限定版GoPro

今がチャンス!限定版 GoPro HERO7 Black リミテッドエディション!ダスクホワイトのGoProを手に入れよう!~ハイスペックな機能紹介と撮影動画~

投稿日:

Pocket

日本人って「限定版」って言葉に弱いとされていますよね。

何かあれば限定版のアイテムに飛びついてしまいませんか?

僕も、もちろん「限定版」には弱いのですが、「限定版」を手に入れるにはやっぱり資金力が必要になってしまいます。

歳をとれば、そんな問題もいつの間にか解決すると思っていましたが、そんな事ありませんでした。

最近よく使っているアクションカメラGoProにも、限定版があるんです。

限定版のGoPro HERO7 Black リミテッドエディションって、何が違うかって言ったら、色が違うんです。

GoPro HERO7 Blackといいながら、ダスクホワイトという白っぽいカラーになっているんです。

パッと見、GoPro HERO7 Whiteにも見えちゃいますが、正面に液晶が付いているので違いが分かります。

今回は、GoPro HERO7 Black リミテッドエディションの紹介と、僕が今まで使った事を踏まえて、改めてGoProの魅力を紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

限定版 GoPro HERO7 Black リミテッドエディション ダスクホワイト

リミテッドエディション本体

出典:楽天

限定版では無い通常のGoPro HERO7 Blackは、もちろん知っての通りブラックカラーですよね。

限定版のGoPro HERO7 Blackは、ダスクホワイトというくすんだ白色をしています。

同じような色をしているGoPro HERO7 Whiteに間違われちゃう心配もありますが、よく見ると違いは一目瞭然なんです。

やっぱり、GoPro HERO7 Blackを買ったからには、スペック的に劣るWhiteと同じに見られたくないと、どうしても思ってしまいませんか?

今回の限定版は、GoPro HERO7 Blackをそのまま外見の色だけダスクホワイトにしています。

その為、正面に液晶画面が付いているんです。

GoPro HERO7 SilverやWhiteには、正面に液晶画面がないので、違いはすぐにわかると思います。

純正のフレームも本体と同じダスクホワイトなので、色がチグハグにならなくて良さそうです。

中身はGoPro HERO7 Blackのまま、ボディカラーだけダスクホワイトになっているので、求めるハイスペックな機能を存分に使う事が出来るんです。

そして、もちろん限定版なので売り切れてしまったら、もう購入する事が出来ません。

もしかしたら、オークションなどで出てくるかも知れませんが、値段が高くなってしまうと思います。

気になる方は今のうちに買っておく事をおすすめします。

GoPro HERO7 Blackの機能

スーパーフォト

スーパーフォト

出典:GoPro

以前に僕がGoPro HERO7 Blackを購入しようか迷った時に、その性能などを紹介した事がありました。

例えば、美しい写真を撮れるスーパーフォトでは、HDRやローカル トーン マッピング、そしてノイズ低減を駆使して綺麗な写真を撮影出来るんです。

実際に、景色を撮って見ると、その綺麗さにビックリしてしまいます。

以前書いたGoPro HERO7 Blackの紹介とレビューはこちら。

TimeWarp(タイムワープ)

歩きながら撮れるタイムラプス「TimeWarp(タイムワープ)」の機能は、GoPro HERO Blackだけの機能です。

GoPro HERO SilverやWhiteにはありません。

僕が良く使うのは、車のフロントガラスにに取り付けて、目的地まで早送りのような動画を撮影するんです。

これが、なかなか面白くて、ついつい毎回撮影してしまうんです。

音声コントロール

音声認識

出典:GoPro

1人で車に乗っている時、自撮り棒を伸ばして高い位置から撮影する時など、音声コントロール機能があると助かるんです。

「GoPro電源オン!」と言えば、本体の電源が入り、「GoProタイムラプス スタート」「GoPro 写真」など、電源から各種モードの撮影やストップもGoProに話しかけるだけで出来ちゃうんです。

僕は、特に運転中に良く使う機能なのですが、これがあるだけでかなり助かっています。

防水性能

GoPro HERO7では、防水性能が10mとなっています。

以前では防水ケースが必要でしたが、GoPro HERO7では、ケースなしでそのまま水中で撮影する事が出来ます。

本当にできるのか、初めは躊躇してしまうかも知れません。

GoProを水中に沈めると、プクプクと泡が出てくる事もあります。

これは多分、フレームの隙間やアクセサリーなどにあった空気が出ているのだと思います。

そして、水中に入れたGoProは、Wi-Fiが切断されてしまいます。

GoProだけ水中に入れて、音声で撮影したり、スマホのアプリから確認しながら撮影しようとしてもWi-Fiが切断されてしまい、何もできなくなってしまいます。

僕が試したら、何故か再生モードに切り替わり、「再生モード中は撮影できません」となってしまいました。

対応策として、Wireless Lineというケーブルをスマートフォンのイヤホンジャックに挿し(挿せない場合はテープで固定でもOK)、反対側はGoProにテープで貼り付けて置けばWi-Fiが途切れる事なく操作する事が出来るようになります。

ただ、このWireless Lineの値段はちょっと高いんです。

使用する場面が少ないなら、購入を躊躇してしまいますよね。

ライブストリーミング

ライブストリーミング

出典:GoPro

GoPro HERO7 Blackでは、今その場でFacebook LiveやYouTubeにストリーミングで動画をシェアする事が出来ます。

この機能は、GoPro HERO7 SilverやWhiteには無い機能です。

もちろん限定版のGoPro HERO7 Black rリミテッドエディション ダスクホワイトには有ります。

ドライブレコーダーのような使い方も

フロントガラスにマウント

GoPro HERO7 Blackには、GPS機能があります。

GPSをオンにすれば、各種情報を記録する事が出来ます。

例えば移動距離や経路、スピードなどが、アプリを通して確認する事ができます。

これを利用すればドライブレコーダーの様に使えるかも知れません。

ビデオをループ撮影にすれば、古いビデオの上から上書きしてくれます。

撮影中にSDカードの容量がいっぱいになってしまう事も防げます。

そしてバッテリーは、シガーソケットから電源を取りながら撮影する事も出来ます。(純正のフレームではそのまま使えないので別途サードパーティ製のフレームが必要になります)

この様な使い方も、アイデア次第でする事が出来ます。

しかし、ちゃんとしたドライブレコーダーの様に、衝撃感知や24時間監視などの機能は無いので、割り切って使う事が大切です。

GoPro HERO7 Black スペック

  • 本体サイズ:44.9×62.3×33mm
  • 本体重量:116g
  • 液晶モニターサイズ:2インチ
  • 記録メディア:Class10またはUHS-I以上のmicroSD
  • 対応バッテリー:着脱式 1220mAh リチウムイオン充電式
  • バッテリー持続時間 4K60:45〜50 分
  • バッテリー持続時間 1080p60:85〜90 分

まとめ

限定版のGoPro HERO7 Blackが販売になります。

限定版の色はダスクホワイト!

見た目に明るくていい感じですよね。

しかも限定版って事で、売り切れちゃったら購入する事ができません。

そして中身はGoPro HERO7 Blackの機能を持っているので、満足のいく使い方ができるハズです。

僕が今までGoPro HERO7 Blackを使ってきて、気がついた事を含め機能を紹介しました。

ハイスペックな機能は、1度使ったら病みつきになってしまいそうです。

GoPro HERO7 Blackの購入を考えているなら、このチャンスを逃したらもったいない!

限定版のダスクホワイトカラーを手に入れましょう。

純正のフレームを付けたまま充電ケーブルを挿すことができません。

その対策にはフレームをしたままケーブルが使えるサードパーティー製のフレームが必要です。

しかし、リミテッドエディションのダスクホワイトがあるか分かりません。


人気ブログランキング

アイキャッチ画像 出典:GoPro

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-camera
-

Copyright© sunset glow , 2019 AllRights Reserved.