GoPro用アクセサリー「ActyGo進化版3way自動り棒」をレビュー!安いのに使えるアクセサリーはこれ!~良く使う三脚も自撮り棒もこれ1台!スマホにも使える!~

投稿日:

Pocket

GoPro Hero7 Black用に、ムソンのアクセサリーセットを購入しました。

値段が安いのに、色々なアクセサリーが付いているので、撮影時にはとても重宝しています。

その中で、僕が良く使うのは足が自由自在に動く三脚と、高い位置から撮影できる自撮り棒です。

キャンプに行って動画を撮影する事が多いのですが、普段見慣れない高さから撮影した写真や動画は、なかなか良いんです。

そして、焚き火をしている風景を、三脚を使用してじっくりと動画撮影するのもいい感じなんです。

やっぱりGoProには、多種多様なアクセサリーやマウントがあると、助かりますよね。

そんな事で今回、新しく3way自撮り棒という物を買ってみました。

やっぱりこれも、GoPro正規品だと、ちょっと高くて手が出ません。

安かろう悪かろうというのは承知していますが、それを覚悟で中華製の物を選びました。

とは言いつつ、中華製と言ってもその会社毎に品質が違ったりします。

良いものもあれば、悪い物もあります。

今回購入したものが、良いものでありますようにと思いつつレビューします。

Amazonで購入したGoPro用のアクセサリー、ActyGoの3way自撮り棒のレビューです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ムソンのアクセサリーセット

GoPro Hero7 Blackを購入した時に、ムソンのアクセサリーセットを購入しました。

アクセサリーやマウントが、これでもかというぐらいセットになっている物でした。

色々なシーンで使い分けができ、撮影時には非常に助かりました。

いくつかは使わないアクセサリーもありますが、使う物は何度でも繰り返して使いました。

しかし最初のうちは、凄く良いものだと思っていたのですが、使っているうちに徐々にアラが見えてきました。

例えば、自撮り棒にGoProを取り付けて、長く伸ばし高い位置から撮影していると、GoProの重みのせいで、伸ばしたフレーム部分がシナってしまうんです。

軽いカーブを描いた自撮り棒は、使い続けていたら、いつか折れてしまうような気がします。

下を向いた三脚

そして脚が自在に動く三脚です。

これも3度のキャンプで使用したのですが、だんだんと使い物にならなくなってきました。

自在に動く脚は、木の枝や鉄のポールなどに絡ませるようにして取り付けができます。

しかし、何度も使っているうちにクセが付き、真っ直ぐにならなくなってしまいました。

テーブルや地面など、平らな所に置くと傾いてしまうんです。

そして、GoProが取り付けられているジョイント部分も、カメラの重さに耐えられなくなってしまったんです。

初めのうちは良かったのですが、今ではカメラを取り付けたら、その重さに耐えられなく下を向いてしまいます。

と言うわけで、普段使用頻度が高い三脚が次に使用できない状態になり、自撮り棒は不安があるままになっています。

その為、それに代わるアクセサリーを購入する必要がありました。

ActyGo進化版 3way自撮り棒をレビュー

ActyGo進化版自撮り棒外箱

ムソンのアクセサリーセットの三脚と自撮り棒に代わるアクセサリーなら、それぞれ三脚と自撮り棒を買えば良かったのですが、それだと思った以上に高く付きそうなんです。

そこそこ評価が高いゴリラポッドのフレキシブルミニ三脚も視野に入れましたが、単品で買うのにはちょっと高い気がしました。

なぜなら今月はお金が色々とかかり、ちょっと無理できない感じなんです。

そして評価を見てみると、すぐに壊れたというレビューもありました。

今の僕には、無理して買って壊れてしまったら嫌だなという気持ちがあり、今回は見送りました。

そして見つけたのが、ActyGoの3way自撮り棒です。

GoProを取り付けて手に持って撮影する事と、アームを伸ばして自撮り棒のようにしても、そして3脚としても使えるんです。

何よりGoPro以外にも、スマートフォンやデジカメにも使えるという事なので、使い道が増えそうです。

Amazonでの評価も高いし、値段もかなりお手頃価格なんです。

開封

ActyGo進化版自撮り棒外箱裏

ActyGoの3way自撮り棒の外箱は、まるでAnkerの商品と同じようなデザインのはこのに入ってました。

薄い素材のせいか、後ろ側は凹んでいました。

しかし、そんな小さい事には目をつむりたくなる心使いがありました。

担当者様からの手紙と保護フィルム

それは担当者様からのお手紙と、GoPro用の保護フィルムが添えられていたんです。

これはかなり嬉しかったです。

開封すると、本体は収納袋に入れられた状態で収納され、スマートフォン用のマウントとネジ、そして説明書が入っています。

ポーチ型の収納袋は、中華製によくある固いナイロン製のものではなく、肌触りが良いスウェード調の素材だったのが、僕的にはテンションが上がる物でした。

グリップスタイル

グリップスタイル

折りたたまれた状態の本体は、重量が180gと軽く、持ち続けていても疲れないと思います。

素材は強化プラスチックなので、安っぽいと言われたらそうかも知れませんが、特にそれが気になる事はないと思います。

グリップ部分の素材は、ABS樹脂でコーティングされているので肌触りは少し優しく良い感じです。

これにGoPro Hero7 Blackを取り付けるグリップスタイルでは、撮影時に広角レンズに指が入り込む事なく記録する事ができます。

今まで、自撮り棒を使うときは、高い位置からの撮影の時しか使っていませんでした。

普段は手に持って撮影していたので、家に帰ってから確認してみると指の影が写り込んでいることも多々ありました。

今度からは、このグリップスタイルで撮影すれば、指が映り込むことが無くなるので安心です。

自撮り棒

セーフティースイッチを押す様子

アームを伸ばして自撮り棒のように使うには、2箇所あるジョイント部分(関節)を広げます。

まずは、グリップの上にあるセーフティーボタンを押してから、アームを開閉するようになります。

セーフティーボタンを押しながら、ジョイント部分のネジを緩めてアームを広げるのですが、ネジが緩んだ状態のままであっても、このセーフティーボタンがあるので勝手に広がる事はありません。

ジョイント部分のネジ

セーフティーボタンを押して広げたアームを固定する為に、ジョイント部分(関節)のネジを締めます。

もう1つ、カメラに近いジョイント部分(関節)は、セーフティーボタンが付いていません。

収納時はネジを締めておかないと、勝手に広がってしまうので、注意が必要です。

広げる時には、締まっているネジを緩めてアームを広げ、任意の場所でネジを締めて固定します。

自撮り棒を伸ばした様子

アームを最大に広げれば、約51cmまで伸ばす事が出来できます。

ムソンのアクセサリーセットの自撮り棒では、最長で約95.5cmなので比較したら短いので、単純に高い位置からの撮影で使用するなら3wayの物じゃない方が良さそうです。

三脚

ツマミを回す様子

ActyGoの三脚の脚は、本体の中に収納されています。

本体のグリップ部分の下のツマミを捻って回すと、中から折りたたまれた脚が出てきます。

本体から出てきた三脚の脚

脚部分の頭にあたる、捻って回したツマミを引っ張ると取り外すことができ、中からGoPro用の接続部分が出てきます。

脚を広げて、GoProを取り付けると高さ約10cmの三脚として使うことができます。

スマホを取り付けた三脚

 

GoProを取り付けないで、スマートフォン用のホルダーを取り付ければ、iPhone でも使える三脚になります。

デジカメの接続部品に取り替えれば、デジカメようになります。

脚を広げる時は、少し抵抗(固さ)がありますが、それにより勝手に広がってしまう事や閉じてしまう事は無いようになっていると思います。

ちょうど良い感じの抵抗(固さ)ですが、これが使用し続けていても、ずっと抵抗(固さ)が残るようなら助かります。

使っているうちに、抵抗がなくなって(緩くなって)しまったら、設置した時に不安定になってしまうかもしれません。

Goproを付けた三脚

脚部分を広げてGoProを取り付けても、しっかりと安定しています。

グラつくことも無いので、ちゃんと使う事が出来そうです。

頭のツマミ部分を取り外さずに本体にハメ込めば、背の高い三脚として使えます。

しかしその場合、三脚の脚部分が小さいので、風が吹いた時は不安定になりそうで心配です。

収納

収納袋

収納は、先に書いたように、三脚の脚部分が本体に収納でき、本体は約19cmまで折りたたむことができます。

その小さくなった本体をポーチ状の収納袋に入れるので、かなりコンパクトで持ち運びしやすくなります。

付属のスマートフォン用のホルダーや細かい部分も、収納袋に入れる事ができます。

アクセサリーセットが無くても、これ1つあれば色々とつかうことができそうです。

ちなみに、収納袋は白っぽく見えますが、どちらかと言うとグレーっぽい色をしています。

ActyGo進化版 3way自撮り棒 スペック

  • サイズ・最大:約51cm
  • サイズ・収納時:19cm
  • 重量:180g
  • 内容物:自撮り棒本体、カメラ取付ネジ、三脚用パーツ、グリップ蓋​、ストラップ
  • 素材・本体:強化プラスチック
  • 素材・グリップ:ABS樹脂
  • 対応機種:GoPro  ( hero4 / hero4s / hero5 / hero6 ) 、 xiaoyi、 SJCAM 、 AKASO 等

まとめ

ActyGo進化版の3way自撮り棒を買ってみました。

たった19cmの棒が、自撮り棒にもなるし三脚としても使うこができます。

しかも、軽くて安いというのが良いですよね。

あとは耐久性だけだと思いますが、これはしばらく使ってみなくては分かりません。

しかし今のところ、三脚の脚も安定していて、自撮り棒の関節部分もしっかりと固定する事ができます。

GoProの正規品を触ったことがないので、比較する事はできませんが、今のところ満足ができる物になっています。

手っ取り早く、GoPro用のアクセサリーが欲しい方におすすめです。

今回レビューしたActyGo進化版の3way自撮り棒は、なかなか良さそうでした。

そしてActyGoでは、メーカー保証が1年間付いていて、さらには30日間であれば返品可能なんです。

アフタサービスがしっかりしているかいしゃなら、安心して使うことができそうです。

初めに買ったアクセサリーセットはこれ!安くて良いんですけどね。

GoProの安い予備用のバッテリーならこれ。

他にもこんな記事を書いてます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-camera
-, , ,

Copyright© sunset glow , 2019 AllRights Reserved.