格な製品も登場してきました。

鉄製の薪ストーブであれば数千円で購入できるものもあるので、色々チェックしてみるがおすすめです。

薪ストーブに使う燃料である薪の価格も気になるところです。

薪は1束大体500~800円程度で売っています。

キャンプの泊数や人数にもよりますが、1回のキャンプで1000円~数千円の薪代がかかってしまいます。

薪代をケチって寒い思いをするのは辛いので、燃料はケチらず薪を使用しましょう。

接着剤など不純物が残っているかもしれない廃材や紙を燃やすのは、薪ストーブを傷めたり有毒ガスが発生することがあるので注意が必要です。

④手間がかかる

まずは薪ストーブをインストールするテントに、煙突を出す場所を検討しなければなりません。

メーカーによっては、ダブルジップで煙突が出しやすくなっているテントもあれば、自分で煙突を出す穴を作ったりする必要があるテントもあります。

テントの形状と薪ストーブの煙突の位置によっては、テントに穴を開けなければならない場合もあります。

点火時は、石油ストーブなどに比べ時間がかかるし、初めての使ったときなど火を安定させるのにもコツがあり大変かもしれません。

そして薪ストーブは、やはりお手入れいらずというわけにはいきません。

使用するたびに煙突と本体の掃除とお手入れは必要だし、新品には長く使えるよう空焚きというメンテナンスを行います。

また、燃した薪の灰を掻き出したり、撤収時には簡単な掃除も必要となります。

チェックアウト時間や帰宅時間に合わせ、薪ストーブを冷ましおくことも大切です。

しかしながら手に入れたギアを大切に長く使いたいのであれば、薪ストーブに限らずどんなものでも掃除やメンテナンスは必要不可欠なものなので、仕方がないことですよね。

⑤スペースを占領する

薪ストーブ本体だけでなく燃料の薪も必要なので、持ち運ぶ際はどうしても車のスペースを占領しがちなのも薪ストーブの弱点です。

しかしソロキャンプなら、コンパクトなサイズの薪ストーブでも十分だと思います。

ソロキャンプにおすすめ薪ストーブ7選

テンマクデザイン ウッドストーブ【S】

テンマクデザイン

出典:楽天

テンマクデザインのウッドストーブSは、耐久性抜群の高品質ステンレス304製でとっても丈夫な薪ストーブです。

本体のガラス窓からは炎が眺められ、空気調整のしやすさもお墨付き。

本体の脚はワンタッチで開閉するので設置のしやすさもおすすめポイントです。

両脇には使いやすいバタフライ型ステンレス棚があり、料理の保温や焚火ツールを吊るしておくこともできます。

天板の丸蓋を外せば直火での料理も楽しめます。

テンマクデザイン ウッドストーブ【S】 仕様

  • 収納サイズ:(約)L:320×W:150×H:160mm
  • 組立サイズ:本体(約)L:508×W:459×H:1930mm、煙突直径∅53mm
  • 重量:(約)6.0kg
  • 素材:ステンレス304
  • 使用可能な薪の長さ:最長(約)30cm
  • 付属品:直煙突(∅53mm)×4、ダンパー付き煙突×1、スパークアレスター×1、ロストル×1、フタ用リフター×1

G-Stove(ジーストーブ)  Heat View 本体セット

ジーストーブ

出典:楽天

ジーストーブのHeat Viewは、ノルウェー発のアウトドア用ポータブルストーブです。

丈夫なステンレス製で、なんと1000度まで耐えることができる本格派です。

重厚感あるデザインでパワフルながらコンパクトなところも魅力のひとつ。

煙突パーツを分解し、すべてを本体内部に収納することができます。

扉には炎を眺められる耐熱ガラス窓があります。

鉄格子が2枚付属しており、2枚設置すると炉内でピザやトーストを焼いたりもできます。

G-Stove(ジーストーブ)  Heat View 本体セット 仕様

  • 収納サイズ:約H330×W220×L390mm
  • 組立サイズ:約H2400×W220×L390mm
  • 重量:約9.3kg
  • 素材:ステンレス
  • 付属品:延長煙突(約36.5cm)×6、煙突蓋×1、火格子×2、灰落とし用スクレーパー×1

テンティピ Tentipi エルドフェル ストーブ Eldfell Stove Pro9

テンティピ

出典:楽天

テンティピのエルドフェルストーブは、商品にはサイズ表記がありますが、本体は全て同じ製品で煙突の長さが異なります。

ティンティピテントを使っているなら、是非おすすめしたい本格派薪ストーブです。

「ジルコン」や「オニキス」と煙突径がポートとぴったり合うよう設計されており、テントを痛めないよう保護パーツも充実しています。

煙突部分などのパーツは本体に収納することが可能であり、専用のおしゃれな木製のケースが付属します。

テンティピ Tentipi エルドフェル ストーブ Eldfell Stove Pro9 仕様

  • サイズ:幅63cm×奥行き31cm×高さ37cm
  • 重量:14.9kg
  • 素材:ステンレススチール
  • 付属品:木製の収納Box、予備リベット、日本語レファレンスガイド

モキ製作所 俺のかまど MK-6K

モキ

出典:楽天

錆をあえて味と考えてみませんか?

モキ製作所の「俺のかまど」は、鋼板製の組み立て式羽釜付き薪ストーブです。

暖を取るのにも適していますが、調理にも特化したタイプで、付属した羽釜であつあつのご飯を焚けるんです。

外せる天板構造も特徴のひとつとなっていて、焼き鳥やバーベキューなど様々な直火料理にチャレンジすることができます。

モキ製作所 俺のかまど MK-6K 仕様

  • サイズ:幅19×奥行32.8×高さ26.7㎝
  • 重量:6.6㎏
  • 素材:本体 鋼板、羽釜 アルミ・木、煙突 ステンレス 100Φ×50cm
  • 付属品:羽釜セット・煙突・スパナ

オガワ ogawa ちびストーブ3

オガワ

出典:楽天

ちびストーブ3は、1914年創業の老舗ブランド「ogawa」が販売する、コンパクトサイズの薪ストーブです。

煙突や台座が分解可能で、本体にすべてのパーツを収納することができます。

本体、煙突パーツのほかに、持ち運びに便利なキャリーバッグや火バサミやロストル、中籠がついています。

この中籠に木炭を入れて本体の上にのせれば炭火焼きも楽しむことができます。

オガワ ogawa ちびストーブ3 仕様

  • 収納サイズ:幅38×奥行47㎝×高さ33㎝
  • 組立サイズ:幅28×奥行40×高さ150cm 
  • 重量:約5.2㎏
  • 素材:本体 鉄板0.6mm 、煙突 ステンレス 、脚 スチールΦ19(mm)
  • 付属品:煙突(3パーツ)、曲がり長、笠、中籠、火バサミ、ロストル、収納ケース

ホンマ製作所 時計2型薪ストーブ

ホンマ

出典:楽天

コロンとした素朴でレトロなフォルムが可愛い、ホンマ製作所の大人気薪ストーブステンレス時計1型よりさらに小さなサイズの鉄製薪ストーブです。

重さは5㎏をきり、コンパクトかつ軽量なところがソロキャンプにもおすすめなポイント。

手軽で性能も十分なのに値段もリーズナブルなので、初めての入門薪ストーブとしても良いと思います。

最大熱出量は3200kcalと火力も高く、暖房としても調理器具としても活躍するハズです。

ホンマ製作所 時計2型薪ストーブ 仕様

  • サイズ:幅35×奥行52×高さ34.5cm
  • 重量:約4.6kg
  • 素材:鉄
  • 使用可能な薪の長さ:45cm

Locomo ロコモ 薪ストーブ コンパクト

ロコモ

出典:楽天

ロコモの薪ストーブは、コンパクトなサイズでスペースをとらないんです。

天板が丸型にも四角型にも開くことができ、様々な料理を行うことが出来ます。

本体に各種煙突パーツ、本体に設置できる調理用の台(グリッド)と火かき棒、工具セットと専用キャリーバッグが付属。

他にも別売りで炭火焼き用のチャコールバスケット、薪ストーブの熱で効率よくお湯を沸かすウォータータンクを購入してカスタマイズすることができます。

また、この薪ストーブの最大の特徴は搭載された「2次燃焼機構」です。

燃焼によって発生した煙の中に含まれる不純物を再度燃焼して、煙をきれいにするという構造です。

煙突の煤の付着を防いだり、テントの穴あきを防ぐにも役立ちます。

Locomo ロコモ 薪ストーブ コンパクト 仕様

  • 収納サイズ:幅25×奥行38.5×高さ25.5(cm)
  • 組立サイズ:幅36.5×奥行36.5×高さ37(cm)(脚含む/煙突含まず)
  • 重量:約11.5kg(付属品込)
  • 素材:本体・灰トレイ 鉄
  • 使用可能な薪の長さ:35cm以下
  • 付属品:煙突(325mm×8本継ぎ)、煙突固定リング(ペグダウンには麻ひも・針金などを別途ご用意ください)、グリッド(本体脇に設置できる調理用の台)×2、火かき棒、キャリーバック、工具セット

まとめ

石油ストーブ、ガスストーブとは比べ物にならないパワフルさで周囲の空気を暖める薪ストーブは寒い時期のキャンプの強い味方です。

煙突などの大きなパーツがあり、準備や扱いに手がかかってしまうので、ソロキャンプには向いていないというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、最近の薪ストーブはコンパクトで扱いやすいものが多くて軽量モデルも沢山あります。

分解することが可能で、小型であればその分手入れやメンテナンスもしやすいです。

暖をとりつつテント内で炎の揺らぐ姿を楽しみ、調理にも使用できます。

薪ストーブには鉄製とステンレス製があります。

どちらも丈夫な素材なのですが、鉄製は熱伝導率が高いので遠赤外線効果でより暖かく、値段も数千円からあるので敷居が低い傾向にあると思います。

でも、錆や腐食には弱いのでメンテナンスに気を付ける必要があります。

ステンレス製は鉄より丈夫で腐食や錆に強いです。

しかし値段が少々高くなります。

テント内での薪ストーブの使用は基本的に推奨していないメーカーが多いのですが、こまめな換気やしっかりとした設置、就寝時は火を消す、一酸化炭素警報機を設置するなど、しっかり対策をし気を付ければ使用することができます。

しかし使用はあくまでも自己責任です。

くれぐれも火事や事故に気を付けて使用してください。

 
人気ブログランキング

アイキャッチ画像出典:楽天

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-bonfire・stove
-,

Copyright© sunset glow , 2021 AllRights Reserved.