JOBSONアイキャッチ

Mac

JOBSONのノートパソコンスタンドをレビュー!M1チップMacBook Airで使うと見た目はほぼ純正でおしゃれ!気になるタイピングと使い勝手はどう?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

M1チップ搭載のMacBook Airの使い道は、基本的には文章を書く事。

カタカタとひたすらにキーボードを叩くという作業なのですが、ちょっと小指が使いにくいんです。

それはキーボードに角度がないから。

僕的には「P」や「-」がちょっと手こずる感じ。

それはiMacで使っているマジックキーボードも同じで、平なキーボードを使うとどうしても小指から距離がある場所のタイピングはやり難くなってしまうんです。

そこでMacBookやノートパソコンを使っている人に人気が高いのがノートパソコンスタンド。

姿勢をしっかり保つためのスタンドもありますが、それとは別でタイピングの補助的な役割をしてくれるスタンドがあります。

今回は、いくつかのパソコン用のスタンドの中でJOBSONのノートパソコンスタンドを購入したのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

JOBSONのノートパソコンスタンドをレビュー

ノートパソコンスタンド

ノートパソコンスタンドとは

ノートパソコンスタンドは、ノートパソコンの底面に取り付ける事によりキーボードに角度をつけタイピングしやすくするスタンドです。

以前レビューしたBoyataのノートパソコンスタンドは、ノートパソコン自体を上に持ち上げて、タイピングする姿勢を矯正するものでした。

モニターの位置が上に上がるので視線が上を向き、結果的に姿勢がよくなるんです。

それだとキーボードの位置も必然的に高い位置になってしまうので、そのままではタイピングしにくく、別途キーボードをBluetooth接続して使うなどの対策が必要でした。

しかもサイズは大きくて重量もあるので、それを持って外出するのはちょっと厳しい。

今回紹介するノートパソコンスタンドは、ノートパソコン本体の高さを変えるものではなく、角度をつけるだけのスタンドです。

Majextand

出典:Amazon(Majextand)

このようなノートパソコンに角度をつけるスタンドは、MajextandやMOFT、Blueloungeが有名だと思いますが、MajextandやMOFTではちょっと角度がつき過ぎちゃう気がします。

何よりスタンド自体がちょっと大き目で、貼り付けた時にノートパソコンの底面を大きく塞いでしまうのが排熱などを考えるとちょっと気になってしまいます。

Bluelounge

出典:楽天

今回紹介するJOBSONに1番近いのがBlueloungeのスタンドですが、この商品は前々から人気があるのは良いのですが、カラーがブラックなのでMacBookに貼り付けた時に色が違い過ぎて違和感がありそうな気がするんです。

今回僕が買ったM1チップのMacBookはスペースグレーなので、できればそれと同じようなカラーのもので、持ち運んでいる時に馴染んでいる感じに見えた方が良いなと思うんです。

そうなると選択肢は少なくなってしまうんですが、そんな僕の好みに合うノートパソコンスタンドがあったんです。

それがJOBSONのノートパソコンスタンドなんです。

JOBSONのノートパソコンスタンドのサイズ感

JOBSONサイズ感

出典:楽天

JOBSONのノートパソコンスタンドは、サイズが20×4.8×0.7cmと、コンパクトで細長い長方形をしています。

それをノートパソコンの底面に貼りつけても、隅の方にスタンドが付くだけなので、大きくて覆ってしまうようにはなりません。

裏側に貼り付け

ファンがないM1チップのMacBook Airでも、JOBSONののスタンドなら排熱対策にもなりそうなです。

JOBSONのノートパソコンスタンドは、使用時にはモニターの下が4cmほど持ち上がりキーボードに角度がつける事ができます。

多分このようなスタンドを使ったことがない方は、どのくらいの角度が使いやすいのか分からないと思います。

僕も同じで、急な角度が付くノートパソコンスタンドではちょっと不安もあったりしました。

それを考えるとJOBSONのノートパソコンスタンドは、12°という緩やかな角度なので、初心者の方でも安心して使う事ができると思います。

スタンドを折りたたんだ状態

またスタンドを立てなくても、JOBSONのノートパソコンスタンドが貼りつけてあれば、約1cmぐらい持ち上がるので、かなり緩やかですがキーボードに角度が付きます。

これなら角度を付けたキーボードが使いやすいのか疑問に思っている方でも、平なキーボードと同じような感じて使えるので、買って失敗したという事にはなり難いんじゃないかと思います。

素材

JOBSONのノートパソコンスタンドはアルミニウム合金製で、見た目にチープさは無く、むしろ高級感があり純正品だと思ってしまいそうです。

何より見た目がオシャレになるんです。

MacBook Airがアルミニウムなので、質感が違う素材のスタンドを貼り付けていると違和感を覚えてしまいます。

その点JOBSONのノートパソコンスタンドなら、同じ素材なので、凄くマッチしているんじゃないかと感じました。

さらにカラーですが、JOBSONのノートパソコンスタンドにはシルバーとブラックがあり、シルバーはMacBookのシルバーに近く、ブラックはMacBookのスペースグレーに近い色味なので、さらに違和感を覚えにくくなっていると思います。

僕が使っているM1チップのMacBook Airは、スペースグレーなので、JOBSONのノートパソコンスタンドはブラックを選び貼りつけてあります。

間近で見てみても違和感はなく、とても馴染んでいると思います。

取り付けが簡単

粘着素材

JOBSONのノートパソコンスタンドは、ノートパソコンに取り付けるのが簡単です。

スタンドの貼付け面に粘着性の素材があり、それをパソコンに合わせるように置くだけで貼り付いちゃうんです。

一度貼り付けてしまうと、もしノートパソコンを売りたくなった時に剥がれなかったら困ってしまいますよね。

しかし、JOBSONのノートパソコンスタンドはそんな心配をしなくても良いんです。

JOBSONのノートパソコンスタンドで使用されている粘着性の素材は、ハイテク吸着素材を採用しています。

粘着素材2

粘着力はかなり強力なので、ちょっと引っ張っただけでは剥がすことができません。

試しにやってみましたが、かなり力いっぱい引っ張ることで剥がすことができました。

もし、それでも剥がせないという方は、熱を加えることで剥がれやすくなるようなんです。

少し温めたりすれば、傷がつくことなくノートパソコンから剥がすことができるようです。

(パソコンの熱でも剥がれやすくなるようです)

そして剥がしたJOBSONのノートパソコンスタンドの粘着力が落ちてしまったら、水洗いすることで粘着が元通りになるんです。

粘着力が落ちないから何度も貼り直しができ、しかもノートパソコン本体には傷がつかないというのはかなりのメリットだと思います。

使い勝手

使い勝手

僕の場合は、基本的にMacBook AirにJOBSONのノートパソコンスタンドを貼り付けたままです。

MacBook Airを持ち運んだりする時には折りたたんでいるので、全くといっていいほど気になりません。

それは、JOBSONのノートパソコンスタンド自体がコンパクトなサイズになっていて、MacBookAirの底を全くといって良いほど覆うことはないので嫌な存在感を出さないんです。

やっぱり素材が違ったり、色が大きく違うものって違和感がありますよね。

人気の高いスタンドでも底面を大きく覆っていたり、MacBookと大きく色が違っていては、使い勝手が良くても見た目がよろしくありません。

その点JOBSONのノートパソコンスタンドは、素材はアルミニウムでMacBook Airに近いし、色もシルバーとスペースグレーならかなり近い色があります。

見た目はほとんど純正品なのかなと勘違いしちゃうほど、マッチしておしゃれなんです。

キャンプ場で

使い勝手はというと、スタンドを出した時または折りたたんだ時にちょっと慎重に手を動かさないと、パチンっと本体にぶつかってしまうことがあります。

これでMacBookAirが壊れるとかは無いと思いますが、思っている以上に大きな音がしちゃうんです。

スタンドを広げる時には、指が滑って元に戻ってしまう時にこの音が鳴ってしまうし、収納する時には最後まで手を離さないようにしないと、勢いよく折りたたまれてバチンっと鳴ってしまいます。

JOBSONのノートパソコンスタンドを広げてデスクの上にMacBook Airを置く時は、意外に大丈夫で折りたたまれちゃうことはありませんでした。

また、パソコンの位置を動かしてみても、それで折りたたまれるようなことは1度もなかったので、設置してしまえば安定感はあるようです。

タイピング

そして気になるタイピングですが、これもかなりやりやすくなりました。

今までは、平らなマジックキーボードを使っていたので、どうしても小指を伸ばした先が打ちにくく手首をスナップするようにしていたのですが、そのスナップの振り幅が少なくて済むようになったんです。

キーの「−」とかも、ちょっと動作が大きくなっていたものが、多少自然にできる感じです。

これならもう少し角度があっても良いかななんて、当初の不安もなくなりました。

姿勢については、商品ページに肩や腰の負担を軽減すると姿勢が良くなるように書かれていますが、それについては効果はないような気がします。

ノートパソコンを使う時ってモニターに目線が行くので、スタンドを立てて4cmほど高くなったところで、目線は下に向いたままなんです。

なので、自分で意識しないと背中は丸まったままだし、首は前傾になったままだと思います。

それでもキーボードを打ちやすくなっていることで、多少は改善されているかも知れませんが、大きく期待しないようにした方がよさそうです。

シリコンパッド

シリコンパッド

JOBSONのノートパソコンスタンドには、シリコンパッドが1枚付属しています。

それを、ノートパソコンの前側に貼り付けておくと、滑りにくくなり安定するようです。

しかしこれを貼ることで、せっかくのスタイリッシュでおしゃれな純正品のようなデザインが大きく崩れてしまうと思います。

なるべくなら貼りたくはありませんが、仕方なさそうです。

口コミに、2つに切り分けて前面の左右に貼り付けているという書き込みがありました。

シリコンパッド2

僕もそれを真似して、切り分けたのですが、MacBook Airの脚部に貼り付けていたらら、直ぐに剥がれてしまいました。

貼り付ける場所が間違っていたようです。

そして2つに分けることで、更に見た目が悪くなってしまったように思えます。

結局は、前面中央にまとめて貼り直しましたが、一度切ってしまってあるので、それも見た目が悪いです。

できれば、このシリコンパッドだけでも購入することができれば助かります。

JOBSON ノートパソコンスタンド スペック

  • 本体サイズ:約20(H)x4.8(W)x0.7(D)cm
  • 重量:約107g
  • 素材:ハイテク吸着素材、アルミニウム合金素材
  • カラー:ブラック/シルバー

まとめ

M1チップのMacBook Airに、JOBSONのノートパソコンスタンドを取り付けてみました。

JOBSONのノートパソコンスタンドはアルミニウム製で色もMacBookに近いので、高級感があり純正品のようなオシャレな見た目になりました。

また、使い勝手もよく、スタンドを立てるのも収納するのも全く手間になりません。

ただ、勢いよくしてしまうとバチンと音が鳴ってしまうのが、ちょっと難点ではあります。

JOBSONのノートパソコンスタンドを取り付けた時のタイピングはかなり打ちやすくなり、手首への負担は大幅に減少していると感じます。

角度がない平らなキーボードをタイピングすると、個人的には小指が使いにくかったです。

それが改善され、キーが近くなったような感じで、楽に届くんです。

これならMacBookを買ったら、ノートパソコンスタンドは必須と言っていいと思います。

それくらい僕は使いやすくなったと思います。

しかも値段が高くないので、コスパにも優れています。

MacBook Airやノートパソコンを購入したら、是非とも買っておきたい周辺機器の1つだと思います。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-Mac
-, ,

Copyright© sunset glow , 2021 AllRights Reserved.