4人の女性がくつろぐDODライダーズベース

DODのライダーズベースがソロキャンプにも大活躍!おしゃれでカッコ良いテントならこれで決まり?!~シェルター型は設営も簡単で軽量~

投稿日:

Pocket

ソロキャンプに行きたいと思う事ってありませんか?

ゆるキャン△が流行ってから、ソロキャンプに行く人が増えたみたいですが、その気持ちわかります。

しかし、いざソロキャンプをしようと思っても、今使っているテントじゃ大き過ぎちゃうんですよね。

ファミリー用として使っているテントなので広く使えて良いんですけど、設営がとても1人じゃ大変なんです。

1人で設営できないとこは無いのですか、時間がかかってしまうし、汗だくになるのも目に見えています。

だから、1人でも簡単に設営できるオシャレなテントが欲しいんです。

その他、コットや小さいテーブルなど揃えたいものは沢山ありますが、まずはテント選びから。

以前にテンマクデサインのパンダTCとサーカスTCについて書いた事があります。

大人気テンマクデサインのパンダTCとサーカスTCもチェックしよう。

ポリコットン素材のテントで、どちらも大人気のテントです。

ソロキャンプで使うとしたら、パンダTCの大きさがちょうど良さそうなんですが、たまに子供を連れてなんて考えだすと、サーカスTCも捨てがたい・・・なかなか選ぶ事が出来ないんですよね(笑)

そう思っているうちに、もう1つソロキャンプで使えそうなテントがあっんです。

それは、DODのライダーズベースです。

3人でゆったりと使える広さがあるシェルターなんですが、中にコットを置いて使ったら絶対カッコ良いいんです。

今日は、ソロキャンプでも子連れキャンプでもオシャレに使える、DODのライダーズベースを紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

DODの大型シェルターライダーズベースがおすすめ

DODのライダーズベースの特徴

DODライダーズベースの中で女性3人が寝転がる

出典:DOD

DODのライダーズベースは、3人で使える広さがある大型のシェルターです。

大型と言っても、サイズが幅440×奥行360×高さ160cmで、キャンプ場でおしゃれキャンパーさんが使っているようなツーポールのシェルターよりは大分コンパクトなサイズになっています。

耐水圧は3,000mmあるので、強い雨にでも耐えられる高い数値です。

しかも高さが160cmと低いので、強い風が吹いても大丈夫そうです。

実際に耐風テストの動画もあり、観れば安心して使う事ができます。

このDODのシェルターは、元々名前の通りライダーズベースとなっているので、バイクでツーリングに行く人をターゲットにしていると思うんです。

バイクの荷台に収まる、コンパクトさや軽量さがウリだと思います。

コンパクトに収納できるのに、3人で使える広さがある、これが良いんですよね。

DODのライダーズベースはフロアレス

DODライダーズベースをフルオープンにした様子

出典:DOD

コンパクトに収納できる理由に、ライダーズベースにはフロアが無いというのがあると思います。

シェルター型のテントって基本的にフロアはありません。

寝袋を使って寝たいと思えば、寝室にするインナーテントを設ける事になります。

テンマクデサインのサーカスTCも、はじめはフロアレスになっていますが、別売りのインナーテントを購入する事によってフロア付きのテントになります。

ツーポールシェルターでは、両端にインナーテントを設ける物が多いですよね。

しかしDODのライダーズベースは、インナーテントがありません。

その分、収納サイズもコンパクトにでき、軽量化にも役だっているんです。

DODのライダーズベースはコットが必要

DODライダーズベースの中にコット1つとイス1つ

出典:DOD

フロアが無いライダーズベースで泊まりのキャンプをするなら、コットが必要になります。

まさか地面にそのまま寝袋を敷いて使うわけにもいきませんよね。

コットを使えば、地熱の影響を防ぐ事ができるので、底冷え対策にもなるんです。

そんなコットを3台並べて置く事ができるスペースがあるんですが、ソロで使えばより広く使えます。

1人ならコット1つを置いて、他の余ったスペースは、リビングとして使う事が出来ます。

子供と2人でも、リビングスペースを確保できる広さがあるんです。

そして何よりコットを使っていると、カッコ良く見えませんか?

僕には、ソロキャンプでコットを使っている人って、ベテランさんのようでカッコ良く見えるんです。

だから、僕がソロキャンプする時には、コットが絶対必要なんです(笑)

DODのライダーズベースはタープ要らず

タープのようになるDODライダーズベースキャノピー跳ね上げ

出典:DOD

ライダーズベースは、入り口部分を大きく跳ね上げる事が出来ます。

別売りのポールが必要になりますが、大型のキャノピーとして使う事が出来るんです。

そうすれば、入り口部分に大きなタープを張ったように日陰を作り出せます。

日中はキャノピーの下にイスを置いて、ゆったりと読者する事もできるんです。

別途タープを購入しなくても、ライダーズベース1つあれば事足りちゃうんです。

DODのライダーズベースはアレンジも豊富

DODライダーズベースをフルクローズした様子

出典:DOD

キャノピーポールを購入する事によって、大型キャノピーを作り出す事が出来ます。

その他にもサイド部分もボタンで留めて開く事ができ、そうすれば前面フルオープンで解放的に気持ち良く使えます。

反対の背面側も入り口と、同じく解放する事が出来るので、まるでタープのように使う事もできそうです。

逆に夜は全て閉じてフルクローズにできます。

夜も開けっ放しは、流石に大人の男性でも対抗ありますよね。

全て閉じる事により、安心して寝る事ができます。

しかもライダーズベースは、2ポールシェルターと違って4本のポールを使って設営しています。

その分テント内のスペースが広く使う事が出来るので、フルクローズにしても窮屈さを感じる事がないと思います。

DOD ライダーズベース 設営動画

DOD ライダーズベース スペック

  • 組立サイズ(外寸):(約)W440×D360×H160cm
  • 収納サイズ:(約)直径17×長さ58cm
  • 重量(付属品含む):(約)4.2kg
  • 収容可能人数:大人5人
  • 最低耐水圧:3000mm
  • 材質 アウターテント:30Dナイロン(PUコーティング、シリコンコーテイング)
  • 材質 ポール:アルミ合金
  • 材質 キャリーバッグ:150Dポリエステル(PUコーティング)
  • 付属品:ポール(長)×2、ポール(短)×2、ペグ、ロープ、キャリーバッグ

まとめ

全国のソロキャンプに憧れるお父さん達に、ソロ用テントとしてライダーズベースがおすすめです。

もちろんお父さんじゃなくても、バイクに乗らない人でも、このDODのシェルターは使い勝手が良いと思うんです。

1人でも3人でも5人でも広くスペースを使う事ができ、しかもコンパクトに持ち運べる事が出来ます。

何よりかっこ良いし、おしゃれ、その上設営が簡単。

このライダーズベースにコットを使ってソロキャンプをすれば、絶対に絵になります(笑)

ソロキャンプに行きたいと思ってテント選びをしている方、少し大きいかも知れませんがDODのライダーズベースも候補の1つに入れてみてはいかがですか?


人気ブログランキング

アイキャッチ画像 出典:DOD

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-tent
-, , ,

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.