アイキャッチ画像クレイモア

lighting

キャンプ用のLEDランタンはこれで決まり!めっちゃ明るくて人気のCLAYMORE(クレイモア)のULTRA+(ウルトラプラス)とは?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

自然の中で過ごすキャンプは凄く楽しく、わくわくして心が躍ちゃいますよね。

しかし人里離れた山の中や、人の少ないキャンプ場であればあるほど、夜は思っている以上に暗くなっちゃいます。

都会では余り経験しないような、闇。

真っ暗で、月明かりがなければ何も見えなくなっちゃうんです。

そんな真っ暗な夜は、ランタンの重要性を改めて気づかせてくれます。

キャンプサイトやテントの中、テーブルに置いて手元や周囲を明るく照らしてくれるがランタンです。

これがなければ、キャンプはほとんど成り立ちませんん。

ランタンは、キャンプの最重要必需品のひとつなんです。

そこで今回紹介するランタンは、クレイモアのLEDランタン。

これが明るくて、見た目もオシャレでカッコいいんです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャンプ用LEDランタンにクレイモアのULTRA+がおすすめ

キャンプ用ランタンとは

キャンプ用ランタンの種類

キャンプで使うランタンと言っても、その種類はいくつかあり、初心者の方ではどれを選んでいいか迷ってしまうと思います。

クレイモアのLEDランタンを紹介する前に、キャンプで使うランタンにどんな種類があるか上げてみたいと思います。

①ガソリンランタン

ガソリンランタンは、光量が大きくとっても明るいので、メインランタンとして使用されることが多いランタンです。

燃料のコスパが良い反面、点火にコツがいること、メンテナンスが必要というデメリットもあります。

しかし、これを使いこなしていると、なんかベテランキャンパーさんぽくてカッコいいですよね。

②ガスランタン

市販されているガス缶を燃料とするランタンです。

扱いやすく光量も十分あり、明かりの光もガソリンランタンと同じ様に幻想的です。

使用するガスは、OD缶(アウトドア缶)やCB缶など、ブランドや種類によって様々。

メインランタンとして使うガスランタンもあれば、小さなOD缶を使ったテーブルランタンなどもあります。

ただし、メインランタンとしてつかうガスランタンは燃費はあまり良くなくコスパがかかるし、寒い時期には火力が弱くなってしまう(ドロップダウン)ことも・・・。

逆にテーブルランタンは火力が弱いので、長持ちしたりします。

③灯油ランタン

灯油ランタンの最大の魅力は燃料が安いというコスパの良さです。

灯油ランタンにはガス状にした灯油に点火する光量の大きい圧力式のもの。

またランプの芯に灯油を染み込ませ点火する燃費重視のフェアーハンド式のものがあるので、必要に応じて選ぶことができます。

④LEDランタン

調色・調光機能や充電機能など、安全面と機能性に特化したランタンがLEDランタンです。

電池や充電した電気を使用して、燃料を必要としません。

その為、一酸化炭素中毒の危険がなく、火事などの事故やケガの心配もないんです。

子連れのファミリーキャンプでも安心して使えるし、お家では防災用としても使えるのでとても人気があります。

ガソリンランタンと違って、手入れが必要ないのと、点火に時間を要しない手軽さが良いですよね。

キャンプ用ランタンの役割

キャンプ中にランタンを設置する場所は、大きく分けて3か所あります。

①メインランタン

①メインライト

1つめはキャンプサイト全体を照らす役割を担うメインランタン。

メインランタンはキャンプ中に暗くなってから就寝前まで点けっぱなしになるので、燃焼時間が長く、光量が大きな最も明るいランプが選ばれます。

ガソリンランタンやガスランタンが主流でしたが、最近はメンテナンスいらずで使い勝手の良いLEDランタンも人気になっています。

②テーブルランタン

②テーブルランタン

2つめはテーブルなどに置き、手元を明るく照らし出すテーブルランタンです。

光源としてというよりキャンプの雰囲気作りに活用される傾向が強いため、メインランタンほど強い光は必要ないと思います。。

購入者の好みによって選ばれるランプですが、ガスランタンや灯油ランタンの人気が高いようです。

オイルランプを使ったり、小さな器に入れたキャンドルを何個か置いたりしても可愛いですよね。

③テントの中のランタン

③テントの中のランタン

3つめはテント用のランタン。

テントの中を明るく照らすのが役目で、夜間の就寝時だけでなく、雨などの悪天候時には特に重要なアイテムとなります。

テント用のランタンはガソリンランタン・ガスランタン・灯油ランタンなどを使う場合もありますが、LEDランタンの方が安全で使いやすいと思います。

閉め切ったテントの中で燃料系のランタンを使うと、一酸化炭素中毒になってしまう危険性がありましたが、LEDランタンにはそれがありません。

テント内やインナーテントだったら、LEDランタンを選ぶのが絶対に良いと思います。

また、LEDランタンは明るさを調節できるものを選ぶのがおすすめです。

テント以外でも様々な場所で使い分けることが出来てとても便利です。

メインライト用・テーブル用・テント用の3つ以外にも、サブランタンやトイレに行く時などの持ち歩き用も準備しておくと何かと便利です。

キャンプ用ランタンには何故LEDがおすすめ?

何故LEDがおすすめ?

出典:楽天

横でも縦でも逆さでも、いつでもどこでも使いたいときに使いたい場所で使用できるところや点灯時間が長いことがLEDランタンの最大のメリットです。

火を使用しないので中毒やヤケド、火事などのケガや事故の心配もありません。

扱いが簡単でメンテナンスの手間も少なくて済んじゃうので、初心者キャンパーさんや子連れキャンプだけでなく、準備に時間をかけたくないキャンプの時や、災害・停電時の備えにもおすすめです。

さらに、LEDランタンには明かりが消えても電池を取り替えてすぐ使える電池式と、充電して使用する充電式があります。

充電式にはコンセントからの充電の他、災害時に便利な手回し充電やソーラー充電が可能なものもあるんです。

CLAYMORE(クレイモア)とは?

クレイモアとは?

出典:楽天

ではキャンプ用にLEDランタンを購入しようと思い立っても、現在LEDランタンにはピンからキリまでたくさんの種類が販売されていて、どれを買おうか迷ってしまいますよね。

そんな数多くの商品の中から特に人気が高いのが、短い充電時間と長~い点灯時間で人気を集めるLEDランタン CLAYMORE(クレイモア)です。

ランタン性能を極限まで引き上げ、LEDランタンの中でもトップクラスの2,700ルーメンもの明るさを実現しているんです。

クレイモア ウルトラプラス、ウルトラミニ、キャップオンなど全てのシリーズがパワーアップし新登場し、話題になりました。

中でも使用者からの口コミが多く、評価が高いキャンプ用LEDランタンが、クレイモアのウルトラプラスなんです。

CLAYMORE ULTRA+(クレイモア ウルトラプラス)はなぜ人気なの?4つの理由とは・・・

①とにかく明るい!!

①とにかく明るい

出典:楽天

白熱電球の明るさを表わすのはワット(W)。

ワットとは消費電力の数値を指し、消費電力が大きい=明るいということになります。

一方、消費電力がもともと少ないLEDの明るさを表すのに使われるのはLumens(ルーメン)と言いますよね。

ルーメンは明るさそのものの数値を表すので、数値が高ければ高いほど明るいということになるんです。

人気が高いLEDランタンは1,000~1,500ルーメンくらいが主流ですが、クレイモア ウルトラプラスはそのはるか上を行く最大2,700ルーメン!!

2,700ルーメンはガスランタン相当の明るさとなりるので、キャンプサイトを照らすメインランタンとしても十分に使用できちゃいます。

明かりの色は「Cool(白色)」「Bright(昼光色)」「Warm(電球色)」の3色を切り替えて使うことが出来ます。

さらに、クレイモア ウルトラプラスにはスイッチひとつで切り替え可能なターボモードが搭載されています。

暖色と白色のLEDチップを同時に点灯させることで明るさが2倍になっちゃうんです。

写真や動画撮影時だけでなく、キャンプの様々なシーンで大活躍すること間違いなしですよね。

(ターボモード使用時はバッテリー使用量が上昇します。)

逆にもう少し明るさを控えめにしたいな・・・という時も、明かりのON/OFFと明かりの強さはダイヤルで無段階に調整できるのが嬉しいポイントなんです。

②選べるサイズは3種類

②選べるサイズは3種類

クレイモア ウルトラプラスはS・M・Lの3サイズ展開です。

3種類あるので、色々な用途や目的に合わせて選ぶことが出来そうですよね。

サイズによって最大の明るさや充電時間などに違いがあるので、購入前には必ずチェックしておきましょう。

③連続点灯時間が長い

③連続点灯時間が長い

出典:楽天

クレイモアのウルトラプラスは通常点灯でSサイズは最大50時間、Mサイズは最大80時間、Lサイズが最大100時間とかなり長時間の点灯が可能です。

ソロキャンプなどのテントが小さい時は、明るさを絞って使用しても十分な明るさになるので、バッテリーの持ちがさらに良くなりますよね。

④充電時間の短縮化と給電機能

④充電時間の短縮化と給電機能

出典:楽天

クイックチャージ機能の搭載により、ゼロからフルまでの充電時間はSサイズ2.5時間、Mサイズ6時間、Lサイズ7時間とこれまでの充電時間より短時間で充電できるようになりました。

さらに付属のmicroUSBケーブルの使用でスマホやタブレットなどにも充電出来ちゃうんです。

また、これらに充電しながらLEDランプを使用したり、クレイモア ウルトラプラスへの充電をしながらスマホやタブレットなどに同時に給電することも出来る優れモノなんです。

この使い勝手の良さこそ、キャンプはもちろん災害時にもおすすめする理由なんです。

CLAYMORE ULTRA+(クレイモア ウルトラプラス)のサイズ別スペックまとめ

サイズ別スペック

出典:楽天

Sサイズ

ウルトラプラスSの本体サイズは、W120mm×D90mm×H34mm、重量は275gです。

ターボモード使用時、最大の明るさは1,200ルーメンとなります。

バッテリーは7,000mAh(25.20 Wh)で連続点灯時間は7~50時間、ターボモード使用時で3.5~25時間です。

充電時間は2.5時間でフル充電可能となります。

MicroUSB充電ケーブル ・ランタンハンガー(Sフック)2個 ・専用ハードケースが付属しています。

Mサイズ

ウルトラプラスMの本体サイズは、W160mm×D90mm×H34mm、重量は405g。

ターボモード使用時、最大の明るさは2,200ルーメンとなります。

バッテリーは11,600mAh(25.20 Wh)で連続点灯時間は8~80時間、ターボモード使用時で4~40時間です。

充電時間は6時間でフル充電可能となります。

こちらもMicroUSB充電ケーブル ・ランタンハンガー(Sフック)2個 ・専用ハードケースが付属しています。

Lサイズ

ウルトラプラスLの本体サイズは、W200mm×D90mm×H34mm、重量は545gです。

ターボモード使用時、最大の明るさは2,700ルーメンとなります。

バッテリーは17,400mAh(62.64 Wh)で連続点灯時間は11~100時間、ターボモード使用時で5.5~50時間です。

充電時間は7時間でフル充電可能となります。

こちらもMicroUSB充電ケーブル ・ランタンハンガー(Sフック)2個 ・専用ハードケースが付属しています。

まとめ

LEDランタンは、ベテランキャンパーさんからキャンプ初心者まで、幅広く多くの支持と人気を集め注目されています。

その最大の理由として挙げられるのは、やはり安全で使い勝手の良い点ですよね。

LEDランタンは電池やバッテリーで点灯するため、燃料を必要とせず火を使用しません。

燃料を必要としなければ閉め切ったテントの中で使用しても一酸化炭素中毒などの事故は起きないし、火を使用しなければ火災やケガの心配もありませんよね。

しかもLEDランタンはいつでもどこでも好きな場所に設置して使えちゃうし、本体を傾けても心配無し!!

面倒なメンテナンスはほとんどないので、気軽に使用できるのもおすすめできるポイントです。

しかし便利なLEDランタンでもなんでも良いわけではないんです。

できればより明るく、よりバッテリーの持ちがよく、より充電時間が短いほうがいいですよね。

また、スマホやタブレットにも充電することが出来れば、災害時の備えとしても頼りになっちゃいます。

この全てを兼ね備えるのが、今人気のCLAYMORE ULTRA+(クレイモア ウルトラプラス)です。

軽量・小型でありながら、充電時間がより短く、連続点灯時間はより長く。

スマホやタブレット端末にも充電可能だし、これらに給電しながら本体の充電を行うこともできます。

大きさもS・M・Lの3サイズ展開で、値段やスペックなど、それぞれのニーズに応じて選べるのがいいですよね。

他社のLEDランタンにもおすすめ商品はたくさんありますが、特にクレイモア ウルトラプラスのLサイズは他社のLEDランタンと比較してもトップクラスに明るい2,700ルーメンで、人気を集めています。

取り回し抜群でコスパの良いクレイモア ウルトラプラス、是非チェックしてみてください。

その他のLEDランタンはこちら。


人気ブログランキング

アイキャッチ画像:楽天

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-lighting
-, ,

Copyright© sunset glow , 2020 AllRights Reserved.