消防士がポータブル電源を持っている様子

災害時にはポータブル電源が役に立つ!防災グッズに今すぐ追加!~停電被害にもキャンプでも使えるオススメの機種~

投稿日:

Pocket

今回の台風で、地元の友達が停電被害にあって大変だったと連絡がありました。

オール電化の家では、やはり電気が止まってしまうと何も出来ないらしいです。

関東にいると、今まではそんなに台風や地震の被害にあう事がなかったので、その重要性についてあまり考えた事がなかったのですが、キャンプ道具ってやっぱり凄いんです。

「ロゴスの氷点下パックが大活躍だったよ!」

電気が無くても、ランタンがあれば日が暮れて暗くなった時も助かるし、冷蔵庫が止まってしまっても、保冷剤やクーラーボックスがあれば1日や2日は何とかなったと聞きました。

キャンプ好きな方は、キャンプ道具があるので、こんな時とても助かりますよね。

でも、これがあったらもっと助かると思うのが、ポータブル電源です。

浜松市では、市役所でスマートフォンを充電する場所を設置しました。

スマートフォンから得られる情報だったり、SNSは最早生活には欠かせないものですよね。

ポータブル電源があれば、混み合う場所に出かけなくても良く、いつでも必要な機器に充電する事ができます。

そしてスマートフォンに充電する事もできるし、テレビの電源にも使う事ができるので、災害時の情報収集に役立ちます。

もちろん、キャンプでもスマートフォンの充電や、プロジェクターなど使い道はたくさんあります。

キャンプでも使える防災グッズとして、ポータブル電源を1つ準備しておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

防災グッズにポータブル電源がおすすめ

suaoki ポータブル電源 S270

suaoki ポータブル電源 S270のセット内容

出典:Amazon

suaokiのポータブル電源は、値段が安く購入しやすいのでオススメです。

使えるのは電源は、ACコンセント2口、DCポート4口、USBポート4口(急速充電規格×1口、USB×3口)と、幅広く使う事が出来るので、スマートフォンはもちろん、家電やパソコンの周辺機器など使い道がたくさんあります。

suaoki ポータブル電源の電池容量

電池容量は、150Wh(3.7V 40500mAh/11.1V 13500mAh)となっています。

レビューによると、19インチの液晶テレビが5時間使用でき同時にスマートフォンも充電する事が出来たようです。

32インチのテレビだと4時間連続して観ることができたともありました。

ポータブル電源への充電は、家庭用のコンセントからと、車のシガーソケット、そして別売りのソーラーパネルを使用してソーラー充電する事ができます。

災害時には、ソーラーパネルを用意して置けば、電池切れを心配しなくて良いのでオススメです。

コンセントから充電する場合には、約7時間でフル充電する事ができます。

もし台風情報があるようなら、前もって充電しておく事ができますよね。

地震やその他の災害は、いつくるのかわかりませんが、普段から常に充電しておけばいざという時に使う事ができると思います。

suaokiのポータブル電源のサイズ

suaoki ポータブル電源 S270を手に持っている男性

出典:Amazon

suaokiのポータブル電源のサイズは、184×109.5×118.5mmで重量が1.3kgとなっています。

ポータブル電源は、少し大きいイメージがありますが、思いの外コンパクトで軽いので、持ち運びに便利で使いやすいと思います。

今のうちに防災グッズの1つとして、追加してみてはいかがですか?

suaoki ポータブル電源 スペック

  • サイズ:184.5×109.5×118.5 mm
  • 重量:1.3 kg
  • 容量:150Wh (3.7V 40500mAh/11.1V 13500mAh) 
  • 充電:ACアダプタ(15V2A)、カーチャージャー(12V)、ソーラーチャージャー(12-20V)
  • 出力:ACコンセント(2口):110V/60Hz 100W、DCポート(4口)、USB出力ポート(4口):急速充電規格QC3.0(1口)+USB(3口)
  • LEDライト機能付

iMuto M5 ポータブル電源

iMuto M5 ポータブル電源 外観

出典:Amazon

iMutoのポータブル電源は、50000mAhと大容量のバッテリーになっています。

Macbookに3〜4回、iPhone 7に約16回、iPad Proに約3回充電する事ができます。

出力ポート

iMuto M5 ポータブル電源 出力ポート一覧

出典:Amazon

使える電源は、DCポート×4、USBポート×3、急速充電対応のUSBポート×1となっています。

家庭用のACコンセントが対応していませんが、別売りのiMuto ACインバーター買うことによって、家電製品を使う事が出来るようになります。

最近では、USBポートから電源を取るものが増えてきているので、キャンプで使うなら、スマートフォンの充電など対応しますが、停電時はACコンセントも必要になるので、ACコンバーターも準備しておくと助かると思います。

充電

iMuto本体への充電は、ACコンセントからと車のシガーソケット、そして別売りのソーラーパネルを使用して太陽光から充電する事ができます。

満充電には、約6時間ぐらいかかるようです。

これは付属のACアダプタでも車のシガーソケットからでも変わりはないようです。

iMuto ポータブル電源のサイズ

iMuto M5 ポータブル電源を350ml缶と並べた様子

出典:Amazon

iMutoのポータブル電源のサイズは、100×100×121(h)mmととてもコンパクトになっています。

これだけコンパクトだと、場所も取らないし、持ち運ぶ時にも便利ですよね。

防災グッズとして、取り扱いのが魅力ですよね。

iMuto M5 ポータブル電源 スペック

  • サイズ:121×100×100mm
  • 重量:1450g
  • 容量:50000mAh/182WH 10.89V 16750mAh
  • 入力:DC12V~24V
  • 出力: DC×4、USB×3(5V/2.4A), USB×1(5V/3A, 9V/2A)
  • LEDライト付き

Webetop ポータブル電源

Webetop ポータブル電源の外観

出典:Amazon

Webetop(ウィービートップ)のポータブル電源は、変換器が無くてもACアダプタを使う事ができます。

防災グッズとして準備する時に、追加で変換器を購入しなくていいのが魅力です。

使用出来るのは、AC×1、DCポート×3、USBポート×3となっています。

これなら、家庭用電化製品やスマートフォン、タブレットなどに使う事が出来るので、災害時に助かりますよね。

そして、電池の残量をLED表示で確認できるのが嬉しいです。

大きめに表示された残量表示を、一目で確認する事が出来るのが助かります。

Webetop ポータブル電源の容量

Webetop ポータブル電源の使用できる容量

出典:Amazon

Webetopの容量は42000mAhあり、スマートフォンで19回、タブレットで約5回充電する事ができ、ノートPCで約3時間使用する事ができます。

レビューでは、ひざかけ毛布を使用した方がいらっしゃいましたが、かなり長い時間使う事ができたようです。

また、小型扇風機を2晩使用し、スマートフォンも3台充電、モバイルバッテリーやビデオカメラの充電をしても残量があったというレビューもあったので、災害時にはかなり活躍するのではないでしょうか。

Webetopへの充電

Webetopのポータブル電源への充電は、ACコンセントからと車のシガーソケット、そして別売りのソーラーパネルから充電する事ができます。

満充電までは、約7時間ぐらいかかるようです。

ソーラーパネルを用意してない場合には、常日頃から充電しておきたいですね。

Webetop ポータブル電源のサイズ

Webetop ポータブル電源のサイズが描かれた図

出典:Amazon

Webetopのポータブル電源のサイズは、19.5×9×17(h)cmです。

縦長のデザインをしているので、高さが他の機種より少しありますね。

重量は1.6kgと、このサイズでは標準的な重さになっています。

このぐらいのサイズならコンパクトなので、持ち運びにも便利で扱いやすいので防災グッズとして準備しておいて良いと思います。

Webetop ポータブル電源 スペック

  • サイズ:19.5×9×17(h)cm
  • 重量:1.6kg
  • 容量:42000mAh/155Wh
  • 充電方式:ACアダプター、カーチャージャー、シガーソケットアダプター
  • 出力:AC100W×1口、DC×3口、USB×3口
  • LEDライト付き

まとめ

少し前までは、ポータブル電源ってすごく高いイメージがありました。

今見てみると、意外に安くなっていてビックリしました。

いつ来るのか分からない災害の為に、ポータブル電源を準備しておくのって、少し勇気が必要ですが、いざその時が来たらとても助かります。

準備してなかった事に後悔さえするかもしれません。

キャンプなどのアウトドアを趣味にしている方は、防災グッズとしてもキャンプ場で快適に過ごす為にも使う事が出来るので、使用用途は広がりますよね。

防災グッズとして購入した後、何もしないで放置するのはバッテリーに良くないようなので、普段使い道がない方は、車載などしてスマートフォンの充電などをたまにしておいた方が良さそうです。

大地震では無くても、台風によって大規模な停電になる事もあります。

もしもの為に、ポータブル電源を準備しておけば、情報収集の為にテレビやラジオを使え、スマートフォンの充電もでき、そして生活にも役立ちます。

防災グッズの1つとして、用意しておいてはいかがですか?


人気ブログランキング

アイキャッチ画像 出典:Amazon

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-other, 防災グッズ
-,

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.