コスパ最強!Bluetoothイヤホンなら、Anker(アンカー)SoundBuds Slim+が高音質でおすすめ!

投稿日:

Pocket

通勤時に音楽を聴いているんですけど、有線のイヤホンだとたまにジャケットの袖に引っ掛けて、耳から外れちゃう事があるんです。

雨の日なんか、傘の柄が引っかかっちゃうこともあるんてんす。

これが地味にイラつくんですよね。

誰が悪いって訳じゃないから、行き場のないイライラが・・・。

『いやいや、落ち着け俺。』

そんな小さい事でストレス溜まるような小さい器じゃだめですよね。

だったら初めからストレスを溜め込まないようにすれば良いんです。

Bluetoothのイヤホンなら、コードを引っ掛けてしまう事はありません。

電車のつり革を持っても、鼻が痒くなっても、ジャケットの袖がコードに引っかかることはないんです。

Amazonのベストセラー1位になっている、アンカーのBluetoothイヤホンなら、そんな僕のストレスも解消してくれるはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Anker(アンカー)SoundBuds Slim+がおすすめ

モバイルバッテリーやBluetoothスピーカーで有名なAnker(アンカー)ですが、それだけではないんです。

Anker(アンカー)SoundBuds Slim+は高音質で軽量、そして使いやすいBluetoothイヤホンです。

 高音質

SoundBud Slim1

出典:Amazon

高音質で音楽を聞くときに重要なのがコーデックです。

これは音声圧縮形式の事で、iPhoneを使っていたら、もしかして聞いた事があるかもしれないのがAAC。

それより音質がいいとされているのがaptXです。

Anker(アンカー)SoundBuds Slim+は、2重構造のドライバーとaptXに対応する事によって高音質な音楽を聴くことができるんです。

しかし残念ですがiPhoneでは、このaptXに対応してないんです(AAC対応のイヤホンの方が良いかもしれません)

aptXに対応しているアンドロイド端末なら、さらに高音質で音楽が楽しめます。

みなさん、どの端末で音楽を聴いているかわかりませんが、Amazonのレビューを見てみると、クリアな音質に満足できている人が多くいたように感じました。

 防水性能

SoundBud Slim2

出典:Amazon

Anker(アンカー)SoundBuds Slim+ の防水性能はIPX5となっています。

この防水規格は、IPX5以上なら完全防水で雨やシャワーでも大丈夫です。

お風呂の中で使うのはどうかと思いますが、日常生活では問題なく使える性能を持っています。

再生時間

SoundBud Slim3

出典:Amazon

Anker(アンカー)SoundBuds Slim+の連続再生時間は、1度の充電で最大7時間。

通勤に1時間かかるなら、1日往復で2時間。

3日間は充電しないで使える計算になりますよね。

通勤通学で使用するなら、十分と言っていいほどもちますね。

そして満充電にかかる時間は、約1.5時間です。

夜、寝ている間でも充電できるし、帰ってきてからすぐに充電すれば、寝る前に明日の準備もできちゃいます。

 バッテリーの残量が、Bluetoothでベアリング中のiPhoneやiPadから確認できるのも嬉しいですよね。

 付け心地

SoundBud Slim4

出典:Amazon

人間工学に基づいた設計をされているようで、つけ心地と使用感は良いようです。

その上、イヤーチップがXS、S、M、Lと4サイズ、イヤーフックがS、M、Lの3サイズ入っています。

人それぞれ違う大きさや形の耳に合うように、とても良く考えられています。

イヤーチップの大きさで、音もかなり変わってくるようです。

合わないイヤーチップを選んでしまうと、低音が感じられず肩透かしを食らってしまうかもしれませんが、できるだけ隙間を作らないようにイヤーチップを選べば、しっかりと低音も感じられ、その音質に満足がいくと思います。

しかも持ち運ぶ時に便利なポーチがついています。

サイドのメッシュポケットに予備のイヤーチップを入れておけば、外出先でも困ることがありません。

 コントロールボタンで操作

SoundBud Slim5

出典:Amazon

内蔵マイクと3つのコントロールボタンで電話への応答や曲の選択や再生、音量の調整ができます。

ボタンの数が少ないので、いちいち見ないでも操作することができます。

他のイヤホンの再生ボタンの2度押しは、リダイヤルになってしまうことが多いようですが、Anker(アンカー)SoundBuds Slim+ではリダイヤルにならないようです。

間違って2度押ししてしまっても安心ですね。

少しサイズが大きめに感じてしまうのは、ご愛敬ってこどで(笑)

マグネット

 イヤホン同士がマグネットで、くっつくようになっています。

 これなら、ケースに入れてもカバンに入れておいても絡む事なく使うことができます。

iPhoneに付属しているイヤホンも、フックで止められるようになっています。

僕の場合はコードが長すぎて、少し絡むこともあるんです。

Anker(アンカー)SoundBuds Slim+なら、元々のコードが長くないので絡まりづらく助かりますね。

仕様

  • 重さ:約16g
  • 防水規格:IPX5
  • Bluetooth規格:4.1
  • 最大約7時間連続再生

まとめ

Anker(アンカー)のSoundBuds Slim+は、低価格な上に機能性も良さそうです。

この低価格帯で音もそこまで悪くなく、むしろ好印象の方が多いのが販売数が伸びているんだと思います。

アンカー製品を使っている人なら、安心して購入できるBluetoothイヤホンですね。

ただ、やはり当たりハズレもあるようで、そこだけがちょっと心配なところです。

通勤やスポーツなどに大活躍間違いなしのAnker(アンカー)のSoundBuds Slim+がおすすめです。

 


人気ブログランキング

アイキャッチ画像 出典:Anker(アンカー)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-TECH
-

Copyright© sunset glow , 2018 AllRights Reserved.