大人も子供もみんな大好き『パラッパラッパー』!20年ぶりにノリノリで楽しんじゃおう!

投稿日:2017年4月21日 更新日:

Pocket

1996年に初代プレイステーションのソフトとして発売されたパラッパラッパーが、ハードをPS4に移して発売されます。

音楽で楽しむゲームは今ではいろいろありますが、その先駆者ではないでしょうか。

一世風靡した当時プレイした人は、とても懐かしいはず。

プレイしたことのない方は、きっとその斬新なゲームスタイルにハマっちゃいますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パラッパラッパーはどんなゲーム?

リズムに合わせてボタンを押す。

出典:Amazon

そのボタンには、対応する言葉やフレーズが割り当てられ、同じボタンを何回も押すと同じ言葉が同じタイミングで繰り返され
DJになったような気分にもなります。

最初は手本通りに進めていきますが、一度すべてをクリアすると、同じ曲であっても、2周目からはゲームのキャラやお手本よりもリズムにノリノリで操作していくことで、自分のオリジナルのリズムになり、より高いスコアを目指すことができます。

ただ、ゆったりとした曲なのになぜかノるのが難しい曲があったり、評価が落ちると音楽のリズムを取るのにジャマな別のリズムが混ざったりしてなかなかやっかいです。

音楽のセンスの見せ所でしょう。

キャラクターデザイン

出典:Amazon

ゲームの内容もさることながら、真っ先に驚いたのはキャラクターデザイン。

ペラペラした平面のキャラはまるで紙のよう。

前か後ろしかデザインが描かれてないユニークさ。

ですが、音楽、キャラのインパクト任せではありません。

主人公のパラッパが、憧れのサニーちゃんに如何にして近づき、仲良くなって恋人同士になっていくか。

そのしっかりとした物語の進行を中心に、周りの人達とのラップ対決が展開されます。

言語

出典:Amazon

さて、ゲームの内容について書きましたが、求める人によってはゲーム以上の魅力があります。

それは言語です。

プレイの音楽のジャンルはラップがほとんど。

ですがプレイに入る前は、そのしっかりとした物語通りに進むドラマ仕立てのアニメーション。

しかも表示することができる字幕は日本語と英語を選ぶことができます。

ですがキャラクターたちがしゃべる言葉はすべてネィティブな英語。

しかも日本語の字幕にすると、しゃべり言葉が表示されるのです。

英語の授業では棒読みのカタカナ英語が多いと思います。

そして教科書には正しい意味での日本語訳が書かれてるはずです。

つまり、日本人が日本語を使って会話するときに、敬語や文末はですますの文章での会話しかできない という感じになるはずです。

友人同士で会話するときには、日本語にするとこんな感じになるけど、教科書通りにすると堅苦しくなって違和感がある なんてことがかなり多いはず。

たとえば no way という単語があります。

「いけない。ダメ」という意味ですが、友人同士での会話になるとnoの発音がかなり伸びたりしますし、その際の訳は「ぜーったいダメ!」みたいに和訳されます。

日常のカジュアルな会話を身につける教科書はほとんどありません。

ですが、そんな英語でのやり取りを身につけるには一番適した教科書ではないでしょうか。

出典:Amazon

海外の映画などは字幕もついて、そんな英会話ならそれで充分 と思う人もいるかもしれません。

ですが、アニメーションなので体の動きや表情がとてもわかりやすいうえ、好きなステージを選べて気に入ったフレーズをマネしながら、しゃべるリズムも身に着けられるのではないでしょうか?

ただの歌ならば、文法が短縮されたりすることもありますが、プレイ中の音楽パートばかりではなく、プレイが始まるまでの物語での会話のやりとりも、気に入ったのがあれば目と耳にすんなりはいっていくのではないでしょうか。

ラップやゲームソフトにとどまらないこのゲームは、20年以上経っても色あせません。

製品情報

  • パラッパラッパー
  • プラットフォーム: PlayStation®4
  • ジャンル:リズムアクション
  • 対象年齢:CERO A
  • 発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • 発売日:2017年4月20日

PS4版の『パラッパラッパー』、嬉しいことに値段がとても安いんです。

ちょっとした時に楽しめる、お手軽なゲームです。

 

アイキャッチ画像 出典:Amazon

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-PS4
-, , , , ,

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.